内定するエントリーシート(ES)の書き方 結論先行型で書く

エントリーシートは結論先行で書く

ESを上手に書くコツをひとことで表現するなら「結論から書きましょう」となります。結論から書くだけで、ぐっと選考に通過しやすいESを書けるようになります。

では、なぜESは結論先行型で書くべきなのでしょうか?

なぜ結論先行型の文章構成にする必要があるのか?

結論先行型の構成とは、結論を先に延べ、その後、結論に至る理由や、結論をサポートする具体的な事例を述べる文章構成の方法です。

なぜESでは結論を先に述べるべきなのでしょうか?

それは、結論を先に述べ、文章の構造を提示することで、文章全体で何を言おうとしているか、それぞれの記述は全体の中でどういう位置づけなのか?ということが読み手にすぐ理解できるようになり、ストレスなく読み進めることができるようになるからです。

文章を書くときに意識しなければならないのは、あなたの文章にすべての人が興味を持っているわけではないということです。興味がない人間は、わざわざ深く文章を読み込むようなことはしません。

特に、エントリーシートの場合、面接官は数千のエントリーシートを見なければなりません。パッと見て何が言いたいのか理解できないエントリーシートを丁寧に読み込む時間もなければ情熱もありません。

だから、ESではより最初に結論を提示し、「文章全体で何を言おうとしているのか?」を示さなければなりません。どうすれば結論先行型の構成になるのか?これは非常に簡単です。

(1) 結論を先に書く
(2) その結論に至る理由を書く
(3) 理由をサポートする具体例を書く

この構成を守れば結論先行型の構成になります。

これを実際のエントリーシートにあてはめて書けば、わかりやすいメッセージをつくることが可能です。では、結論先行型を覚えたので、さらにメッセージが伝わりやすいPREP法もマスターしましょう。

論理的な文章構成方法 PREP法を用いたES作成

結論先行型を覚えたので、長い文章を作成する際に、役に立つ論理的な文章構造を身につけましょう。

論理的な文章の構造を覚えると、その型にあてはめるだけでわかりやすく論理的な構造の文章を作成することができます。また、長文のエントリーシートでも分かりやすくメッセージを伝えることができます。ここでは、エントリーシート作成に向いたPREP法という文章作成方法をマスターしましょう。

    PREP法の構造を説明します。
  • Point・・・最初に結論を述べる
  • Reason・・結論に至る理由を述べる
  • Example・・理由に至る具体的な事例を述べる
  • Point・・最後に結論となる内容を繰り返し述べる。

この構造がPREP法です。

こう書くと難しく感じるかもしれません。しかし、実際のエントリーシートでの使用例を見れば簡単であることがわかると思います。結論先行型の威力を確認するために、結論先行でない文章も見ておきましょう。

GD_LPheader

具体例

Q、強みはなんですか?(大手証券エントリーシート)

(結論)私の強みは成果を貪欲に求め、行動する姿勢です。

(結論に至る理由)その根拠として、学生時代のベンチャー企業でインターンとして行った営業の経験があります。

(理由に至る具体例)私は自分を鍛えたいと思い、飛び込み営業をするベンチャーにインターンとして参加しました。最初は何もノウハウがなく、成績も上がりませんでした。

しかし、効率が悪ければ量でカバーしなければならないと考え、先輩社員の2倍の量、企業に飛び込みを行いました。単純に2倍をこなすことはできなかったので、日々の見積もり等の事務作業をエクセルでマクロを組み、半自動化することで2倍回るための時間を捻出しました。数をこなすことで、効率も徐々にあがり、最終的には学生ながらトップ営業になることができました。

(結論再び)このように諦めず成果のために積極的に動くことのできる行動力が私の強みです。

解説

結論を先に述べることで何を言おうとしているかがすぐ伝わり、理由、具体例と結論をサポートしていくことで、結論の説得力、信頼度が高まり、最後に結論を再度述べることによって、メッセージを深く刻みこむことができます。

方法論はあまりスマートとは言えないかもしれませんが、作成者のやり遂げる根気は伝わってきます。また、根気は証券に必要な能力の一つでもあります。

このような型をおさえておけば、特別なライティングの訓練をしなくても内容が相手に伝わる文章を書くことができます。非常に使い易く応用がきくので、是非、身につけてエントリーシートを作成してください。

ESを作ったらjobrass新卒で添削してもらおう

ESは選考の最初の一歩。ここで選考落ちしたくないですよね。

「どんなに力をいれてESを書いても、受からない」 「第一志望の会社、書類選考で落ちたらどうしよう」と考えている方は、プロに一度アドバイスをもらってみてはいかがでしょうか?

おすすめは豊富な実績が特徴の就職エージェントneoです。 JOBRASS新卒では、キャリアアドバイザーがあなたの就活を徹底サポートします!

JOBRASS新卒|おすすめのポイント

  1. 企業から特別なオファーがもらえる
  2. エージェントから、あなたに合った企業を紹介してもらえる
  3. キャリアアドバイザーからのESなどのフィードバックがもらえる
  4. 今まで興味がなかった企業を知ることで視野が広がる

専任のキャリアアドバイザーがしっかり一人一人と向き合ってくれるから、二人三脚で就活を進められますよ。

まずは相談してみよう!

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

">imasia_9065120_S1
最終選考からスタート!一発内定を狙える

ES,面接をスキップし、最終選考からスタート!最短即日内定の可能性もあります。ぐるなびやエイベックスなどの一流企業が続々参加!【Meetscompany】

imasia_12756285_S2
最短4時間当日内定を狙える

ソニー、博報堂、ソフトバンクなどの大手グループ企業が参加するイベント!ESや面接不要で当日の内定の可能性もあります!【ジョブコミット】

imasia_14141661_S-2 3
いまからでも間に合う!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。