疑問を解決!「面接で落ちたと思ったら受かった」って本当にあるの?

imasia_12380347_S

面接官の反応が悪かったり、圧迫面接をされたりすると、「面接失敗した…絶対落ちたよ」と落ち込んでしまうことってありますよね。

では、「面接で落ちたと思ったら受かってた」ということは本当にあるのでしょうか?

結論からいえば、一見落ちているように見えて、実は合格になっている場合は多々あります。そこで、「不合格に見えるけど、実は合格の可能性がある」の4つのケースをご紹介します。

落ちたと思ったら受かっているケース1…圧迫面接をされた

imasia_14777214_S

話すこと、話すことにツッコミを入れられたり、「それは違うんじゃないの?」と否定されたりすると、「落ちたんじゃないかな」と思いますよね。

しかし、一部の企業は「見込みのある学生に圧迫面接をする」傾向があります。採用線上にあるからこそ、様々なツッコミを入れて、学生をじっくり見たいと思うものです。

「じっくり見たい」と思うと、どうしても就活生の回答へのツッコミが多くなりがちです。すると、面接を受けた側は「圧迫されている」と感じてしまうのです。

特に、最終面接・三次面接など、面接の後半段階で圧迫をされた場合、「見込みがあるからこそ、厳しくあたっている」可能性があります。

採用担当が暴露!面接で使われる学生評価シートの中身とは?
評価シート_訴求広告枠_header3
今すぐ無料でダウンロード

落ちたと思ったら受かっているケース2…面接の時間が短い

imasia_14724960_S

面接の時間が短いと「自分に興味がないのかな…落ちたのかな」と思ってしまいますよね。しかし、面接の時間が短いのは、「短時間でも合格ラインに達していることがわかった」ケースの可能性があります。

就活シーズンでは、面接官は大量の就活生を面接しなければなりません。学生の遅刻などの不測の事態にそなえて、少しでも時間の余裕をつくっておきたい。だから、「合格ラインに達している学生の面接は早めに切り上げて、時間をつくる」ことがよくあります。

自己PRがしっかり出来ていて、突っ込みどころもない物であれば、最初の選考は想定時間よりもすぐに終わるかもしれません。しかし、すぐ終わるからといって、必ずしも落ちたことにはならないのです。

落ちたと思ったら受かっているケース3…面接官が無反応・無表情

imasia_14461059_S

面接官があなたの回答に無反応・無表情だと、「この人の心に響くことが言えなかったのかな…絶対落ちたわ」と思ってしまいますよね。しかし、この場合でも、合格していることがよくあります。

無表情・無反応だからといって、あなたを低く評価しているとは限りません。単にそういうタイプの人である可能性もありますし、面接官によっては「就活生のストレス耐性をためすため」あえて無表情・無反応で面接に臨んでいる人もいます。

この場合、優秀であろうが、なかろうが、無表情・無反応なので、面接官の反応は合否に関係がありません。

落ちたと思ったら受かっているケース4…「この会社で不合格になったらどうしますか?」と聞かれた

imasia_13203955_S

まれに「この会社で不合格になったらどうしますか?」と面接官に聞かれることがあります。これを聞くと、「え、絶対落ちたよ‥」と思ってしまいますよね。

ただ、面接官の中には「他に志望している企業がないかを聞き出すため」「単に世間話として」「志望企業に落ちても立て直せるように計画的に就活をしているか」を確認するために質問している場合があります。

この場合、「あなたは落ちたよ」という意図で言っているわけではないので、「この会社で不合格になったらどうしますか?」と聞かれても、受かっていることはザラにあります。

落ちたと思ったら受かっているケース5…緊張で上手く答えられなかった質問がある

imasia_13003289_S

質問の中で上手く答えられなかった質問がると、「ミスった、絶対に失敗した」と思って、面接の不合格を確信することがありますよね。

たとえば、相手の質問に準備不足で答えられなかったり、緊張で話したいことが飛んでしまったり…

しかし、面接は全ての質問への受け答えの総合評価で決まります。1つの質問にしくじっても、他が上手くできてれば、通過することも可能なのです。

たとえば、知人に「社長の名前を聞かれても答えられなかった」人がいますが、通過していました。かなり大ポカに見えても、他の部分で光るものがあれば、次の選考に進めることはザラにあります。

どうせ悩んでもムダ!次の選考に頭を切り替えよう

と、このように「面接に落ちたと思ったら、実は受かってた」というケースはいくつもあります。逆に「にこやかに面接をしてもらい、褒めてもらえたのに落とされた」なんてこともよくあります。つまり、面接の様子から「合格しているかどうか」を判断するのは無理なんですね。

「どうだったかなぁ」と悩んでいても結果は変わりませんし、こちらが出来ることは何もありません。頭を切り替えて、次の選考のことを考えましょう。

就活の後半からでも、大手内定が狙える「マイナビ新卒紹介」

「就活を頑張りたいけど、もうエントリーできる企業がほとんどない…」と悩んでいませんか?就活の後半になると、大手企業がナビサイトでの応募を締め切るので、受ける企業がなくなり、困りますよね。

そんな就活生のために、就活の後半からでも大手企業の内定が狙える「マイナビ新卒紹介」をご紹介します。

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
内定者のESが無料で読み放題!大学3年生が登録すべき神サイト

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。