誰も教えてくれない!エントリーシートの上手な使い回し方

 就活は時間との戦いです。就活ピーク時になれば、一日に何枚もの企業へエントリーシートを提出しなければならないもの。大事な選考ですから、納得のいくものを書きたい。でも、時間はない。

 そんなあなたのために、エントリーシートを効率よく使い回す方法をご紹介します。

エントリーシートは使いまわしていいのか? 

 志望動機を使いまわすのは難しいでしょう。しかし、志望動機や職種志望動機以外の欄は、事前に回答を用意しておけば、十分使いまわせます。たとえば、自己PRならば、どの企業にも出す内容はあまり変わらないはずです。違うのは文字数だけ。だから、使い回しが可能なのです。

 使いまわすとエントリーシートの質が低くなるのでは?と心配する方もいるかもしれません。しかし、最初に時間をかけて納得のいく回答を用意しておけば、質が下がる心配もありません。むしろ時間に追われて書くよりも良いものが書けるでしょう。

 エントリーシートで聞かれる質問は主に2つ。志望度に関する質問とあなたの強みに関する質問です。強みに関する質問は、「自己PRをしてください」「強みは何?」「学生時代に頑張ったことはなにか」という形で聞かれます。この強みに関する質問は、使い回しで対応可能です。

具体的に方法を解説していきます。

人気企業内定者のESを参考にしよう

大手企業に内定した先輩方は、どのようなESを作成したのでしょうか。内定者の回答から、どのような考え方、アピールをしているのかを把握しましょう。
内定者ES100社まとめ」では、なかなか見ることのできないESを100社分ご用意しました!

ANA、トヨタ、三菱東京UFJ銀行、伊藤忠商事、サントリー、IBMなど、就活でも人気が高い企業のESを無料でダウンロードできるため、内定者の回答だけでなく設問の確認がしたいという就活生にもおすすめです。

ステップ1 コアエピソードを用意する

 自己PRは「私の強みは〜です。それを証明するエピソードとして〜(学生時代の経験)」という形で書きますよね。学生時代に頑張ったことは「私が学生時代に力を入れたことは〜(経験)」という形で書きます。

 つまり、強みに関する質問は全て「学生時代に頑張ったこと」が共通部分にあります。この部分を上手く使い回せばいいのです。「学生時代に頑張ったこと」部分は使い回し、あとは設問にあわせて微調整をしていけばよいのです。企業によって、要求する文字数は変わります。そこで、300文字バージョン、500文字バージョン、800文字バージョンを作成しておきましょう。用意するのは、以下の3つのパターンです。

     
  1. 250文字以内の学生時代のエピソード(300文字用)
  2.  
  3. 420文字以内の学生時代のエピソード(600文字用)
  4.  
  5. 650文字以内の学生時代のエピソード(800文字用)

この3つを用意しておきましょう。

imasia_15025085_S-1

ステップ2 提出時に微調整する

 この3つのバージョンを用意したら、あとは提出時に微調整をするだけです。「自己PRをしてください(300文字)」ならば、エピソード(250文字)の前に「私の強みは〜です。」と付け加えるだけです。「学生時代に頑張ったこと(300文字)」ならば、経験から学んだことを会社にどう活かすか等、足りない文字数を少し加えて完成です。

 ほとんどの自己PR系設問は、回答のために学生時代のエピソードを語る必要があります。だから、そのコアとなるエピソードのバージョンをいくつか用意しておくだけで対応できるのです。企業ごとに求めている強みは違うでしょう。だから、企業にあわせて、エピソードから語る強みを若干調整してください。

基本的には、これで終わりです。ただ、他にも頻出質問があります。もっと楽をしたい人はそれらの質問への回答も用意しておく必要があるでしょう。よく聞かれる質問は以下のようなものです。

  1. あなたの弱みはなにか?
  2. 悔しかった経験、挫折経験(学生時代に頑張ったことに挫折経験が含まれる場合は使い回し可)
  3. あなたのゼミ・研究内容について教えてください

これらの質問はたいてい300〜400文字で回答を要求されます。したがって、300文字程度のベース回答を用意しておけばよいでしょう。よく聞かれるその他の質問は、業界によって異なります。「みんなの就職活動日記」を使って過去に聞かれた設問を調べ、3社以上に共通している設問にはベース回答を用意しておきましょう。

おわりに

 就活は時間との戦いです。時間におわれてやると、何事も上手くいきません。カフェで急いでエントリーシートを仕上げている学生をよく見かけますが、急いで書いても、質も悪くなる上、精神衛生上もよろしくないでしょう。

 だから、使いまわせる部分は上手く使いまわして、時間を節約してください。

就活の悩み、プロに相談してみませんか?
SPI_LPheader

就活で悩んでいる20卒に本気でオススメしたいエージェントサービスがcareerticket(キャリアチケット)です。

careerticket(キャリアチケット)を運営するレバレジーズは、キャリアサポートを10年以上行っている実績のある会社です。
そのため、博報堂や損保ジャパン、ハウス食品、オルビスなどの大手優良企業の取り扱いがあるので、いわゆるブラック企業を避けられるエージェントサービスです!

また、careerticket(キャリアチケット)は
大手エージェントのように機械的に企業を紹介するのではなく
適性に応じた会社を3〜5社のみ提案してくれるので、信頼できるエージェントだと言えるでしょう。

careerticket(キャリアチケット)のおすすめポイント5つ

  1. 最短1週間でスピード内定できる
  2. 大手優良企業の紹介実績があるので、ブラック企業を避けられる
  3. 多数の企業人事とつながりがあるため、特別推薦枠がある
  4. 個別の面接対策やES添削も無料でしてくれる
  5. 専任のエージェントがマンツーマンであなたの就活を徹底サポート

careerticket(キャリアチケット)なら
3年後のキャリア形成まで見据えた、後悔のない内定を実現できます!

\ まずは就活のプロ相談してみよう! /

今すぐ相談してみる(無料)

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
最終選考からスタート!一発内定を狙える

ES,面接をスキップし、最終選考からスタート!最短即日内定の可能性もあります。ぐるなびやエイベックスなどの一流企業が続々参加!【Meetscompany】

imasia_12756285_S2
就活の悩み、プロに相談してみませんか?

【最速内定!】安心して・早く・確かに内定が狙えるサービス『doda新卒エージェント』

imasia_14141661_S-2 3
いまからでも間に合う!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。