ベンチャー企業に新卒就職する時に警戒する5つのポイント

仕事をする女性

新卒で「大企業に就職するか、ベンチャー企業に就職するか」迷うことってありますよね。大企業の待遇や知名度は魅力的ですが、ベンチャー企業の「若手でも活躍できるチャレンジングな環境」「スピード」「経営経験」にも惹かれますよね。

そこで、どう決断するべきか?を、インターンでベンチャー企業に二年ほど在籍した後、トヨタ以上の売上を誇る大企業に入社した私が、ベンチャー企業に新卒で就職する時に注意するべき5つのポイントを解説いたします。

1.当たり前だが、ベンチャー企業の就職はリスクが高い

言い方は乱暴になるかもしれませんが、「大手企業なら、最初の就職に失敗したとしてもつぶしが効きます」

たとえば、電通に入社して、仕事が合わず、数年でやめたとしても「電通の◯◯さん」として第二新卒市場で評価され、仕事が見つかる。

一方で、ベンチャー企業を数年でやめた場合は中々難しい。「株式会社リアルウェブの◯◯さん」というだけでは中々評価されない。+αのスキルが求められます。

また、よく言われるように「大企業から中小企業・ベンチャー企業への転職は比較的容易だが」「ベンチャー企業から大企業への転職は難易度が高い」です。

要するに、大企業への就職は失敗したとしてもつぶしが効きやすいのに対して、ベンチャー企業はつぶしが効かない。

だから、当たり前ですが、ベンチャー企業への就職は、大企業・中堅企業への就職に比べてハイリスクです。少なくとも、その点は覚悟しておく必要があるでしょう。

就活の軸を定めよう

就活は内定を得ることが目的ですが、内定を得て入社した後も自分の選択に自信を持つことで、本当に就活が成功したといえるでしょう。
しかし、就活の軸を定めることは難しいです。そこで活用したいのが「就活の軸作成マニュアル」です。

就活の軸には、年収という観点以外にも様々なものがあります。このマニュアルでは、就活の軸の作り方が詳しく紹介しています。無料でダウンロードできるため、就活に迷いがある学生はぜひ無料でダウンロードしてみましょう。

2.会社のイメージに騙されていないか?

ベンチャー企業の中には、労働法をまるで守らず、労働者を使い捨てにする「ブラック企業」があるのも事実です。ただ、もちろん説明会ではそんな様子は全く見せません。

経営者が登壇し、勇ましくビジョンを語り、最終面接にも経営者が登場し、あなたの話をじっくり聞いてくれる…すると、「この会社しか無い」と思い込みがちです。

相手のいうことを鵜呑みにするだけでは、正確な判断はできません。企業の実態を深く調べるべきです。

リクナビ、マイナビは教えてくれない、企業の「本当の姿」を知るには、転職者用の企業口コミサイトが役立ちます。
これらのサイトでは、実際に働いていた人の赤裸々な口コミが閲覧可能です。どちらのサイトも就活生が利用するには1000円程度の課金が必要ですが、一生を左右する決断のためですから、微々たるものです。

しっかりリサーチをした上で決断してください。
imasia_15025085_S-1

3.キャリアビジョンはあるか?

ベンチャー企業に新卒で入社するなら、受け身ではいけません。大企業のように、会社があなたのキャリア・人生を支えてくれるわけではないので、自分でビジョンを持って、ベンチャー企業のしごとを「踏み台」にするくらいの気持ちが必要です。

たとえば、以下のような「具体的なビジョン」を持って新卒で入社するべきです。
  • サーバーエンジニアとして一流になるために、膨大なトラフィックを持つこの会社のインフラエンジニアとしてのキャリアを積むんだ
  • アプリビジネスはこれからも拡大していくから、この会社の開発ディレクターになって、どこでも通用するアプリビジネスの企画力を手に入れるんだ
  • 営業力に定評のあるこの会社なら、自分が起業をする時に役立つ営業ノウハウが身につくはずだ
なんとなく「ベンチャー企業っていろいろ挑戦できそうだし、いいな」くらいの気持ちで新卒入社するなら、大企業・中堅企業へ就職した方が幸せな人生を送れるでしょう。

4.インターンシップをしてみたか?

ベンチャー企業に新卒で入社する前に絶対にやってみて欲しいことがあります。それがインターンシップです。

とにかく実際に働いてみないと、その仕事が向いているかどうか、その職場が合うかどうかはわかりません。ベンチャー企業は大企業と違って、ジョブローテーション・部署ローテーションもないので、そこに馴染めるかどうかで全てが決まってしまいます。

決断をする前に、内定先に頼んでインターンシップをしてみると良いでしょう。机上で判断するよりもずっと素晴らしい決断ができるはずです。

5.「つぶしの効く」経験は手に入るか?

ベンチャー企業は大企業に比べて経営基盤が不安定です。たとえば、一時はあんなに隆盛を極めていたGreeが、今では見る影もないほど市場での力を失っていますよね。

現在、ブイブイ言わせている「パズドラ」のガンホーだって、いつパズドラが飽きられるかわからない。

だから、「その会社が駄目になっても、他で通用するノウハウが手に入る仕事か?」という点が重要です。

たとえば、大規模サービスのトラフィックを上手く捌くインフラエンジニアや、サイトのデザインからサーバー構築、コンテンツ企画まで出来るフルスタックエンジニアなら、会社が潰れようが、すぐに仕事が見つかるでしょう。

「この会社で仕事をした場合、どこでも通用するノウハウ・スキルが身につくか?」をシビアに検討してください。

でも、ベンチャー企業にしかない魅力がある

さて、ここまでベンチャー企業のマイナス点を上げてきましたが、ベンチャー企業にしかない魅力があるのも事実です。

大企業はやはりスピードが遅いですし、30になっても「若手社員」扱いのところが多い。20代で事業責任者になって、サービスをリードしていくことなどとてもできません。

一方で、ベンチャー企業では、20代の社員が事業部長や、サービスのディレクターになって、数万のユーザーの相手をしている…なんてザラにあります。どちらがビジネスパーソンとしての経験値になるかは、言うまでもありません。

また、「大企業は安泰」は確かですが、ずっと安泰なんて保証はありません。今やソニーだって赤字続きなんです。何が、いつ、どうなるか…なんて誰にもわからない。だから、あえて荒波に漕ぎ出すのもひとつの戦略でしょう。

大事なのは、しっかり熟慮して決めること。上記のポイントを意識して、後悔のない決断をしてくださいね。
自己分析の第一歩!50万人が使った適職診断テスト「AnalyzeU+」
SPI_LPheader

インターンをする前に、自分自身を把握してみませんか? 自己分析は就職活動にもつながるので、先に進めておくと就活本番になった際に慌てずにすみます。

パッと自己分析を終えたい時に使えるのが、使えるのが適職診断テスト「AnalyzeU+」です。

「AnalyzeU+」は、251問もの設問に答えていく本格的な適職診断テストです。設問に回答をすると、経産省の定めた「社会人基礎能力」のうち、あなたがどの面に秀でていて、どの面に弱点があるのかを教えてくれます。

これは、私がテストした時の診断結果です。この通り、かなり詳しく教えてくれます。

偏差値形式で表示してくれるので、「自分の強みは何なのか?」「向いている仕事は何なのか?」「どんな弱点があるのか?」「向いていない仕事は何か?」が一発でわかります。自分の向き・不向きがわかるので、自己分析で適職について考える時にとても役立ちます

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への無料会員登録が必要です。OfferBoxは、プロフィールを登録しておくだけで、あなたのプロフィールに関心を持った人事から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録して損はありません。

AnalyzeU+で診断するついでに、プロフィールを詳しく入力しておくと、有名企業からの選考のオファーまで届くようになります。

「AnalyzeU+」を活用して、最速で自己分析を終わらせましょう。

今すぐ登録してみる(無料)

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
プロフィールを登録するだけ!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
平均点は80点!あなたの就活力知りたくありませんか?

20の質問であなたの就活力を診断!【就活力診断】

SPI 3
【無料】SPIパーフェクト問題集&模試

就活で必須のSPI。対策は進んでいますか?買うと地味に高いSPI問題集が無料で手に入るチャンスです!!

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。