面接で「10年後の自分」を聞かれた時の的確な答え方【例文あり】

businessman going up to the success way

就活の面接・ESで「10年後の自分はどうなっていたいですか?」と質問されることがあります。しかし、「その会社での10年後の自分」といっても、イメージが全くわかず、答えに窮してしまいますよね。

でも、大丈夫です。わかりやすい例文をもとに、就活で「10年後の自分はどうなっていたいか」質問された時の効果的な答え方を解説いたします。以下を読めば、説得力のある「10年後の自分」像を語れるようになるでしょう。

面接で「10年後の自分」について質問された時の回答例

まず、「10年後の自分」について質問された時の回答例を見てみましょう。回答例を見ることで、完成形のイメージが素早く掴めると思います。

例文
10年後は、プロジェクトマネージャーとして、大規模案件を回せる人間になりたいです。
Point 志望企業の10年後のキャリアパスを意識して回答しよう。あくまで「仕事上の自分」について回答する

まず、入社後、SEとしてキャリアを積み、主に金融系のシステムに携わり、自身の専門性を築いていきたいです。現場に参加する際には、自身のことだけでなく、「周りの生産性をどう向上させるか?」を常に考え、マネージャーとしての目線を身につけたいです。

5年後をめどに、リーダーとして小規模のプロジェクトを回し、知見を身につけ、10年後には大規模案件のリーダーとしてプロジェクトをマネジメントできる人間になりたいと考えています。
Point 「10年後の理想の自分」に近づくために、どんな努力をしていきたいか?ステップバイステップで説明する

そのために、まず技術面でスタートダッシュが切れるよう、現在は就活の合間をぬってプログラミングの勉強に励んでいます。
Point 現在、目標のためにやっている努力があれば伝える。なければ、「努力する予定」でも可

【質問の意図】なぜ面接官は「10年後の自分」を質問するのか?

まず、そもそも、なぜ企業は「10年後の自分はどうなっていたいか?」質問するのでしょうか?その意図を考えてみましょう。質問の意図を押さえることで、より的確な回答ができるようになるはずです。

1.学生のキャリアプランと企業のキャリアパスにミスマッチがないか

「10年後どうなっていたいか?」を聞けば、学生の大まかなキャリアプランがわかります。そのキャリアプランと、自社のキャリアパスが一致するかを確認しようとしています。実際のキャリアパスと、大きく外れた「10年後の自分」を言ってしまうと、「本当に志望しているのかな?」と志望度を疑われてしまいます。

2.入社意欲を確かめたい

「10年後の自分像」を明確に答えるには、企業研究・職種研究を入念しにしておかなければなりません。「10年後の自分像を答えられるなら、入社意欲が高いだろう」と考え、入社意欲を確認する意味で、企業は10年後の自分像を質問するのですね。

3.学生は明確な目標・ビジョンを持っている人材か

「こうなりたい」と明確な目標をもって仕事にのぞめる人は、何の目標もなく日々を過ごす人よりも、成長していけるはずです。仕事に対して、明確な目標を持って取り組める人材かを、この質問で確認しようとしています。

面接で「10年後の自分」について質問された時の答え方

1.OB訪問や採用ページから「10年後のモデル」を探そう

この質問に的確に答えるには、「10年後どうなっていたいか」を具体的に答える必要があります。しかし、その会社での「10年後の姿」なんて想像できませんよね。では、どうするか?大きく3つの方法があります。

  • OB訪問をして、10年後の自分のロールモデルを探す
  • 採用ページの「先輩社員インタビュー」からモデルを探す
  • 「キャリコネ」の口コミから、10年後のキャリアパスを把握する

上から順にオススメの方法です。これらの方法を使えば「その会社で10年働くと、具体的にどんな仕事を任されるか?」のイメージが掴めると思います。OB訪問や先輩社員インタビューから、「なりたい自分のモデル」を探し、回答の参考にしましょう。

2.目標のためにどんな努力をしていきたいのか?

「10年後の目標」を語るだけでなく「そのために、何をしていきたいか?」も説明しましょう。「具体的にこんな努力をしていきたい」とプランを話せば、あなたの向上心や仕事への熱意がつたわります。

例文のように「入社後には〜をして〜の能力を身につけ、その後に〜」とステップバイステップで、10年後の自分に至るまでの過程を語りましょう。

また、目標に向けて、現在やっている努力があれば、必ず触れておきましょう。目標にかける想いが効果的にアピールできます。

3.企業の方向性を意識した回答を

「10年後の自分」「10年後の目標」は、会社の経営方針と合致している必要があります。会社が縮小させようとしている部署への熱意を語っても、「その部署は縮小方向だから、熱意を語られても…」と思われてしまうでしょう。

会社の経営方針を理解し、経営方針にそった「10年後の自分」を説明できるようにしてください。

4.採用人数が少ない部署への情熱は語らない方がいい

「人事として〜がしたいです」「総務として〜」など、あまり採用人数がないポジションへの熱意を語るのも控えましょう。採用人数が少ない部署への熱意を語っても「でも、その部署、今年は採用ないんだよね」と思われてしまうだけです。

4.あくまで「仕事上の自分」について答えること

まれに「結婚して母親になり、育児と仕事の両立を〜」とプライベートの目標を話す人がいますが、やめましょう。面接で聞いているのは「仕事上のビジョン」ですから、プライベートのことは聞いていません。

また、「人から信頼される営業になりたい」などの抽象的な回答もやめてください。職種研究が浅いという印象を与えてしまうからです。

人気企業100社の内定者ESが無料で読める!就活生が読むべき神ES回答集

4月も後半になり、いよいよエントリーシート提出の時期。でも、「このESで本当に大丈夫かな…」と悩んでいませんか?

ESの書き方がわからない時は、内定者のESを参考にすれば良いのです。

就活サイト「キャリアパーク」では、「人気企業100社の内定者ES」が今だけ無料でダウンロードできます。金融、メーカー、商社、コンサル…主要な人気企業の内定者ESが網羅されているので、参考になるESがきっと見つかります。

内定者のESを参考にして、書類選考を突破しましょう。

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
無料で人気企業100社の内定者ESが読める!18卒就活生が読むべき神ES回答集

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。