【就活】企業に電話をかけていい時間帯はいつ?OKな時間・NGな時間

imasia_14332578_S

面接連絡の折り返しや、OB訪問の予約など…就活で企業へ電話をかけるタイミングは多々あります。しかし、「いつ電話をかければ迷惑にならないの?」と迷うものですよね。下手な時間にかけて、相手の仕事を邪魔しては困ります。

そこで、図解でわかりやすく、かけていい時間帯とかけてはいけない時間帯を解説していきます。

図解で一発!電話をかけていい時間帯・いけない時間帯

電話の図表

では、具体的にかけていい時間帯・かけてはいけない時間帯について解説していきます。

電話をかけてはいけない時間帯

始業前(9:00以前)

会社の業務がはじまる前に電話をかけても、意味がありません。本人はもちろん、取り次ぐ人もいないからです。一般的な始業時の9:00(会社によっては8:00)前の電話は避けましょう。

始業付近の時間帯(9:00〜10:00)

始業したばかりの時間帯(9:00〜10:00)の間は、始業時のミーティング・メールチェック・業務整理・朝礼などで忙しくなりがちです。邪魔にならないよう電話は控えましょう。

昼食時(12:00〜14:00)

昼食時(12:00〜14:00)は、お昼休憩に出ており、本人がつからまない可能性が高いです。この時間帯にかけると、休憩の邪魔をしてしまう可能性もあります。

終業前(16:00〜18:00)

この時間帯には、その日の業務の取りまとめ、追い込みに使われることが多いです。忙しい可能性が高いので、控えましょう。

終業後(18:00以降)

そもそも相手が会社にいない可能性が高いです。

面接評価シートで面接官のチェックポイントを確認しよう

面接をする際、面接官は面接評価シートを元に就活生を評価しています。面接評価シートには、質問に対する受け答えやマナーなどの内容をチェックする項目があるのです。企業や職種によって設定されている項目は異なりますが、参考にすることで面接官視点を把握することができます。

面接官は、どのような就活生を評価するのでしょうか。面接評価シートを無料でダウンロードして、面接前に最終調整をしたり、就活生同士の練習で活用してみましょう。

imasia_15025085_S-1

電話をかけていい時間帯

10:00〜12:00

始業時のタスクもひと通り終え、比較的余裕のある時間帯です。

14:00〜16:00

休憩を終え、一息ついている時間帯。つながりやすく、相手の負担にならない可能性も高いでしょう。

指定の時間帯

相手側から「◯◯時〜◯◯時にかけてほしい」と言われている場合は、もちろん、その時間にかけましょう。

時間帯以外のマナー

時間帯も大事ですが、就活の電話には、それ以外にも守らなければいけないルールがあります。その点についても押さえておきましょう。

1.メモ・スケジュール帳・筆記用具を用意

具体的な日時・場所の指定や、連絡事項をメモするために、これらは必ず用意してから電話をかけましょう。

2.最初に挨拶&名乗り

まず最初に「お忙しいところ、恐れいります」と挨拶。次に「私、◯◯大学の◯◯ともうします」と名乗ろう。

できるだけ明るくハキハキとした声で、良い第一印象をつくろう。

3.用件・取次依頼

次に、用件を言おう。「私、現在就職活動をしておりまして、御社に大変興味を持っております。ぜひ、OB訪問のお願いをしたく、お電話いたしました。」

 用件をいったら、担当に取次を依頼する。「◯◯課の◯◯様をお願いできますでしょうか?」

4.相手の都合を確認

相手が本人だった場合は、「はい、私が〜です」と相手が名乗る→「◯◯様でいらっしゃますね」と復唱確認。

取り次で本人に変わった場合は、「はい、〜です」と相手が名乗る→「お忙しいところ、恐れいります。わたしく◯◯大学の△△です。」と再度名乗る。

「ただいま、3分ほどお時間よろしいでしょうか?」と相手の都合を確認する

5.復唱とメモをしながら確認

日時・場所などの重要な内容はメモと復唱しながら聞こう。

6.最後にもう一度確認&挨拶

「では、◯月◯日に御社の1Fですね。本日はお忙しいところ、ありがとうございました。では、失礼致します」と確認と挨拶を行う。

7.相手が電話を切ったら、こちらも電話を切る

相手が電話を切る音を聞いてから、静かに電話を切る

一般的にはかけた側が先に電話を切る

就活中の電話で、企業相手に話している場合は相手優先の行動を取る必要があるため、電話も相手が切ったら、こちらが切るようにしなくてはいけません。

しかし、これは就活に限ってのことであり、一般的には電話をかけた側が電話を切ります。これは社会に出てから必要なマナーですので、今のうちから身に付けておきましょう。
就活の悩み、プロに相談してみませんか?
SPI_LPheader

就活で悩んでいる20卒に本気でオススメしたいエージェントサービスがcareerticket(キャリアチケット)です。

careerticket(キャリアチケット)を運営するレバレジーズは、キャリアサポートを10年以上行っている実績のある会社です。
そのため、博報堂や損保ジャパン、ハウス食品、オルビスなどの大手優良企業の取り扱いがあるので、いわゆるブラック企業を避けられるエージェントサービスです!

また、careerticket(キャリアチケット)は
大手エージェントのように機械的に企業を紹介するのではなく
適性に応じた会社を3〜5社のみ提案してくれるので、信頼できるエージェントだと言えるでしょう。

careerticket(キャリアチケット)のおすすめポイント5つ

  1. 最短1週間でスピード内定できる
  2. 大手優良企業の紹介実績があるので、ブラック企業を避けられる
  3. 多数の企業人事とつながりがあるため、特別推薦枠がある
  4. 個別の面接対策やES添削も無料でしてくれる
  5. 専任のエージェントがマンツーマンであなたの就活を徹底サポート

careerticket(キャリアチケット)なら
3年後のキャリア形成まで見据えた、後悔のない内定を実現できます!

\ まずは就活のプロ相談してみよう! /

今すぐ相談してみる(無料)

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
最終選考からスタート!一発内定を狙える

ES,面接をスキップし、最終選考からスタート!最短即日内定の可能性もあります。ぐるなびやエイベックスなどの一流企業が続々参加!【Meetscompany】

imasia_12756285_S2
就活の悩み、プロに相談してみませんか?

【最速内定!】安心して・早く・確かに内定が狙えるサービス『doda新卒エージェント』

imasia_14141661_S-2 3
いまからでも間に合う!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。