就活生必見!自己分析から自己PRをつくる5つのステップ

imasia_7764345_S

就活で絶対にすることになる「自己PR」この出来が内定を決めるといっても、過言ではありません。

自己PRの出来が悪いと、企業には「あなたを採用する理由」がなくなり、不採用となってしまいます。

自己PRで失敗しないためには、入念に自己PRを作成しなければなりません。そこで、自己分析から説得力のある自己PRをつくりだす方法を紹介します。

1.自己PRの完成形を知る

まずは、自己PRをつくりはじめる前に、内定する自己PRの完成形を知っておきましょう。ゴールを知ってから情報を収集したほうが、より効率的に作業ができるからです。

  • 私の長所は〜です。(結論から長所を述べる)
  • この長所を活かして、学生時代には〜という経験をしました(長所の根拠となる経験を話す)
  • 私は〜という長所を、貴社で〜という風に活かしていきたいです(長所を会社でどう活かすか答える)

この3点がしっかり答えられれば、就活で内定しやすい自己PRがつくれます。

まず、「私の長所は〜です」と答えるのは誰でもやっていますよね。でも、それだけでは「本当なの?」と人事は疑ってしまう。

だから、「その長所が最も活かされたのが〜という経験です」と学生時代の経験で根拠付けします。これなら、「なるほど、確かに」と納得できますよね。

そして、最後に「この長所は貴社でこんな風に活かせます」と、あなたの長所が相手の会社にどんな意味があるのか?を答えましょう。

「その長所は会社でどう活かせるか?」という視点が合否を決める

この3つ目が一番重要です。会社は「会社に貢献してくれる人」を採用したい。だから、「私の長所はこんな風に活かせます」と答えられるようにする必要があるのです。

ただ、「私の長所は〜です!」というだけだと、「で?それがウチにとってどんな意味があるの?あなたを採用する理由はあるの?」と思われてしまう。だから、「私の強みは、貴社でこんな風に活かせる」というところまで落としこまなければならないのです。

2.アピールする能力を選ぶ

まず、アピールするべき自分の長所を見つけましょう。こちらの記事で既に触れたので詳しくは触れませんが、

  • 中学・高校・大学時代に頑張ったことを、ひたすら洗い出す
  • それぞれの経験について「なぜ頑張れたのか?」「どんな課題に、どのように取り組んだのか」「その経験はあなたにどんな影響を与えたのか?」分析していく
  • それぞれの経験で発揮されている「共通点」を探し、自分の長所を見つける
  • その長所が日常でも複数回発揮されているか?を検証し、本当の強みかを精査する
  • その長所を表現するのにぴったりなキャッチフレーズを探す

これらのステップを踏んで、自分の長所を見つけていきます。

3.根拠にする学生時代の経験を選ぶ

ただ『私の長所は最後まで投げ出さずにやりぬく力です!」と言っても、信じてもらえません。何かを主張するには、証拠が必要です。あなたの長所を証明するのは、「学生時代に打ち込んだ経験」になります。

  • 私の長所は〜です。
  • その長所を活かして、学生時代には〜という結果を出しました。
  • 具体的には〜(詳しく学生時代のエピソードを語る)

このように、学生時代のエピソードを根拠にして、長所をアピールすれば、あなたの長所を信じてもらえるでしょう。

学生時代のエピソードをどう選ぶか?

長所の根拠となる学生時代のエピソード選びは、自己PRの根幹といっても過言ではありません。「どのエピソードを選ぶか」は慎重に決める必要があります。

  • 自らの頭で考え、主体的にその活動に取り組んだか?
  • その活動から、何らかの影響を受け、成長できたか?

この3点を満たしたエピソードを選びましょう。華々しい結果を出している必要はありません。企業が重視するのは、学生の「人柄」「今後の可能性」です。あなたが真剣に取り組んだ活動ならば、そのエピソードを詳しく話すことで、面接官に「あなたの人柄」は伝わるのです。

学生に多いのが「コンビニのバイトなんて地味だし…」と自分が頑張った経験をはなから排除してしまう人。

でも、コンビニのアルバイト経験だとしても「コンビニの売上をあげるために、品出しを工夫して、〜という成果をあげました」と詳しく取り組んだ過程を話せるなら、魅力的なアピールになります。

結果や肩書にこだわらずに「真剣に打ち込んだ活動」を選んでください。

4.会社の業務を分析する

自分の長所をアピールするだけでは「で?それがウチにどんな意味があるの?あなたを採用して、どんなメリットがあるの」という企業の疑問に答えられません。

採用されるためには「私の長所は貴社で〜という形で活かせます。だから私を採用するメリットがあります」という形まで落としこまなければならないのです。

自分の能力がどう活かせるか?を答えるためには、志望企業の業務をしっかり分析する必要があります。具体的には、

  • あなたが会社で取り組みたい業務は何なのか?
  • その業務はどのような仕事か?
  • その業務ではどんな能力が求められるか?

この3点にしっかり答えられるようになっておきましょう。志望企業の業務を分析しておけば、的はずれな自己PRにならず、人事に「刺さる」自己PRがつくれます。


5.どんな形で役立てるかを語る

業務を理解した上で、「自分の長所は会社でどんな風に活かせるか?」を語りましょう。

企業があなたを採用するのは「あなたが会社に貢献してくれそう」だと考えた時だけです。「会社に貢献してくれそうだ」と人事に思わせるためには、「自分の能力は御社で〜という風に活かせる」とアピールしなければなりません。

たとえば、「会社で長所がどう活かせるか?」まで踏み込んだアピールとは以下のようになります。

貴社のような大規模システム開発を行う企業では、様々な開発会社を束ねてプロジェクトを進める折衝能力が求められると思います。私が培ってきた「周りを上手く動かすリーダーシップ」は、様々な協力会社と仕事を進める環境で活かせると考えております。

と、「自分の能力が、会社の業務でどうやって活かせるか?」を答えられるようにしておきましょう。

ただ「私の長所は〜です!」とアピールしても、人事はあなたが活躍する姿をイメージできないでしょう。しかし、「私の長所は、貴社の〜という業務で、〜という形で活かせます」と語れば、人事はあなたが活躍する姿をイメージできますよね。

どちらが内定に有利なのかは言うまでもありません。長所をアピールするだけでなく、その長所が「会社でどう活かせるか?」まで踏み込んでアピールしてください。

8月でも間に合う!就活の後半でも内定が狙える「マイナビ新卒紹介」

「就活を頑張りたいけど、もうエントリーできる企業がほとんどない…」と悩んでいませんか?就活の後半になると、企業がナビサイトでの応募を締め切るので、受ける企業がなくなり、困りますよね。

そんな就活生のために、就活の後半からでも納得のいく内定が狙える「マイナビ新卒紹介」をご紹介します。

「マイナビ新卒紹介」の詳細はこちら

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
内定者のESが無料で読み放題!大学3年生が登録すべき神サイト

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。