会社説明会で「服装自由」と言われたら何を着るべき?正しい服装ガイド

会社説明会の服装指定で「服装自由」「自由な服装でお越しください」という指示を見ることがありますよね。

でも、逆に「自由な服装って何を着ていけばいいんだろう?」と迷いますよね。そこで、服装自由の指示をされている時に、どんな服装をしていけばいいのか、解説していきます。

以下を読めば、「服装自由」の指示を出された時に、失敗しない服装のマナーがわかります。

本当に「自由な服装」でいいのか?

自由な服装とあるとき、スーツで行くべきか、「自由な服装」で行くべきか、迷いますよね。自由な服装なのだから、「自由な服装でいいんでしょ?」と思うかもしれません。

しかし、結論からいうと、服装自由の指示があっても、会社説明会にはスーツで行った方がいいでしょう。

自由な服装ですから、スーツもOKです。また、スーツで行って低評価されることはありません。

逆に、スーツ以外だと、マイナスに評価されてしまうリスクがあります。

というのも、人事によって、「自由な服装なんだから、自由な服装で来ればいい」という人と、「自由な服装とはいっても、スーツが常識」という人に別れるからです。志望企業の人事がどちらかは、学生にはわかりません。だから、服装自由の指示があってもスーツでいくべきです。

あなたの就活力はどのくらい?

就職に成功するためには、まず自分の就活力を知っておく必要があります。就活力とは、就活で必要な準備や企業側が重視しているポイントに対して、どれだけ備えているかをはかる指標です。

ぜひ、「就活力診断」で今の自分の就活力を診断してみましょう。無料でダウンロードできるので、今の実力を踏まえた上で必要な対策をしてみてはいかがでしょうか。

人事によって異なる「服装自由」の解釈

納得できない人のために、『人事によって、自由な服装の意図がこれだけ違う』という例を示したいと思います。

以下は、マイナビが企業の人事に「就活生の疑問に答えてくださいと「自由な服装という指示の時にどうすればいいのか」とアンケートをとった時の回答です。(出典)人事の回答は大きく3つあります。

自由な服装なら「自由な服装でOK」という人事

スケジュールの関係でスーツを着た方が都合がいいという方はもちろんスーツでOKですし、その後の予定も私服で大丈夫ということであればとくに規定を設けていませんので普段の格好でお越しください!
このように『「服装自由」は服装自由です。』と言う人事も、もちろんいます。一方で、

自由な服装でも、スーツが常識という人事

企業からすれば、アルバイトなどの臨時雇用者を募集している訳ではないので、この会社の”正社員”になりたいという”心構え”の上で説明会に参加すべきです。よって、「服装自由」の案内が出ていても”ピリッとしたスーツ姿”が無難です。(中略)説明会の段階から就活生を篩にかけていますので、”心構え”を”姿”で見せることがとても大切なのです。
服装自由と案内されていたとしても、どんな格好でも良いわけではありません。業界や会社によっては、服装のセンスを見ている場合もあると思いますが、無難な選択はスーツになります。
このように「とはいっても、説明会なんだから、スーツが常識でしょ」という人事もいます。一番多いのは、

TPOで使い分けろ、という人事

TPOに合わせて服装を変えていく(私服を着用する)という考えがあっても
良いと思いますが、 (その企業や業界のことをよく研究することが大切です。)
社会での自由とは、学生の自由とは意味が違います。
一定の制約やルールの中での自由という事です。
そして、そのルールは社会共通ではなく、会社ごとに違うという事は、忘れないでください。
会社ごとのルールを敏感に察知する人を『空気が読める』と言います。
一番多いのは、上のようなタイプの「会社の雰囲気・TPOによって使い分けるべき」というものです。
人事によって「服装自由」の意味は、全く異なる

\自己分析を通して、自分に合う仕事に出会える!/ imasia_15025085_S-1

とりあえず、スーツで行っておけば間違いない

見てきたように、人事によって服装自由の意味は全く異なっています。あなたの志望企業の人事がどんな考え方をしているかは、わかりません。

「服装自由だから」と私服で会社説明会に行くと「それは建前で、スーツで来るべきだ」と考えている人事にマイナスに評価されてしまう可能性があります。

だから、会社説明会には、スーツで行くのが無難です。減点されることがありません。また、スーツなら、「服装自由の指示は、本当に自由」派の人事も減点しませんし、「でも、スーツが常識」派の人事にも対応できます。
失敗したくなければ、会社説明会にはスーツで行こう

会社ホームページでドレスコードを確認する方法も

ただ、中には「服装自由なんだから、普段のセンスを見せてほしい」と思っているような企業(アパレル等)もあるでしょう。他がスーツでいる中、TPOにあったビジネス・カジュアルで行けば、印象に残るはずです。

でも、「どこまでやっていいの?崩していいの?」はわからないですよね。そんな時は、会社ホームページで先輩社員の服装を見ましょう。彼らのドレスコードにあわせれば「TPOにあった」ベストな選択ができるでしょう。
社員の服装の雰囲気に合わせられればベスト

まとめ

  • 服装自由とはいっても、人事によって解釈が違う
  • スーツで行けば、まず減点されない
  • 一番の理想は社員の雰囲気を見て、服を選ぶこと

【23卒におすすめ】すでに70,000人が活用してる自己分析ツール!

kimisuka

キミスカは性格・意欲・思考力など、仕事に関する適性を測定するために開発された、高精度自己分析ツールです。 150問の質問に5択で答えるだけで、あなたの強み・職務適性が客観的に分かります!

通常の就職活動では、「学生が自分で志望する企業を探す」という性質上、調べることが出来る企業の数には限界があります。 それに対して、逆求人型の就職活動サイト『キミスカ』では、学生が知らない会社との出会いが生まれます。

あなたがチェックし漏れていた優良企業からスカウトが来るチャンスがあるのです。

キミスカのおすすめポイント3つ

  1. 有名・人気企業からスカウトが届くチャンス
  2. 5択の質問に答えるだけで自己分析ができる
  3. 一次・二次パスでいきなり最終選考も!?

キミスカなら、逆オファー型のサービスだから 手間いらずで人気企業からスカウトが届く!

\ まずは無料診断してみませんか? /

今すぐ診断する(無料)