学歴差別を前提に就職活動をしよう

学歴差別を乗り越える方法

学生から「学歴差別はありますか?」と心配そうに質問されることがよくあります。最初から弾かれてしまうかもしれないと考えると、心配になるのも当然です。実際のところ、企業は学歴についてどのように扱っているのでしょうか?

学歴がフィルターとして使われる

学歴は一部の企業でフィルターとして使用されます。たとえば、有名なのは大和総研の事件です。大和総研は採用ページで「学歴は不問です」と書いていたにも関わらず、説明会の予約ページで、東大、早慶、旧帝国大学の学生は予約できるのに、非難関大学の学生は満席状態になっていて予約できない、ということがありました。

大和総研の他にも、説明会で同じようなフィルターがかかる企業は少なくありません。

このように、全てとは言いませんが、学歴によるフィルターは存在します。採用実績校を見て、全く自分の母校からの採用がないのであれば、「まぁ、ここは記念で受けると考えよう」というくらいのスタンスで受けるようにしましょう。本命にして志望企業を絞り過ぎないようにしてください。

面接評価シートで面接官のチェックポイントを確認しよう

面接をする際、面接官は面接評価シートを元に就活生を評価しています。面接評価シートには、質問に対する受け答えなどの内容をチェックする項目があるのです。企業や職種によって設定されている項目は異なりますが、参考にすることで面接官視点を把握することができます。

面接官は、どのような就活生を評価するのでしょうか。
面接評価シート」を無料でダウンロードして、面接前に最終調整をしたり、就活生同士の練習で活用したりしましょう。

学歴差別は差別ではない

このように言うと、「学歴差別は許せない」と感じる方もいるでしょう。しかし、学歴差別は差別ではありません。なぜなら、有名大学に合格するということは、少なくとも2つの能力を保証するからです。

大学受験で良い成績を出すためには、1.効率良く勉強する 2,勉強量をこなす の2つが必要です。1ができるなら、要領や処理能力があり、2をこなせるなら、自制心や勤勉さ、継続力があるでしょう。ある程度の大学に合格するには、これらの能力を兼ね備えている必要があります。

つまり、有名大学に合格できるというのは、ホワイトカラーとして会社に貢献するために必要な基礎能力の一定値を保証してくれているのですね。

確かに、学歴が能力を決定するわけではありません。学歴がなくても優秀な人はいます。しかし、特に大手企業は、数万という書類が殺到するため、全ての学生を面接までよぶことは出来ません。だから、ある程度の能力が担保されている高学歴の学生を優先して採用するのですね。

有名大学に合格している人たちは、少なくとも大学受験、付属なら高校受験の時には、人並み以上の努力をしているため、彼らの努力に報いることは「差別」ではないでしょう。努力は努力として評価されるべきです。

imasia_15025085_S-1

学歴がなくても内定できる

ただし、学歴が全てではありません。学歴がない人は、ある人に比べて不利な闘いになるのは事実ですが、学歴がないからといって敗北が決まるというわけでもないのです。

たとえば、学生の人気ランキングにのっていないような企業でも、実力のある企業はいくらでもあります。たとえば、大手企業の子会社は受ける学生はそれほどいませんが、待遇は一流企業に準じていることが多く、少ない競争で、良い待遇を得られます。

また、BtoBに属するメーカーで、グローバルでもトップシェア製品をいくつも持つ企業も「CMをやっていない」というだけで、多くの学生の目には入らないものです。企業の実力の割に、内定の競争率が低いです。

中小企業に目を広げればこの限りではありません。学歴差別をする企業もありますが、しない企業も同じようにたくさんあるのです。企業の採用実績を調べて、自分の大学と同格のところから、数年にわたり採用がある会社は遠慮なく受けていきましょう。

実例をあげると、AERAの『就活「学歴の壁」超える5つの原則』という記事の中では、日大商学部の学生が、有名企業の学生があまり受けないBtoB企業を中心に受け、最終的には大手システム会社など4社から内定を得たことが報告されています。

このように、難関大学の学歴などなくても、満足のいく内定をとるのは難しいことではないのです。学歴による不利を感じるのは、単なる作戦ミスです。

今から大学を入り直すわけにもいきません。今の自分の条件で、できることを最大限頑張りましょう。

就活の悩み、プロに相談してみませんか?
SPI_LPheader

就活で悩んでいる20卒に本気でオススメしたいエージェントサービスがcareerticket(キャリアチケット)です。

careerticket(キャリアチケット)を運営するレバレジーズは、キャリアサポートを10年以上行っている実績のある会社です。
そのため、博報堂や損保ジャパン、ハウス食品、オルビスなどの大手優良企業の取り扱いがあるので、いわゆるブラック企業を避けられるエージェントサービスです!

また、careerticket(キャリアチケット)は
大手エージェントのように機械的に企業を紹介するのではなく
適性に応じた会社を3〜5社のみ提案してくれるので、信頼できるエージェントだと言えるでしょう。

careerticket(キャリアチケット)のおすすめポイント5つ

  1. 最短1週間でスピード内定できる
  2. 大手優良企業の紹介実績があるので、ブラック企業を避けられる
  3. 多数の企業人事とつながりがあるため、特別推薦枠がある
  4. 個別の面接対策やES添削も無料でしてくれる
  5. 専任のエージェントがマンツーマンであなたの就活を徹底サポート

careerticket(キャリアチケット)なら
3年後のキャリア形成まで見据えた、後悔のない内定を実現できます!

\ まずは就活のプロ相談してみよう! /

今すぐ相談してみる(無料)

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
最終選考からスタート!一発内定を狙える

ES,面接をスキップし、最終選考からスタート!最短即日内定の可能性もあります。ぐるなびやエイベックスなどの一流企業が続々参加!【Meetscompany】

imasia_12756285_S2
就活の悩み、プロに相談してみませんか?

【最速内定!】安心して・早く・確かに内定が狙えるサービス『doda新卒エージェント』

imasia_14141661_S-2 3
いまからでも間に合う!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。