簡単!面接結果の問い合わせ・催促メールの正しい書き方【例文あり】

imasia_10270581_S

面接の合否結果、気になりますよね。連絡がなかなか来ないと、どうしても不安になってしまうもの。

ただ、「面接の結果って問い合わせてもいいものなの?」「面接の合否通知まで、どのくらい待てばいいの?」などと、わからないことが多いのではないでしょうか?

そこで「面接の結果を問い合わせてもいいのか?」「どのくらい待つべきか?」「どう問い合わせれば良いのか」気になる疑問をまとめて解説していきます。

受けた人数や採用枠によって選考に時間がかかることも


会社の採用活動は大変な労力がかかり、全社的に慎重な判断を要する重要な仕事です。今後の会社の業績にも大きく影響してくるため、結果が出るまでにはある程度の時間がかかります。一般的に選考に時間がかかる理由はいくつかありますが、最も考えられるのは応募者が多数で選考が難航する場合でしょう。

会社は他の業務の合間を縫って面接の時間を作っています。1日に面接できる人数にも限界があるので、応募者が多数の場合は一次面接だけでも全て終わるまでに長期間かかるのです。そこから更に合格者を絞る作業になるので、予定よりも選考に時間を要して連絡が遅れることはあり得ます。

採用枠の調整のためということもあるでしょう。会社は事前にどれくらいの人数を採用するかある程度決めていますが、合格と判断した応募者から辞退されることも少なくありません。

合格者の意志を確認するまでは、補欠というかたちで候補者をキープしている可能性があります。この場合も、全体的に予定よりも面接結果の連絡が遅れることは多いにあるでしょう。

面接の合否連絡はどのくらい待てばいのか?

面接の結果連絡が来ないと、どうしても不安になってしまうものですよね。

ただ、相手の企業もじっくり学生を選考している最中かもしれません。すぐに結果を催促してしまうと、採用担当の心象を害する可能性もあります。

だから、最低でも面接から2週間以上は待ってから、結果を問い合わせましょう。

一般的には、面接の結果連絡は一週間程度で来るものですが、合否ラインギリギリにいる場合、結果連絡までに時間がかかることがあります。だから、2週間は待ってみましょう。

あなたの面接力はどのくらい?

面接では、自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。
今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?

それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。
質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。

自己PR_LPheader

面接の合否結果を問い合わせてもいいのか?

結果の問い合わせは、相手を急かすことになりますので、基本的には避けたいところです。しかし、何週間も待たされている場合は話が別。

重要な面接の結果が気になるのは当然です。だから、「最低2週間以上」待っても連絡がこない時は、結果の問い合わせをしてもOKです。

ただ、面接の合否結果を問い合わせすると、どうしても催促じみてしまうもの。少しでも、柔らかい、角の立たない問い合わせ方をする必要があります。

以下のメールを参考に、合否結果の問い合わせメールを書けば、失礼にならず、問い合わせができます。

これを真似るだけ!面接の合否結果問い合わせメールの例文

例文
件名:◯月◯日の面接の結果につきまして【◯◯大学・◯◯】
Point いつの面接の結果の問い合わせかがわかる件名をつける

株式会社◯◯◯
◯◯部 ◯◯課 ◯◯様
Point 相手の会社名・部署・課・名前を書く

いつもお世話になっております。
◯◯大学◯◯学部の◯◯です。
Point 挨拶と大学名・名前を名乗る。

先日は、貴重なお時間を割いて、面接をしていただき、誠にありがとうございました。
Point まず、先日の面接のお礼を述べる

◯日に貴社の面接にお伺いしましたが、合否の結果につきまして、何日頃にご連絡をいただけるか、教えていただくことは可能でしょうか。
Point 結果を直接問い合わせるのではなく、合否連絡の期日を伺う

本来ならば、面接時にご返答期日を確認すべきところ、私の不注意でこのような催促めいたメールを差し上げ、大変失礼かとは存じますが、ご連絡を頂けますと幸いです。
Point 催促じみたメールを送ることへの非礼を謝っておく

ご多忙の中、お手数をお掛けして、誠に恐縮ですが、何卒よろしくお願い申し上げます。
Point 相手の手間を気遣いつつ、丁重にお願いをする

+++++++++++++++(署名)+++++++++++++++++++++

面接の合否結果の問い合わせメールの書き方

1.結果の問い合わせだとわかる件名をつける

例文
◯月◯日の面接の結果につきまして

「◯月◯日の面接の結果につてきまして」と件名に面接の日付を入れましょう。いつの面接結果の問い合わせかが、採用担当にすぐにわかり、相手が合否結果を調べやすくなります。

2.相手の会社名・部署・名前を書く

例文
株式会社◯◯◯
◯◯部 ◯◯課 ◯◯様

メールの冒頭は、まず送り先の「会社名」「部署」「名前」を書きましょう。誰宛に来たかメールかわからなければ、そのメールは読んでもらえません。

3.挨拶→所属大学・名前を名乗る

挨拶

例文
いつもお世話になっております。

面識のある相手なので、挨拶は「いつもお世話になっております。」を使いましょう。

大学名・名前を名乗る

例文
◯◯大学◯◯学部の◯◯です。

大学名・学部・名前を名乗ってください。相手が合否結果を調べやすいように、名前はフルネームで書きましょう。

4.先日の面接のお礼を述べる

例文
先日は、貴重なお時間を割いて、面接をしていただき、誠にありがとうございました。

本題に入る前に、先日の面接についてのお礼をしておきましょう。メール全体の印象が柔らかくなります。

5.結果ではなく、連絡の期日を教えてもらう

例文
◯日に貴社の面接にお伺いしましたが、合否の結果につきまして、何日頃にご連絡をいただけるか、教えていただくことは可能でしょうか。

「合否の結果を教えて下さい」と、直接合否を問い合わせると、「結果連絡が遅いんだ、早く教えろ」といような不躾な印象になってしまいます。

「合否の結果につきまして、何日頃にご連絡をいただけるか」と「連絡を貰える日」を聞けば、柔らかい印象になります。採用担当も気分を害さないでしょう。

6.催促じみたメールを送ることへの詫びを入れておく

例文
本来ならば、面接時にご返答期日を確認すべきところ、私の不注意でこのような催促めいたメールを差し上げ、大変失礼かとは存じますが、ご連絡を頂けますと幸いです。

柔らかく書いたとしても、催促は催促ですから、相手を責める印象になりがちです。

上記のように「本当は返答期日を自分が確認するべきだった。あなたのせいではない。」と断りを入れておくと、相手を催促する印象が薄くなり、失礼になりません。

7.相手の手間を気遣う

例文
ご多忙の中、お手数をお掛けして、誠に恐縮ですが、何卒よろしくお願い申し上げます。

相手も忙しい中、「早く結果を知りたい」という自分の都合で動いてもらうわけですから、上記のような丁重な表現を使って、お願いをしましょう。

相手の手間をかけることについて「お手数をお掛けして申し訳ありませんが」や「お手数をお掛けして誠に恐縮ですが」を使って、相手への配慮を示します。

最低限のメールマナーは特に気を付けよう


正当な理由があれば面接結果の催促メールを送るのは問題ないですが、最低限のメールマナーは守るようにしましょう。

ビジネスメールにふさわしい体裁を意識して、絵文字や顔文字、「!」「♪」「笑」など友人にLINEするようなカジュアルな文体はNGです。

一方で、「拝啓 立春の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます」など不必要に堅苦しいのは、読みにくい上に逆に尊大に感じられるので注意してください。

また、PREP法を意識して、冗長にならないように要点だけを明瞭簡潔に伝えるようにしましょう。忙しい相手を気遣うマナーです。

そのほかにもメール送信の時間帯に気をつけてください。自宅に社用パソコンを持ち帰っていたり、スマホに通知がくる設定にしている可能性もあるので、深夜や休日は避けましょう。

メールはPCから送るのが基本です。スマホだと改行の位置がズレるなどのレイアウト崩れによって見づらくなることがあるので注意してください。文末に「iPhoneから送信」などと記載があると失礼に当たる可能性もあります。

どうしてもスマホから送らなければならない状況でも、文末にはきちんとした署名をつけて送るようにしてください。

催促メールはできる限り送らないほうがいい


本当に特別な事情がない限り、催促メールはなるべく送らないようにするのが無難です。実際、会社の人事担当者が面接の合否結果を連絡をし忘れることは稀なことでしょう。万一抜けていたり、送信ミスなどがあったりしても、こちらからの返信がないことで逆に気づくパターンも多いのです。

少なくとも合格の場合であれば先方はどこかのタイミングで気づくことがほとんどでしょう。可能性としては低いですが、せっかく合格だったのに催促メールが失礼ととられて結果が覆ってしまっては元も子もありません。

次で説明するように事前に面接結果の連絡タイミングを聞いておくのが重要なポイントです。面接時に確認するのがベストですが、もし聞き忘れてしまったら、面接後すぐに確認するのもよいでしょう。

面接結果の連絡を待って悶々とするより先に聞いてしまったほうが楽です。先方が言い忘れた可能性もありますし、後から催促メールを送るよりも印象が良いでしょう。

事前に面接後の連絡タイミングを聞いておく


面接結果の連絡がない場合の対応に迷わないように、事前に面接後の連絡タイミングを確認しておくのがベストです。通常は面接の最後に、「合否は1週間以内にメールでご連絡致します」といったように先方から提示されるパターンが多いですが、なかった場合はこちらから確認しましょう。

期日の確認はビジネスシーンでは当たり前なので、こちらから聞いても失礼にはあたりません。

連絡方法が電話かメールかも併せて確認しましょう。会社側が「合否に関わらず面接結果を連絡する」と言ったにも関わらず、期日を過ぎても連絡がなかった場合には何か事情があるはずです。

催促メールを送ることに及び腰になる人もいると思いますが、応募者と会社は対等な関係です。忙しいのはお互い様なので、迷わずこちらから連絡して状況を確認してください。

不合格者には連絡をしない会社も


不合格者には面接結果の連絡をしない会社もあります。特に一次面接など初期段階では応募者が多く、採用担当者も手間と時間を省くために連絡は合格者のみとしているパターンが多いでしょう。

面接結果の連絡が来ないことにヤキモキしないように、合否に関わらず面接結果の連絡があるかどうか事前に確認しておく必要があります。

また、全員に連絡をする場合でも採用担当者が忙しく、不合格者への連絡が後回しにされることも。面接結果の連絡をする日時と連絡方法の確認は必須です。

こちらのスケジュールに影響が出ることもあるでしょうから、期日を過ぎても連絡がない場合には必要に応じて催促メールも検討しましょう。

不合格者には連絡をしないことを事前に確認していたとしても、志望度の高い会社だと期日を過ぎても「もしかしたら…」と多少は期待してしまうもの。先方の事情で連絡が遅れている可能性はあり得ますが、催促メールは基本的には避け、気持ちを切り替えて次の行動へと移りましょう。

あなたの面接力はどのくらい?面接力診断テスト
SPI image

平均点は59点!あなたの面接力は?

80〜100点 Sランク
面接力高い
60点〜79点 Aランク
面接力普通
40点〜59点 Bランク
面接力低め
39点以下 Cランク
面接以前に習慣を見直す必要あり

自分の『面接力』を診断してみる

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
最終選考からスタート!一発内定を狙える

ES,面接をスキップし、最終選考からスタート!最短即日内定の可能性もあります。ぐるなびやエイベックスなどの一流企業が続々参加!【Meetscompany】

imasia_12756285_S2
最短4時間当日内定を狙える

ソニー、博報堂、ソフトバンクなどの大手グループ企業が参加するイベント!ESや面接不要で当日の内定の可能性もあります!【ジョブコミット】

imasia_14141661_S-2 3
いまからでも間に合う!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。