簡単!銀行の志望動機の書き方の3つの秘訣【例文あり】

imasia_14332566_S

志望する学生の多い「銀行」でも、書こうとしても、「モノを持たないビジネスだから、人間力が試される点に魅力を感じる」等、ありきたりな志望動機になりがちですよね。

銀行の志望動機を考える時、メーカーのように、普段から親しんでいる具体的な製品があるわけではないので「どんなことを言えばいいんだろう?」と戸惑うかもしれません。

でも、少しのポイントを意識するだけで、説得力のある銀行への志望動機が作成できるようになります。銀行業界への志望動機の書き方を例文つきでご紹介します。

質問に答えるだけで志望動機を完成させよう

志望動機を作成する際、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。
「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「志望動機ジェネレーター」を活用しましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。無料でダウンロードできるので、効率的に志望動機を完成させましょう。

銀行の志望動機の例文

例文
三井住友銀行の志望動機

私が貴行を志望する理由は、企業経営のパートナーになり、企業の「底力」を引き出したいと考えているからです。

学生時代に、ベンチャー企業でのインターンで販促業務に従事し、「どんな売上増加施策をするにもまず資金」と、企業におけるファイナンスの重要性を肌で実感しました。その時から、ファイナンスを通して、企業の可能性を引き出せる銀行業に興味を持つようになりました。

企業の経営を支えるには、多様化する金融ニーズに素早く対応する必要があると考えます。数々の銀行の中でも、貴行は「スピード」を軸に、個人向けコンサルティングや、中小企業向けリスクテイク貸出等の戦略分野のビジネスを大きく成長させております。貴行でなら、変化する企業のニーズに素早く対応し、ファイナンスを通して企業の力を引き出せると考え、貴行を志望しております。

1.なぜ志望するのか?結論から始めよう

例文
私が貴行を志望する理由は、企業経営のパートナーになり、企業の「底力」を引き出したいと考えているからです。

志望動機を作成する際は、「なぜその銀行を志望するのか」という志望動機の結論からはじめましょう。

「銀行を志望するキッカケ」などから文章をはじめると、文章の要点が見えづらくなります。ビジネスでは「わかりやすさ」が最も重要ですから、「結論」が頭にあるべきです。

志望動機の結論としては、「その銀行でどんなことをしたいのか?」というビジョンを志望動機の理由にしましょう。

銀行でないとダメな理由

たくさんある業種の中で、なぜ銀行を選んだのでしょうか?

志望するからには、全く理由がないというはずはないでしょう。きっかけは何であれ、志望するに至るまでの動機付けを説明できる、明確な「理由」が、志望動機として必要です。

そもそも、「なぜ、この業界に興味を持つようになったのか」、そして、「どうしてこの業界で働きたいと思ったのか」、「もしも、銀行で働くことになったなら、いったいどんな将来のビジョンがあるのか」を、採用担当者に納得してもらえるように説明する必要があります。

「他の業界ではなくて、どうしても銀行でなければダメだ」という、明確な志望動機がなければ、自己PRとしての説得力は弱くなってしまいます。「私は○○の理由から、銀行を志望します!」と言えるモチベーションをアピールできるようにしましょう。

「銀行なら成長できるから」は志望動機として弱い

銀行志望者には、「貴行でなら、ビジネスパーソンとして成長できると感じるからです」等の志望動機を書く人がいよくいます。しかし、「成長したい」というのは、他のビジネスでも出来ますし、銀行の志望動機としては弱いです。

銀行への志望動機ですから、「銀行のビジネスを通じて、どんなことをやりたいのか?」が志望動機のコアにしましょう。その事業を通じて成し遂げたいことを志望動機のコアにすることで、能動的な姿勢をアピールできます。

他企業でも十分成長できると突っ込まれる

志望動機が曖昧なままだと、「じゃあ、他の業界でもよかったんですね」と言われかねません。
なぜ、他の業界ではダメで、銀行ならよいのかを説明する必要があります。

その際は、あまり知らないことを無理して話さなくても、「◇◇部門で○○の業務がしてみたいと思っています」と具体的な業務の例を挙げ、「そのために、△△の勉強をしています」とアピールするのでも構いません。志望するだけでなく、そのための努力を同時に示すことができれば、いかにその業務について真剣に取り組みたいと思っているか熱意が伝わります。

その際は、大学の専門分野だけでなく、個人的に資格の取得を目指していること、独学で勉強していることなどでもよいのです。

また、英語が得意なら、それを活かして海外勤務をしたい、というような簡単なことでも構いません。

ただし、その際は、海外勤務というなかでの具体的な業務、なぜ海外で日本の銀行なのか、といったことまで言及する必要があります。「では、なぜ外資系銀行を志望しないのですか?」といった質問は想定内の質問となるので、きっちりと答えられるようにしておきましょう。
imasia_15025085_S-1

2.なぜ「銀行」なのか

例文
学生時代に、ベンチャー企業でのインターンでマーケティング業務に従事し、「何をするにもまず資金」と、企業におけるファイナンスの重要性を肌で実感しました。その時から、ファイナンスを通して、企業の経営を支えられる銀行業に興味を持つようになりました。

いきなり「私が貴行を志望するのは〜」と語りだしても、「なぜそもそも銀行業に携わりたいのか?」というコアな動機がないと、説得力に欠けます。
  • なぜ私は銀行業に携わりたいのか?(志望するきっかけ・根拠)
  • 数々の銀行の中でも、なぜ貴行なのか?
の順で語ったほうが、スムーズにあなたの銀行ビジネスにかける熱意が伝わるでしょう。

身近である銀行だからこそ理由が重要

誰にとっても身近である銀行。そのために、「身近に感じていたために志望しました」という理由だけでは、志望動機としては十分ではありません。

もしも、何かきっかけとなったエピソードがあれば、それを語りましょう。行員とのやり取りの中で心温まったこと、助けられたことなど、またはインターンシップでの経験、メインバンクとして利用していた経験など、身近な所で「絶対にこの銀行がいい!」と思ったエピソードでよいのです。

驚くような珍しい体験である必要はありません。心に残る体験で、今度は自分がお客様に喜んでもらえるような仕事を立場になりたい、と思ったのなら、それを素直に語りましょう。もちろん、その体験談だけでは「志望動機」としては不十分ですが、それを土台に銀行志望の気持ちが固まったのなら、理由の一部としては問題ありません。

人生の体験をもとに「なぜ銀行か?」を説明しよう

「なぜ銀行に携わりたいのか?」という理由は、できるだけ今までの人生経験に基づいたものであるべきです。たとえば、
塾講師の経験から、「相手と共に考え、その成功をサポートする」ことにやりがいを感じてきた。貴行の銀行体験インターンシップで、資産運用コンサルティングは、「お金を通してその人の生活を支える」仕事だと知り、「お金」という点からお客様の成功をサポートできる銀行の仕事に興味を持った
このように「自分の人生経験」に根ざした「銀行ビジネスに携わりたい理由」があると、志望動機の説得力がますでしょう。自分の人生経験から「なぜ銀行に携わりたいのか?」を語れるようにしましょう。

3.なぜ数ある銀行の中でも「その銀行」を志望するのか?

例文
企業の経営を支えるには、多様化する金融ニーズに素早く対応する必要があると考えます。数々の銀行の中でも、貴行は「スピード」を軸に、個人向けコンサルティングや、中小企業向けリスクテイク貸出等の戦略分野のビジネスを大きく成長させております。貴行でなら、変化する企業のニーズに素早く対応し、ファイナンスを通して企業の力を引き出せると考え、貴行を志望しております。

志望動機ですから、「その会社のための志望理由」でなければなりません。他の会社にも使いまわせるようなものはNGです。多くの学生は、銀行への志望動機として「人間力が試される金融ビジネスで人間として成長したい」や「金融に関わり、経済に血を送り出したい」等と書きます。確かに悪くない理由ですが、それだけでは「その銀行への志望動機」としては弱いのです。

「なぜ数ある銀行の中でも、その銀行を志望するのか?」を上手く説明するコツ

「その銀行のための志望動機」をつくるには、
  • 1.志望銀行が他社に比べて優れている点を探す
  • 2.ステップ1のポイントを自分が重視しているとを書く
  • 3.志望銀行がそのポイントにおいて、いかに他社を上回っているか、事例を踏まえて書く
この3ステップが必要です。中期経営計画書を読めば、三井住友銀行の場合、「スピード」や「銀証連携」「メガバンクトップの収益力」などが強みだとわかります。例文では、「スピード」を軸に志望動機をつくっていて、
  • 企業経営を支えるには、多様化する金融ニーズに素早く対応する必要がある(三井住友銀行の特徴である「スピード」を重視していると書く)
  • 数々の銀行の中でも、貴行は「スピード」を軸に個人向けコンサルティング事業・中小企業向けのリスクテイク貸出等の戦略分野を成長させている。(三井住友銀行がいかに「スピード」に優れているかを書く)
  • 貴行でなら、変化する企業のニーズに素早く対応し、ファイナンスを通して企業の力を引き出せる
という構成で、「だから、私は三井住友銀行でなければならないのだ」と、「その銀行のための志望動機」をつくっていますね。

このように「企業の特徴を理解」→「自分はその特徴を銀行選びにおいて、重要だと考えている」「数々の銀行に比べて、貴行は〜(会社の特徴を事例を交えて伝える)この3点を押さえれば、簡単に銀行への志望動機が書けるようになります。」

他の銀行との違い

志望先の銀行がどんな点で違うのか、企業の経営方針だけではなく、顧客サービスに関する違いに言及することも可能です。

例えば、メガバンクの場合なら、日本全国や海外展開のグループ力やネットバンキングが利用できる利便性、地方銀行や信用金庫なら地元に根付いた活動、地元の活性化への貢献など、業務内容や特徴やカラーなどが挙げられます。

実際に自分が利用してみてよかった点や、他の銀行ではないサービスに惹かれて銀行を変えたなどの、実体験に基づくエピソードがあれば、是非取り入れましょう。

また、業務だけではなく、メセナ活動や大企業としての
それぞれの銀行の特徴を多角的に見て、いかに自分の興味と入行後のイメージがマッチするか、自分の経験や特性が活かせるかをアピールしましょう。

他の銀行ではなぜダメなのか?

メガバンクや地方銀行、信用金庫などの業務内容は、ほぼ同じと言ってもよいでしょう。

違いは取引先の違い、ネットワークの違いなどで、いずれも多岐にわたる業務が経験できますが、銀行によっては予め業務内容ごとの募集となることもあります。その中で、なぜ他の銀行ではなく、志望先の銀行を選んだのかを答えるのは、なかなか難しいかもしれませんが、ここで個性をアピールできないと、他の志望者の中に埋もれてしまいます。

実際に就活をはじめて、企業説明会やOB・OG訪問をしてみると、違いがよくわかるでしょうが、そうでない場合は、企業研究をして違いを洗い出す必要があります。
志望する銀行がなぜ他の銀行より魅力的だと思ったのか、自分なりの理由付けができるようにしましょう。

志望する銀行の特徴・強みを調べる方法

「xxx銀行 経営計画」などで検索すれば、各銀行の経営計画書がヒットします。経営計画には「当行の強みは何か?」「その強みをどう活かして、これからビジネスをしていくか?」という志望動機作成に必須の情報が満載です。必ずチェックしておきましょう。

例えば、経営計画とは以下のようなものです。長期経営計画は「ビジョン」のような抽象的な内容が多いので、具体的な内容が多い「中期経営計画」を見ると、志望動機に使えるネタがわかります。
自己分析の第一歩!50万人が使った適職診断テスト「AnalyzeU+」
SPI_LPheader

インターンをする前に、自分自身を把握してみませんか? 自己分析は就職活動にもつながるので、先に進めておくと就活本番になった際に慌てずにすみます。

パッと自己分析を終えたい時に使えるのが、使えるのが適職診断テスト「AnalyzeU+」です。

「AnalyzeU+」は、251問もの設問に答えていく本格的な適職診断テストです。設問に回答をすると、経産省の定めた「社会人基礎能力」のうち、あなたがどの面に秀でていて、どの面に弱点があるのかを教えてくれます。

これは、私がテストした時の診断結果です。この通り、かなり詳しく教えてくれます。

偏差値形式で表示してくれるので、「自分の強みは何なのか?」「向いている仕事は何なのか?」「どんな弱点があるのか?」「向いていない仕事は何か?」が一発でわかります。自分の向き・不向きがわかるので、自己分析で適職について考える時にとても役立ちます

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への無料会員登録が必要です。OfferBoxは、プロフィールを登録しておくだけで、あなたのプロフィールに関心を持った人事から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録して損はありません。

AnalyzeU+で診断するついでに、プロフィールを詳しく入力しておくと、有名企業からの選考のオファーまで届くようになります。

「AnalyzeU+」を活用して、最速で自己分析を終わらせましょう。

今すぐ登録してみる(無料)

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
プロフィールを登録するだけ!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
平均点は80点!あなたの就活力知りたくありませんか?

20の質問であなたの就活力を診断!【就活力診断】

SPI 3
【無料】SPIパーフェクト問題集&模試

就活で必須のSPI。対策は進んでいますか?買うと地味に高いSPI問題集が無料で手に入るチャンスです!!

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。