就活に失敗したらその後どうなる?就活で失敗した私だからわかる真実

imasia_14585960_S-2

就活で受けている会社に全滅。すると、「就活に失敗した…もう終わりだ」と落ち込んでしまいますよね。では、実際に就活に失敗したらどうなるのでしょうか?

2009年のリーマン・ショックの時期に就活をし、早稲田大学法学部を出ているのに、内定ゼロだった私だからこそわかる「就活に失敗したら、どうなるの?」の真実を解説いたします。

就職に失敗すると、「就職留年」or「既卒で就活」の二択に

imasia_11404140_S

就職に失敗して内定が決まらないと「既卒or就職留年」の二択になります。どちらでも内定をとることは可能ですが、どちらが良いのでしょうか?

既卒で就活はやめておこう

私はリーマンショックの時に就活をしたので、同期にも内定が決まらない人がたくさんいました。そのため、就職留年・既卒のどちらの進路を選んだ人のこともよく知っています。その身から言えるのは「既卒で就活するのはやめておくべき」ということです。

実際、マイナビの調査では、既卒者の内定率は30.2%(2014)、42.2%(2015)となっています。改善はしていますが、新卒の内定率79%と比べると、非常に低いと言わざるを得ません。

人材コンサルティング会社HRプロの調査によれば、「既卒になっているだけで受けられなくなる企業」も3割ほどありますし、既卒というだけで「就活に失敗した人」の烙印を押されるため、就職は大変です。知人も既卒を選んだ人はとても苦戦して、縁故でやっと就職した人も少なくありませんでした。

就職留年を選ぶべき

経済的理由から就職留年を選べないと感じるかたもいるかもしれませんが、ある程度単位をとっておけば、追加でかかる学費は50万円程度です。働けばすぐに返せる額です。既卒で正社員の内定をとってもすぐに働き始められるわけではないので、基本的な生活費はかかってしまいます。

とすると、金銭面での差はあまりない。ならば、新卒枠で企業の選考が受けられる就職留年が有利です。よほどの理由がないかぎり、就職留年を選ぶべきでしょう。

就職留年すれば、失敗はリカバーできる

imasia_5762633_S

一年目に就職で失敗すると「もう自分はどこにも決まらないんじゃないか」と不安になるかもしれません。

しかし、「その年の就職活動に失敗しても、就職留年すれば、挽回できる」です。私は内定ゼロで就職留年をしましたが、次の年でYahoo、日本IBMなどの大企業から内定をもらうことができました。

就職留年を決めると、次の年までに時間の余裕が出来ます。私の場合、その余裕時間でベンチャー企業のインターンをしました。「実務経験」という最強の自己PRネタができるため、次の年の就職活動はかなりスムーズに進みました。

キャリアバイト」等のサイトでベンチャーのインターンを探し、積極的に参加してみましょう。一年目とは見違える自己PRができるようになるはずです。

意外と留年理由は聞かれない

「留年している理由を教えて下さい」と突っ込まれるかと心配していましたが、学業にあまり関心がないのか、2割ほどの企業でしか聞かれませんでした。留年自体が問題になることはほとんど無かったので前年と比べて不利には感じませんでした。

このように、その年の就職活動に失敗しても、次の年までにインターン等で経験をつみ、翌年にのぞめば、挽回するのは十分可能です。

また、仮に留年の理由を聞かれたとしても「就職で失敗したのは、職業意識が足りなかったから。そのためにベンチャーでインターンを経験して、〜という実績を出した。…」等とアピールにつなげれば、マイナスもプラスに変えられます。

今からでも納得のいく内定を取るには?

imasia_6555571_S

「就職留年にあまりデメリットはない」と説明しましたが、やはり現役で就活するのに比べれば、多少は不利になってしまいます。また、経済的な理由から、就職留年が難しい方もいるはず。だから、就職留年するにしても、今年の就活もギリギリまでは頑張っておくべきです。

とはいえ、就活の後半になると、目ぼしい企業はナビサイトでのエントリーを打ち切ってしまうため、「エントリーできる企業がほとんどない…興味の持てる会社がない…」と悩んでしまいますよね。では、どうすればいいのか?

そんな就活の後半戦で内定を狙う時は、「マイナビ新卒紹介」が使えます。

就活の後半でも大手の内定が狙える「マイナビ新卒紹介」

マイナビ新卒紹介は、登録すると、専任のキャリアコンサルタントがつき、『ナビサイトでは非公開の求人の紹介』や、『模擬面接などの就活サポート』をしてくれます。

専任のキャリアコンサルタントが、自己PRの見直しから、志望動機の添削、面接のトレーニング、あなたの適性にあった企業選びまで、フルサポートしてくれるので、一人で就活するよりも効率良く内定に近づけます。

さらに、「マイナビ新卒紹介」は、ナビサイトでは応募を締め切った企業の求人でも「独自推薦枠」で紹介してもらえるため、就活後半からでも様々な企業に応募可能です。

だから、マイナビ新卒紹介を使えば、就活の後半でも、諦めずに内定を狙えます。マイナビ新卒紹介のサポートを活用して、内定を獲得しましょう。

30秒で完了!マイナビ新卒紹介の無料登録はこちら

最初の就職先では人生は決まらない

imasia_13178431_S

就活生の時は「大手に受かった!人生安泰」「中小しか受からなかった。人生終わり」と一喜一憂するかもしれません。しかし、大手だからといって安泰な時代ではないのは、東芝やシャープの事例を見ればわかりますよね。

逆に、転職市場の人材流動性が高くなっているので、中小やベンチャーからでも、スキルがあれば、良い職業人生を歩むことができるでしょう。

だから、仮に、就職に失敗して大手企業に内定出来なくても、それでどうとなるわけではありません。人生は長期戦です。

私も新卒で日本IBMに入社しましたが、肌にあわず、やめて、今は小さな会社を経営しています。(幸いにも、金銭的にはIBMの時よりも恵まれています)
人生はどうなるかわからないものです。就職先で人生は決まりません。すぐに「失敗」と決めつけずに、自分のできることを一生懸命やっていけば、道は見えてくるものです。最後まで諦めずに、あと少し努力を続けてみましょう。