全日空と日本航空の違い|企業の強みや共通する業務内容・将来性を徹底解説

スクリーンショット 2018-09-28 16.22.04

全日空と日本航空の違いを知らない人は多い

スクリーンショット 2018-09-28 16.33.05 航空業界を目指すにあたって、まず注目するのは全日空(ANA)と日本航空(JAL)でしょう。これらは航空業界を代表する2台巨頭であり、就活全体でみても毎年人気の高い企業です。

航空業界への就職を考えた場合に、これらのどちらかに目を向ける人は多いですが、両社の違いを正しく把握できている人は多くはありません。

就活を成功させるためには、業界についてはもちろん、それぞれの企業について理解を深めておくことが大切です。全日空と日本航空の違いを知ることが、就活の攻略に繋がります。

両社の違いとそれぞれの魅力を知って、上手に就活を進めましょう。

全日空の特徴

スクリーンショット 2018-09-28 16.22.20 全日空と日本航空の違いを把握するために、まずは全日空の特徴から見ていきましょう。

全日空はANAの通称で知られており、日本を代表する航空会社です。国内はもちろん、海外でも評価されている企業であり、特にアジア圏内での国際線には大きな強みがあります。

国内外で広く活躍している企業であり、アライアンスのよさも優れています。全日空ならではの特徴を知って、日本を代表する企業の魅力を再確認しておきましょう。

マルチブランド戦略の推進

航空業界においては、LCCブランドの参入が大きな話題となっており、価格競争は激化しています。

全日空のような大手キャリアでも、LCCの参入によって受ける影響は大きく、これに対応するためにマルチブランド戦略を展開しています。

マルチブランド戦略とは、従来のANAブランドの展開とともに、LCCブランドの展開もおこなうものです。従来のフルサービスキャリアとしてのブランドを損なうことなく、市場の需要にも対応し、競争力を高めています。

ANAによるLCCブランドであれば品質が高く信頼できるとして、実際に多くの顧客を集めています。

エアライン・スター・ランキングで世界最高評価

全日空は、国内だけではなく海外でも高く評価されているのが特徴です。

2013年には、イギリスのSKYTRAX社が運営するエアライン・スター・ランキングで、5スターを獲得しています。これは世界最高評価であり、2013年から4年連続で獲得している世界的な評価も高い企業と言えるでしょう。

マルチブランド戦略でLCCブランドを展開しながらも、従来のANAブランドで高品質を維持し続けているのが、多くの人に愛され続けている理由です。


品質向上のための革新は積極的におこなわれており、2010年には国内航空会社初となる、ビジネスクラスでの全席通路側スタイルを導入しています。

また、2016年には国際線における売上高、座席キロ、旅客キロが、国内航空会社のトップに位置付けられています。

日本航空の特徴

スクリーンショット 2018-09-28 16.22.28 日本航空はJALの通称でも知られており、ANAと同じく日本の航空業界を代表する企業です。

事業展開や強みなどはANAと違ったものがあります。大手企業というくくりで見れば同じ特徴を有しているものの、細部まで見ると違っている点は多いです。

日本航空ならではの特徴や独自の魅力を知って、業界への理解を深め、ANAとの違いも明確にしておきましょう。

お客様を重要視したサービス

日本航空では、競争力向上のために人財の育成を第一に考えています。

これはお客様へのサービスを重要視した結果であり、サービスの品質向上こそ、競争力の向上に繋がると考えられています。

日本航空ではフルサービスキャリアとしてのブランドを大切にして、常にお客様のことを考えたサービス展開をおこなっているのが特徴です。

より良いサービスを提供するために、常に改善案が考えられていることはもちろん、人財の育成による基礎サービスの向上も図られています。

挑戦と成長を大切にする風土にあり、社員ひとりひとりの力や個性が大切にされています。「世界で一番お客様に選ばれ、愛される航空会社へ」をキーワードにサービスが展開されており、お客様を大切に思う気持ちが強い企業です。

拡大する事業領域

フルサービスキャリアとしての力を伸ばす一方で、事業領域の拡大も戦略のひとつとして打ち立てられています。

コア領域を伸ばし、新たな事業領域を生み出すという2つの戦略を軸に、事業を展開しているのが大きな特徴です。

事業領域の拡大では、訪日観光客数の増加や地域活性化に焦点が当てられており、新たなマーケットの創出に向けて、事業が推し進められています。

事業領域の拡大は中長期的な目標として定められているため、今後の動向にさらに注目が必要です。フルサービスキャリアのプロフェッショナルとしてだけではなく、新たな領域にも参加できるため活躍の幅は広いでしょう。

常に成長を目指し、一歩先を行こうとする姿勢が日本航空には備わっています。

全日空と日本航空の業務内容

スクリーンショット 2018-09-28 16.22.52 全日空と日本航空では、企業ごとに強みが異なりますが、航空企業としての位置づけは同じであり、業務内容も似ているものが多いです。

航空業界の職種は共通しているものも多く、企業ごとに仕事の進め方は違いますが業務内容自体は大半が同じです。

就職先を決めるには、業務内容について正しく理解することが大切であり、職種ごとの違いも知っておかなければなりません。

それぞれの業務内容を把握して、どの職種を目指すのかも考えてみましょう。

運行管理

運行管理は飛行機の航空スケジュールの管理をおこなう業務です。

基本的には本社での勤務になるため現場に出ることは少なく、事務作業が中心になると考えましょう。航空スケジュールを組み立てる際は、天候の影響や乗り継ぎなども考慮しなければなりません。

常に状況を把握して、二手先、三手先を読まなければならない仕事といえるでしょう。航空スケジュールは予定通りに進むとは限らず、天災などの影響で予定が狂うこともあります。

緊急事態が発生した際にスケジュールの組み直しをおこなうのも運行管理の仕事であり、柔軟な対応力が求められます。

高い管理能力が必要とされ、状況を見極めて常に冷静な判断を下さなければなりません。

グランドスタッフ

グランドスタッフは、空港内でのサービスを提供する現場スタッフです。

航空サービスを適切に提供するための重要な役割であり、グランドスタッフがいなければ空港は機能しなくなってしまいます。

業務内容は多岐にわたり、チケットの確認や航空機への案内、手荷物検査などもグランドスタッフの業務範囲です。

また、空港構内のインフォメーションや清掃作業などを担うこともあり、幅広い業務を担当しなければならないことは理解しておきましょう。

グランドスタッフの業務振り分けは企業によって異なり、特定の役割を専門的にこなすこともあれば、複数の役割にまたがって仕事をすることもあります。

どちらの場合でも対人での仕事がメインとなるため、高いコミュニケーション能力が求められます。

CA

CAはキャビンアテンダントとして機内でのサービスを提供する仕事です。

より快適に空の旅を楽しんでもらうための重要な役割であり、航空業界の中でも花形職種ですので、人気は非常に高いです。

華やかなイメージに憧れを持つ人も少なくありませんが、実際の業務は大変で、肉体労働も多いことは理解しておきましょう。

CAといっても国内線、国際線どちらに乗るかは人によって異なり、国際線の場合は長時間のフライトになることが多いです。フライト時間が長ければ、その分立って仕事をする時間も長くなり、肉体的な疲労は大きくなります。

加えて、どれだけ疲れていても笑顔で接客しなければならないため、精神的に疲労することも多いでしょう。華やかなイメージだけで就職を決めないように注意が必要です。

整備士

整備士は航空機の整備や点検をおこなう仕事であり、専門職に該当します。

航空機系の学校を出ていないと就職できないため、目指す場合は該当する学校を卒業する必要があります。整備士は乗客全員の命を預かるため、強い責任感が求められる仕事です。

航空機は精密機械であり、少しの不具合が重大な事故に繋がる可能性も少なくありません。細心の注意を払って仕事に取り組むことが求められます。

高い整備技術はもちろん、失敗が許されない仕事なので、強い責任感、まじめさ、誠実さが必要です。航空業界において心臓部とも言える仕事であり、重要なポジションであることは理解しておきましょう。

パイロット

パイロットは航空機の運転をおこなう仕事であり、CA同様に航空業界の花形職種のひとつです。

パイロットも専門職であるため、該当する学校を卒業しなければなりませんが、企業によっては自社パイロット育成をおこなっていることもあります。

育成枠で採用されれば、未経験であってもパイロットになれる可能性はゼロではありません。

パイロットは高い操縦技術はもちろん、肉体的、精神的に高い水準をクリアしなければならず、ハードルは非常に高いです。視力や体力だけではなく、責任感や冷静な判断力が求められるため、新卒採用でも高い能力が必要になります。

パイロットも乗客全員の命を預かる重要な仕事なので、多くの人が憧れる職種でありながら実際にはハードであるといえるでしょう。

全日空と日本航空の将来性

スクリーンショット 2018-09-28 16.22.38 航空業界に就職するなら、全日空と日本航空の将来性についても知っておかなければなりません。

両社は航空業界を代表する企業ではありますが、その地位は安定しているとは限らず、常に激しい競争にさらされています。

業界を代表する企業の将来性を知ることは、業界の未来を知るとにも繋がり、航空業界への理解をさらに深めるのに役立つでしょう。

全日空と日本航空、両社の将来性を知り、現状と課題からその先まで把握することがよりよい就職先を決めるカギになります。

LCCとの競争が激化

航空業界ではLCCの成長が目覚ましく、大手2社に脅威を与えるほどの競争力を有しています。

LCCはもともとは料金が安い分、サービスが手薄であるのが特徴でした。そのため、価格ではなく品質を求める利用者は、全日空や日本航空を変わらず利用していましたが、現在ではLCCでも品質向上が図られています。

従来のまま低価格路線であるにも関わず、サービスの品質を上げることで付加価値をつけて、競争力を高め続けています。

大手2社を脅かそうをする企業も少なくありません。LCCとの競争が激化しているため、どのように戦うかが今後の成長を握るカギと言えるでしょう。

国際線の強化がカギ

全日空と日本航空ともに国内線は充実しており、国内のインフラ整備はほとんど整っているといえます。

インフラは常に成長し続け、国内では北陸や東北でも新幹線が開通されるなど、航空機に限らずインフラは完成しつつあるといえるでしょう。今後は国際線の強化がカギとなっており、両社拡大に向けて動き出しています。

近年、訪日外国人観光客は増加傾向にあり、2020年の東京オリンピックに向け、さらに増加すると考えられています。国際線の需要は増加し続けているため、ここでいかに顧客を獲得できるかが企業の成長を占うカギといえるでしょう。

国内線の拡大も大切ですが、頭打ちとなっている部分も大きいため、今後は両社国際線の強化に乗り出すことが予想されます。

顧客が求めるサービスの提供がポイント

航空業界では、さらなる付加価値をつけたサービスの提供が求められています。

これはLCCとの競争だけではなく、各所でインフラ整備が整ったことも理由のひとつです。単に移動を考えるだけであれば、飛行機以外にも手段はあります。

移動手段によっては飛行機よりも安いものもあるため、あえて飛行機で移動するという選択肢を顧客に持たせられるかが重要です。移動手段として飛行機を選ぶ人が増えれば需要は拡大し、さらなる成長にも繋がります。

これは国内線に限らず国際線でも同じことが言え、他の航空会社ではなく、その航空会社のサービスだから利用するという価値をつけることが重要視されています。

全日空と日本航空の違いは戦略にある

全日空と日本航空は日本の航空業界を代表する2社であり、業界を引っ張り続けるリーディングカンパニーでもあります。

それぞれ共通する部分もありますが、違っている点も多く、その違いを明確に把握することが、就活攻略を目指す上では大切です。

全日空と日本航空の違いはさまざまありますが、大きな点は戦略です。両社とも事業展開の戦略は違っており、この違いを正しく把握することが、それぞれの企業の理解を深めるためには大切だと言えるでしょう。

航空業界を代表する企業としてブランド価値を高める全日空と、顧客重視でサービスの向上を求める日本航空は、それぞれに違った魅力があります。