グループディスカッション「困った人」の対処法

グループディスカッションの困った人の対策

グループディスカッションをしていると、困った人というものに出会います。彼らは人の意見を聞かず、否定し、論点をわきまえずズレたことをいい、その割にリーダーシップを発揮しよとします。

しかし、グループディスカッションでチームを組むメンバーは選ぶことができません。第一志望のグループディスカッション選考で、おかしな奴がいたせいで落ちた・・・では笑えないのですね。

どんな困った人とでも折り合いをつけ、生産性の高い議論をすることがあなたの役目です。では、どうすれば?就活のグループディスカッションに頻出する困った人とその対処法を解説します。

地蔵さん

 これは比較的やりやすいタイプです。要するに、ほとんど喋らない、意見を言わない、というタイプ。これはどう対処するか?「○○さんはどう考えますか」と適度に配慮をすればいいでしょう。きちんと意見を聞いておけば「全員の意見を聞いている」という体をつくることができるからです。

適度に発言を促してあげましょう。

空中浮遊さん

 議論についていけていないタイプです。議論がどんな方向に向かっているか、何を議論しているかどうかつかめていないので、見当外れな意見を言ってチームを混乱させます。

このタイプは、ひとまず意見を受け止めてから、「今何を議論しているか」を確認させることです。

たとえば「なるほど、そういう意見ですか。では、「A(今議論していること)」という点についての意見はありませんか?」と暗に、今何を議論しているのか?ということをほのめかします。
 大抵はここで、自分のズレを認識できるはずです。それでも収まらないなら「今は、Aについて議論しているので、その点についての意見をお願いします」と優しく制しましょう。

否定野郎Aチームさん

 これは「触れるもの皆傷つける」とばかりに、皆の意見を否定し、ダメだしばかりしていくタイプです。もちろん、正当性がある場合もあります。が、アイディア出しのフェーズで、これをやられると議論が硬直化するだけです。また、発言しにくい空間になりがちです。

このタイプは「なるほど。では、代案をお願いします。どうすればよいでしょうか?」と聞くことで生産的な方向に向かわせられます。

また、最初にルールを提示するのも有効です。「ブレインストーミングの時は批判禁止。自由に意見を出し合い、まとめの段階で削って行きましょう」といえば、非生産的な批判はしにくいものです。

固執さん

 かなり厄介なのがこのタイプです。このタイプは、自分が一度出したアイディアにいつまでも固執する傾向があります。他人がもっと良いアイデアを出していても、いつまでも自分の主張の優位性を繰り返すばかりです。高学歴の学生の中にもこのタイプは少ならからずいます。自分の意見を否定されると、意固地になり、攻撃的になることもしばしば。

彼らには、「なるほど」と意見を受け止めることです。次に、相手に必要な論点を認識させ、相手に間違いを認識させます。「Aさんはコスト意識が大切だという点に同意とおっしゃいました。で、現時点のプランでコストパフォーマンスに優れた案はなんでしょうか」と伝える。

相手自身に、「自分の案より優れた案がある」ことを気づかせます。

無能な司会さん

 司会をする能力がないのに、リーダぶり仕切りだすタイプです。この中で最も厄介なのがこのタイプでしょう。議論は非生産的な方向に進んでいきます。
 対策方法は簡単です。革命を起こす事。つまり、相手の役割を奪ってしまうことです。

リーダーというのは単なる名称であり、実ではありません。だから、あなたが実を奪ってしまう。

つまり「その発言は〜ということですね」「Aという意見とCという意見には共通する部分が多いため、同じグループにまとめていきませんか」のように司会として振る舞いましょう。あなたが無能な司会でないならば、他のメンバーもあなたに向けて話しだし、無能なリーダを実質的に無力化することができます。

無能な人に司会をさせると、議論が非生産的になります。早めに玉座を奪還しましょう。

「困った人がいたから失敗した」は通用しない

よく就活生から聞く愚痴に「議論を滅茶苦茶にする人がいたせいで、上手くいかなかった」というものがあります。しかし、キツイ言い方をすれば、それは言い訳に過ぎません。

グループディスカッションとは、その場のメンバーで最大限の成果をあげることが求められる選考です。ダメな人がいるなら、ダメな人がいる中で成果を最大化することが求められます。たとえば、論点を意識せずに発言する人を優しく制することができれば、あなたの評価だけは上がるでしょう。

仕事をするようになると、働く相手は選べません。与えられた状況の中で、成果を出すのが、出来る人の条件です。

どんなタフな条件下でも、成果を出せる人になって下さい。

大手企業から選考のオファーが届く!18卒就活生が登録すべき神ツール

就活がそろそろ本格化。でも、「何をしたらいいかわからない」「興味のある企業がなかなか見つからない」と悩んでいませんか?アプローチする企業が見つからないと、就活を始めようにも始められませんよね。

そこで、プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性が高い「あなたを求めている」企業に出会えるツールをご紹介します。

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
大手企業から選考のオファーが届く!18卒就活生が登録すべき神ツール

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。