食品製造業の志望動機の書き方の3つの秘訣【例文あり】

imasia_11140149_S

食品会社の志望動機が書けずに困っていませんか?食品会社は、応募する学生が非常に多いため、書類選考は非常に難関です。志望動機の質も問われるので、それなりのレベルのものをしあげなければなりません。「御社の食品が好きです」程度の志望動機ではなかなか採用されるものではありません。

でも、大丈夫。以下に紹介するポイントを押さえれば誰でも説得力のある食品会社への志望動機が書けるようになります。わかりやすい例文つきで、食品会社への志望動機の書き方を徹底的に解説致します。

食品会社の志望動機(例文)

まずは内定者の例文を読んでみましょう。例文を読めば、「あ、こう書けばいいのか」とイメージがわくはずです。

例文
志望動機(味の素)

食を通じて、多くの人の健康を支えていきたいという思いから、貴社を志望しております。

Point 食品が好き、だけで終わらせず、食品の仕事を通じてどんなことがしたいのかビジョンを伝えよう

学生時代、ジムのインストラクターとしてお客様の食事アドバイスをしてきた経験から、食を通じて人の健康を支える仕事に携わりたいと考えるようになりました。

Point なぜ食品業界に興味を持ったのか説明しよう。自分の学生時代の体験と結び付けられるとBEST

貴社はコアコンピタンスであるアミノ酸技術を活かして、食品から電子材料・薬品に至るまで様々な製品を開発し、人の食と健康を支えております。学生時代に培った語学力を活かし、世界130カ国で事業を展開する貴社で、世界に食を通じた「健康」を提供していきたいと考えております。

Point 食品業界の中でも、なぜその会社なのか。会社の特徴・強みをとりあげて、志望する理由を答える

質問に答えるだけで志望動機を完成させよう

志望動機を作成する際、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。
「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「志望動機ジェネレーター」を活用しましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。無料でダウンロードできるので、効率的に志望動機を完成させましょう。

「食品が好き」を超えた志望動機を書こう

「製品が好きです」だけでは評価されない

食品会社の志望動機をつくる時の一番のポイント。それは「ファン型志望動機をやめる」ということです。ファン型志望動機とは、

私は御社のカップヌードルに惚れ込んでいます。小さいころ、はじめて食べたカップラーメンは「こんなに美味しい物があるのだ」衝撃でした。学生で一人暮らしをして忙しい時にも、御社のカップヌードルは〜

このように「いかに製品が好きか」を語る志望動機です。しかし、会社が求めているのは「製品ファン」ではありません。確かに、製品が好きなことは重要です。しかし、入社後は「ビジネス」として食品に携わるわけです。それには「製品が好き」という想いだけでは足りません。

食品会社の仕事を通じて「やりたいこと」を志望動機のコアにする

会社が求めているのは、「ビジネスとして食品に携わりたい人」「一緒に事業をつくっていける人」です。単なる「製品ファン」ではありません。

ですから、単に「製品が好き」というレベルではなく、「御社の事業を通じて〜という価値を世に送り出したい」「御社で働くことで、〜をやり遂げたい」というような「その食品事業を通じて、やり遂げたいこと」を志望動機のコアにしましょう。

例文
食を通じて、より人々の健康を支えていきたいという思いから、貴社を志望しております。

この例文のように、「仕事上のビジョン」を志望動機の核にすれば「一緒に事業を動かしていく人」にふさわしい志望動機になるでしょう。単なる「好きです!」ではなくて、

  • 自分はその会社に入って何をしたいか?その会社の事業を通じて、どんな価値を世の中に贈りとどけたいか?

を考えてみましょう。


imasia_15025085_S-1

なぜ「食品」なのか?

よく「ものづくりに携わりたいという想いがあります」と、食品会社への志望動機を語る人がいます。確かに、食品もものづくりではありますが、「ものづくり」なら他の会社でもいいですよね。

食品会社を志望するなら「そもそも、なぜ食品に携わりたいのか?」という根本の動機を示しましょう。

例文
学生時代、ジムのインストラクターとしてお客様の食事アドバイスをしてきた経験から、食を通じて人の健康を支える仕事に携わりたいと考えるようになりました。

例文では、学生時代の経験を元に、食品業界に興味を持った理由を説明しています。このように過去の経験が志望のきっかけになっていると、本気度が伝わる志望動機になります。

過去の体験をベースに出来ない時の志望動機の作り方

もし、「過去の経験」をベースにできない場合は、

食品は日々の食卓に欠かせないものです。食品に携わり、人の食卓を支えることは、人々の暮らしを支えることそのものであると感じ、食品業界に惹かれるようになりました。

のように、「自分なりに考えた食品業界を志望する理由」を書いても良いでしょう。

なぜ食品業界の中でも、その会社でなければならないのか?

例文
貴社はコアコンピタンスであるアミノ酸技術を活かして、食品から電子材料・薬品に至るまで様々な製品を開発し、人の食と健康を支えております。学生時代に培った語学力を活かし、世界130カ国で事業を展開する貴社で、世界に食を通じた「健康」を提供していきたいと考えております。

食品会社でも、様々ありますよね。様々な会社の中で「なぜ御社なのか」をしっかりと回答しなければなりません。

「なぜ御社なのか?」を答えるのは簡単です。

  • 会社の特徴・長所を取り上げる
  • その長所を評価する理由・魅力を感じる理由を書く

以上です。この2点を織り交ぜると、説得力のある志望動機になります。たとえば、例文なら、

  • 味の素は、食品だけでなく「アミノ酸」を通じて、電子材料や薬品までを開発・販売している(会社の特徴)
  • 様々な側面から「人の健康を支えられる(魅力を感じる理由)

と、構成されています。このように「会社の特徴・強みを取り上げる」「なぜ自分はそれに惹かれるのかを書く」の2点を押さえれば、「なぜ数ある食品会社の中でも、御社なのか」に答えられます。

人気企業100社分の内定者エントリーシート、見たくありませんか?
imasia_15025085_S-1

ESの書き方がわからず、「このESで本当に大丈夫なのかな…」と不安になっていませんか?一生懸命にエントリーシートを書いても、なかなか自信を持てないものですよね。

けど、心配いりません。エントリーシートの書き方がわからない時は、内定者のESを参考にすれば良いのです。

就活サイト「キャリアパーク」では、「人気企業100社の内定者ES回答集」が今だけ無料でダウンロードできます。金融、メーカー、商社、コンサル…主要な人気企業のESがほぼ網羅されているので、参考になるESがきっと見つかります。

難関企業の選考を勝ち抜いたESには、必ず学ぶべきものがあります。内定者ESを先に読んでおくのとおかないのでは、大きな違いが生まれるはず。

内定者のESを参考にして、書類選考を突破しましょう。

内定者のESを見てみる(無料)

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
最終選考からスタート!一発内定を狙える

ES,面接をスキップし、最終選考からスタート!最短即日内定の可能性もあります。ぐるなびやエイベックスなどの一流企業が続々参加!【Meetscompany】

imasia_12756285_S2
最短4時間当日内定を狙える

ソニー、博報堂、ソフトバンクなどの大手グループ企業が参加するイベント!ESや面接不要で当日の内定の可能性もあります!【ジョブコミット】

imasia_14141661_S-2 3
いまからでも間に合う!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。