真似るだけ!面接後のお礼状の正しい書き方【例文あり】

imasia_8445813_S

面接後に、「本日は面接をしていただきありがとうございました」と感謝の気持ちを伝えるお礼状。「印象アップのために、お礼状を書いてみよう!」と思っても、ビジネス文章を書いたことがないと、何をどう書いていいかわかりませんよね。

でも、大丈夫。はじめてお礼状を出す就活生にもわかるように、わかりやすい図解つきで、面接のお礼状の書き方を徹底的に解説いたします!


お礼状とは?

お礼状とは、社会人として円滑なコミュニケーションのために書くビジネスレターのひとつです。先方に何かをしてもらったら、感謝の気持ちを伝えるためにお礼状を書くのです。
そもそも、お礼状とは書く必要があるものなのでしょうか?面接に限って言えば、必ず送らなければならないものではありません。しかし、面接のために忙しい中時間を割いて対応してくれたことに対して、お礼を伝えることは決して悪いことではありません。また、面接の際に、もしもさらなる魅力を感じて、是非ともその企業で働きたいという意気込みを伝えたいと思ったら、その気持ちを素直に伝えるために、お礼状は最適な表現方法です。

ただし、お礼状に自己アピールなどの面接で伝えるべき内容を長々と書くことはNGです。どうしても書きたい場合は、少し触れるぐらいにとどめ、悪い印象を与えないような注意が必要です。お礼状が志望動機書になってしまわないよう気をつけ、簡潔にわかりやすい文で感謝の意を伝えましょう。

毎回の面接後に郵送?

面接は、通常複数回あります。その際に気になるのが、面接ごとにお礼状を送る必要があるのかどうかということです。新卒者の場合は、面接のたびにお礼状を出すほうがよい、とされていますが、最終面接の後に送るだけでも問題はありません。企業によっては、忙しいときに大量の郵便物が着くことをあまりよく思わないこともあるからです。

面接の日程変更など、調整をお願いしたいことがある場合は、お礼を添えたメールを送ったほうがよいでしょう。郵送で時間がかかり、面接日を先方が決定した後に変更する手間をかけてしまうことが避けられます。

imasia_15025085_S-1

図解でわかる!面接後のお礼状の書き方

これは面接後のお礼状の書き方を図解したものです。赤字のポイントを押さえて、例文を真似するだけで、誰でも感謝の伝わる丁寧なお礼状が書けるようになります!(スマートフォンの方は、クリック・ピンチで拡大できます)

面接お礼状

拝啓

盛夏の候、貴社ますますご清栄のことと、お慶び申し上げます。

就活大学経済学部の就活太郎と申します。

先日は、ご多忙の中、貴重なお時間を割いていただき、誠にありがとうございました。

貴社の◯◯プロジェクトについての貴重なお話を伺い、「常に市場を切り拓く」という貴社の理念の一端が理解できたように思います。

以前より、貴社を第一志望としておりましたが、先日の面談でますます貴社で働きたいという思いが強くなりました。

取り急ぎ、面接の御礼を申し上げます。

敬具

平成◯年◯月◯日

就活大学経済学部四年 就活太郎

株式会社◯◯ 人事部 採用課 御中

では、図解の赤字ポイントを詳しく解説していきます。

あなたの面接力はどのくらい?

面接では、自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?

それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。
質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。

面接後のお礼状の書き方のポイント7つ

1.手紙の書き出しの型を守る

冒頭語を使う

拝啓

目上の相手に送る手紙は「拝啓」で書き出します。「前略」は親しい相手に使う表現ですので、目上の方に使うものではありません。最初に「拝啓」をつけましょう。

時節の挨拶を使う

盛夏の候、貴社ますますご清栄のことと、お慶び申し上げます。

手紙本文の書き出しは、時節にあわせた挨拶から始めます。時節の挨拶は季節によって異なります。このサイトに季節ごとの時節の言葉がのっていますので、適切な挨拶を選んで使ってください。

大学名・名前を名乗る

就活大学経済学部の就活太郎と申します

次に、大学名・名前を名乗りましょう。

2.最初にお礼をする

先日は、ご多忙の中、貴重なお時間を割いていただき、誠にありがとうございます。

最初に先日行った面接のお礼をしましょう。ビジネス文章では、「大事なことは最初に」が基本です。文章の冒頭で、先日の面接に対するお礼をしてください。

表現は上記例文のままでOK!

3.面接の感想を詳しく伝えよう

貴社の●●プロジェクトについての貴重なお話を伺い、「常に市場を切り拓く」という貴社の理念の一端を理解できたように思います。

面接で特に感動したこと・感心したことにについてコメントします。ただ「ありがとうございます」と言うだけでは気持ちがこもらない形式的なお礼になってしまうでしょう。この「具体的な感想」を入れることで、相手に感謝が伝わります。

面接官の話の中で、特に気になったポイントを具体的に挙げて、感想を書きましょう。

4.志望度が高くなった旨を告げる

以前より、貴社を第一志望としておりましたが、先日の面接でますます貴社で働きたいという想いが強くなりました。

リクルートの調査によれば、就職活動で企業が採用で重視するのは1位「人柄」2位「企業への熱意」です。人柄は手紙では伝わりませんが、熱意は伝えられます。面接で熱意が高まった旨を書き、あなたの熱意を伝えてください。

5.書面でお礼をする時の定型句を使う

取り急ぎ、面接の御礼を申し上げます。

書面でお礼をするときは「取り急ぎ、面接のお礼を申し上げます。」という表現でお礼を終えるのがマナーです。

6.末語・日付を書く

敬具

「敬具」は手紙を終える時の決まり文句です。本文を書き終わったら「敬具」で終えます。「草々」は気軽な表現ですので、目上の人への手紙では使いません。

平成●年●月●日

手紙を書いた日付を書きましょう。

7.署名と宛名を記す

署名

就活大学経済学部四年 就活 太郎

最後にもう一度誰が書いたかわかるように、大学・学部・名前を署名として残します。

宛名

送り相手の宛名は最後に書きます。書く際には「他の文字より大きめに」書くのがポイント。大きな文字で書くことで「あなたに気を使っていますよ」とへりくだる意味があります。

部署に送るときは「御中」採用担当者個人へ送るときは「●●様」を使いましょう。

そもそも面接のお礼状は出す必要があるのか?

面接のお礼状は必須ではありません。出さなくても受かりますし、出しても落ちることがあります。

しかし、手紙をしたためて「面接をしていただき、ありがとうございました」と手紙が来たら、あなたならどう感じますか?「律儀な学生だな」と好印象を持つのではないでしょうか。これは選考にプラスに響きますよね。

選考ペースが早い大手企業(銀行・保険・商社等)の場合、お礼状が届くときには合否が決まっている…ということがよくありますが、選考ペースがゆったりしている中小企業ならお礼状がプラスに働く可能性が高いです。

選考連絡のペースがゆったりした中小企業・中堅企業志望者は、お礼状を書いて損はしません。


お礼状を出すタイミング

面接を受けたら、当日中か遅くとも翌日にはお礼状を送るようにしましょう。それ以降ではお礼状のタイミングとしては遅すぎます。数日後に次の選考が控えている場合もあるので、なるべく当日中に送ったほうがよいのです。

次の面接まで日程に余裕がない場合は、郵送に数日かかると、面接前に着かない可能性があるので、できるだけ早く送るようにしましょう。また、メールならば、お礼状の遅れはかえってマイナス印象となります。郵送の場合と同じように、当日中に送るようにしましょう。その際は、なるべく就業時間中に届くようにしたほうがよいでしょう。やむを得ず遅くなる場合は「遅い時間に失礼いたします。」と添えるか、予約機能で翌日に届くようにするなどの配慮が必要です。

ベストなのは直筆?印刷?メール?

メールよりも手紙で書くほうが丁寧であるため、できれば手紙を送りたいものです。その際は、便箋に手書きで、黒の万年筆かボールペンで書くようにします。万年筆の場合は、ブルーブラックでもかまいません。印刷の文面は避けましょう。何社も受けているうちのひとつ、という印象で、あまり好感を持ってもらえるとは言えないからです。便箋は縦書きが基本ですが、横書きでも問題はありません。

メールがなかったころは、郵送だけが唯一の手段でした。しかし、今ではメールでのお礼状でも問題のない企業も増えてきています。ただ、年齢や地位の高い相手にメールを送れば、失礼だと思われる可能性もあるということは心得ておきましょう。せっかくお礼状を送っても不愉快な思いをさせてしまっては、本末転倒です。業界や企業の雰囲気、人事担当者との関係などによって、メールと手紙のどちらのお礼状が向いているか、適切な方法を見極めましょう。

お礼状が間に合わない場合

面接の日程のタイミングが翌日や数日後に控えている場合、郵送でのお礼状は面接前に届かない可能性があります。せっかく送ったお礼状が、次の面接の後に受け取られるのでは意味がありません。そこで、考えられる方法は2つあります。ひとつはメールでお礼状を送ること、もうひとつはお礼状を送らないことです。
メールの連絡やお礼状が不可な企業には、当然ですがお礼状は送る必要はありません。ネットで見つけられるテンプレートの単なるコピペを送るぐらいならば、送らなくてもよいのです。

ただ、自分がどうしても伝えたい感謝の気持ちや、共に働きたいという意気込みを伝えたいのなら、手紙にこだわらなくても、メールで伝えても構いません。その際は、ビジネスレターの規則を守り、簡潔に書くようにして、だらだらとした文章にならないように気をつけましょう。
就活の悩み、プロに相談してみませんか?
SPI_LPheader

JobSpring新卒エージェントには、楽天からサマンサタバサに至るまで、事業会社出身のエージェントが在籍しています。

JobSpringの運営会社である株式会社rootsは、設立して間もない精鋭を連ねるベンチャーです。
そのため、大手エージェントのように機械的に学生に接するのはなく、1人1人、誠実に向き合ってくれます。
むやみやたらに求人を紹介されるのではなく、適性に応じた会社を3~5社のみ提案してくれるので信頼できるエージェントだといえるでしょう。

JobSpringのおすすめポイント3つ

  1. AIがあなたに合う企業をマッチングしてくれる
  2. 面談を受けた学生の95%が大満足
  3. 内定後の早期退職は驚異の0.1%

Jobspring(ジョブスプリング)なら、 3年後のキャリア形成まで見据えた、後悔のない内定を実現できます!

\ まずは就活のプロに相談してみよう! /

就活のプロに相談する(無料)

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
最終選考からスタート!一発内定を狙える

ES,面接をスキップし、最終選考からスタート!最短即日内定の可能性もあります。ぐるなびやエイベックスなどの一流企業が続々参加!【Meetscompany】

imasia_12756285_S2
最短4時間当日内定を狙える

ソニー、博報堂、ソフトバンクなどの大手グループ企業が参加するイベント!ESや面接不要で当日の内定の可能性もあります!【ジョブコミット】

imasia_14141661_S-2 3
いまからでも間に合う!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。