面接の「最後に何か質問はありますか」へ的確に答える方法

ゼミについて聞かれた時の答え方

就活の面接で「最後に何か質問はありますか?」と面接官から聞かれることがありますよね。

多くの学生は「特にありません」と答えて終わらせてしまっています。しかし、この「最後に何か質問はありますか?」に「特にありません」と答えるのは大きな機会損失です。

「最後に何か質問はありますか」と聞かれた時の的確な回答法を質問例文つきで解説いたします!

では、まず、なぜ企業が「最後に何か質問はありますか?と聞くのかを考えてみましょう。

質問の意図〜なぜ「最後に質問はありますか?」と聞くのか

なぜ企業は「最後に何か質問はありますか?」と面接で聞くのでしょうか。まずは、面接官が質問する意図を押さえていきましょう。

会社に対して興味があるかどうかを知りたい

会社に対して興味があれば、当然、質問が何個もあるはずです。だから、「何か質問はありますか?」と聞かれて、「ありません」というのは、「あなたの会社には興味がありません」というようなものです。

きちんとした質問ができるかどうかを見て、学生が企業を本気で志望しているかを知りたいのです。

質問力を知りたい

適切な質問ができることは、出来るビジネスパーソンの条件でもあります。良い質問ができるひとは、相手から効率的に情報を引き出せます。だから、生産性も高い。

この質問力があるかどうかも、確認しようとしています。東京海上日動は「逆質問」という面接を用意するくらい、この質問力というのは重要な要素です。

学生とのミスマッチをなくしたい

これはそのままの意図です。できるだけ双方の誤解がないほうが、将来的にお互い得です。だから、面接の機会に学生の疑問に答え、相手の疑問点を払拭しようとしているのです。

「最後に何か質問はありますか」の答え方

では、「最後に何か質問はありますか?」と聞かれた時に、どうやって答えればよいんのでしょうか。回答のポイントを解説していきます。

質問を用意しておく

頭の回転が速い人でないと、とっさに深い質問はできません。ならば、用意しておきましょう。

その会社をしっかり分析した上で、2〜3個質問を用意しておいてください。OB訪問をしていれば、そこで見つかった疑問点をぶつけてみるのもいいでしょう。

また、質問の際「やりがいはありますか?」「社風を教えて下さい」のような考え無くても聞ける質問は控えましょう。

相手に焦点をあてて、具体的に聞く

相手が答えやすい質問ほど、相手から価値のある回答をもらえます。抽象的な「やりがいはありますか?」のような質問では、答える範囲が漠然としているので、良い回答が期待できません。

相手が答えやすい質問とは2つの条件で規定されます。ひとつめ、具体的であること。ふたつめ、相手に焦点をあてていること。相手の経験を引き出すような質問であることです。

指導している学生にオススメしているのが「出来る営業と出来る営業の違いってどういうところにあると思いますか?(SEを面接官の職種にかえて、言う)」と聞くことです。相手の仕事への考えを引き出せます。ちなみに、相手が人事だった場合は、「成果をあげるタイプの社員とそうでない社員はどんなところが違うのでしょうか?」と聞いてもよいでしょう。

このように、相手の経験を引き出すような、質問の的を限定した質問を心がけましょう。

相手が答えにくい質問はしない

 答えにくい質問をしても、満足の行く回答は返って来ません。ならしない方がマシです。答えにくい質問は3種類あります。

1.給与・福利厚生・労働環境

たいていはネットで転職情報サイト、キャリコネなどを検索すれば出てくるものです。デリケートな面や企業によっては自信をもって答えることのできないところもあるでしょう。

2.経営に関する質問

「御社の今後の戦略を教えて下さい」といわれても、たいていの面接官は答えられません。なぜか。平社員だからです。さらに、人事は経営戦略立案とは関係のない部署です。聞いても彼らの意見が的をいていることは少ないでしょう。

だから、役員面接以外では、経営戦略や会社全体の方向性などについては質問するべきではありません。あなたを面接しているのは、平社員にすぎないことを忘れないで下さい。

なお、役員面接・社長面接では、むしろ積極的に経営に関する質問をしましょう。会社への意欲の高い学生だと評価してもらえます。

3.抽象的なクローズドクエスチョン

クローズドクエスチョンとは「はい」「いいえ」で答える質問です。たとえば、「やりがいはありますか?」と聞かれても「うんあるよ」で話が終わってしまいかねません。さらに、「やりがい」という言葉が漠然としすぎていて答えづらい。

質問はオープンクエスチョン、つまり5W1Hを聞く質問をしましょう。たとえば、「最も仕事で達成感が得られる瞬間はどんな時ですか?」のように、聞けば、答える範囲が限定されているので、相手も答えやすいでしょう。

「最後に何か質問はありますか?」への質問例

  • 御社で活躍するために、一番大事な資質・考え方は何だと思いますか?
  • 挑戦を歓迎する社風と伺いましたが、具体的にそれを実感したことはありますか?
  • できる営業とそうでない営業の違いってどこだと考えますか?(営業の部分を他の職種に変えて、幅広い職種に応用可能です)
  • 振り返って20代の新社会人のうちにやっておけばよかったことってありますか?
  • 顧客の利益と会社の利益が相反する時は、ありますか?たとえば、顧客の利益にはならないだろうけれど、導入すれば自社の利益になりそうな時。その時はどうやって対応しますか?

これらは無難な質問ですが、ベストではありません。良い質問は「しっかり相手のことを調べた上で、それでも浮かんでくる疑問」をぶつけること。採用ページや株主説明会資料を熟読し、鋭い質問を用意しておきましょう。用意さえしておけば、この質問は何も怖くありません。

大手企業から選考のオファーが届く!18卒就活生が登録すべき神ツール

就活がそろそろ本格化。でも、「何をしたらいいかわからない」「興味のある企業がなかなか見つからない」と悩んでいませんか?アプローチする企業が見つからないと、就活を始めようにも始められませんよね。

そこで、プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性が高い「あなたを求めている」企業に出会えるツールをご紹介します。

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
大手企業から選考のオファーが届く!18卒就活生が登録すべき神ツール

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。