損害保険会社(損保)の志望動機の書き方のポイント3つ【例文あり】

imasia_5899946_S

損害保険会社への志望動機作成に困っていませんか?普段の生活で損害保険に関わる機会はありませんから、「志望動機を書こう!」としてもなかなかイメージがわかずに、戸惑いますよね。

でも、大丈夫。わずかなポイントを押さえるだけで、損害保険会社への志望動機がすいすい書けるようになります。損害保険会社の志望動機の書き方のコツを例文つきで詳しくご紹介します。

損害保険会社(損保)の志望動機例文

例文

三井住友海上火災保険(志望動機)

私が貴社を志望するのは、営業担当として、人から企業までの様々な「安心」を支える提案をしていきたいからです。

大学時代に、ネット広告の代理店業務に携わった経験から、営業担当の人間力が試される「形のない商品」を提案する仕事につきたいと考えるようになりました。数々の無形商品の中でも、企業のビジネスや人々の生活など様々な場面で「安心」を提供できる損害保険に魅力を感じています。

損保会社の中でも、貴社は、多様化する損害保険のニーズに対応し、アジアセクションへの進出・ダイレクト損保の設立など、素早い事業展開をしてこられました。貴社でなら、常に変化する「リスク」にも柔軟に対応し、顧客の安心を支える提案をしていけるのではないかと考え、貴社を志望しております。

質問に答えるだけで志望動機を完成させよう

志望動機を作成する際、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。

「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「志望動機ジェネレーター」を活用しましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。無料でダウンロードできるので、効率的に志望動機を完成させましょう。

志望動機の結論を最初に書こう

例文
私が貴社を志望するのは、営業担当として、人から企業までの様々な「安心」を支える提案をしていきたいからです。

最初に、「自分はなぜその会社を志望するのか?」という結論を書きましょう。「セミナーに伺った際に〜」と志望のきっかけから入る学生が多いですが、ビジネス文章では結論先行が原則。まず、「なぜその会社で働きたいのか?」という結論から書き始めてください。

なお、志望動機の結論としては「貴社でならプロフェッショナルとして成長できる」というような「いかに自分にメリットがあるのか?」というタイプの志望動機は好まれません。

企業が採用したいのは、「成長したい人」ではなくて「そのビジネスを一緒に動かしていける人」です。だから、例文のように「その会社のビジネスを通して具体的に何をしたいか?どんなことを成し遂げたいのか?」という職業上の目標を志望動機の核にしましょう。

「その会社のビジネスを通して、どんなことをしたいのか?」を詳しく書くことで、積極的な姿勢が伝わります。


imasia_15025085_S-1

なぜ「損害保険」業界を志望するのか?

会社の表面を褒めるだけの志望動機は評価されない

いきなり会社志望理由から入るよりも、まず「なぜ損害保険なのか?」をしっかり説明した方が、納得できる志望動機になるでしょう。

いきなり会社志望理由から入ると、

私が御社を志望する理由は3つ。1つ、ソルベンシー・マージン比率が高く、安定して損害保険サービスを提供できるから。2つ、日本国内最大の顧客基盤を持ち、様々なお客様にサービスを提供できるから。3つ、ひとりひとりがプロ意識を持って仕事に取り組む社風に惹かれるから

このような志望動機になってしまいます。なぜ駄目か?会社の説明をしているだけで「なぜあなたがこのビジネスに惹かれるのか?」という根本の動機が伝わってこないからです。

自分の人生体験を元に「なぜ損害保険なのか?」を説明しよう

「なぜ損害保険なのか」を自分の人生経験を交えて書くと、あなたの損保業界への情熱が伝わり、納得度の高い志望動機がつくれるはずです。

例文
大学時代に、ネット広告の代理店業務に携わった経験から、営業担当の人間力が試される「形のない商品」を提案する仕事につきたいと考えるようになりました。数々の無形商品の中でも、企業のビジネスや人々の生活など様々な場面で「安心」を提供できる損害保険に魅力を感じています。

例文では、大学時代の業務経験を元に「形のないサービス」その中でも「人・企業様々な安心を担保できる損害保険にひかれた」と業界志望動機を説明しています。

損害保険業界の志望動機をつくる際には、

  • なぜ銀行や他の金融業では駄目なのか?
  • なぜ生保では駄目なのか?

など、「他の業界では駄目な理由」を突き詰めて考えていくと、損害保険業界ならではの業界志望動機が書けるようになるはずです。

なぜ「その損害保険会社なのか?」

例文
損保会社の中でも、貴社は、多様化する損害保険のニーズに対応し、アジアセクションへの進出・ダイレクト損保の設立など、素早い事業展開をしてこられました。貴社でなら、常に変化する「リスク」にも柔軟に対応し、顧客の安心を支える提案をしていけるのではないかと考え、貴社を志望しております。

最後に、「数ある会社の中でも、なぜその損害保険でなければならないのか?」を書きましょう。「安心を提案していきたい」だけでは、他の会社にも使えてしまいます。「その会社でなければならない理由」を最後に書くのです。

その会社でなければならない理由を上手く説明する方法

「その会社でなければならない理由」を書くのは簡単で

  • その会社の強みを調べておく
  • その会社の強みの中で、特に魅力を感じた「強み」を志望動機で取り上げる
  • なぜその「強み」に魅力を感じるのか自分なりの理由を書く(業界志望動機で取り上げた「業界に魅力を感じる理由」と上手くリンクさせると、よりGood)

例文では、三井住友海上火災保険の「アジア進出の成功」「ダイレクト損保に積極的」などの特徴を交えて、「多様化するリスクにあわせて事業展開をしてきた貴社でなら、変化する顧客の『リスク』に対応できる」と、「なぜその強みが魅力的なのか?」を説明しています。

志望企業の特徴を調べ、その強みを上手く志望動機に織り交ぜれば、「その会社でなければならない理由」がつくれるようになるでしょう。

なお、その会社の事業上の強みを調べるには、「会社名+経営計画」などで検索し、各会社の経営計画を参照してください。「当社はxxxという強みを活かして、xxxに注力したい」という会社の経営方針がわかるので、志望動機作成がかなり楽になるはずです。以下は主要企業の経営計画です。

後悔しない就活、してますか?

jobspring

JobSpring新卒エージェントには、楽天からサマンサタバサに至るまで、事業会社出身のエージェントが在籍しています。

JobSpringの運営会社である株式会社rootsは、設立して間もない精鋭を連ねるベンチャーです。
そのため、大手エージェントのように機械的に学生に接するのはなく、1人1人、誠実に向き合ってくれます。
むやみやたらに求人を紹介されるのではなく、適性に応じた会社を3~5社のみ提案してくれるので信頼できます。

JobSpringのおすすめポイント3つ

  1. AIがあなたに合う企業をマッチングしてくれる
  2. 面談を受けた学生の95%が大満足
  3. 内定後の早期退職は驚異の0.1%

Rootsのジョブスプリングなら、 3年後のキャリア形成まで見据えた、後悔のない内定を実現できます。

\ まずは就活のプロに相談してみませんか? /

就活のプロに相談する(無料)

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
最終選考からスタート!一発内定を狙える

ES,面接をスキップし、最終選考からスタート!最短即日内定の可能性もあります。ぐるなびやエイベックスなどの一流企業が続々参加!【Meetscompany】

imasia_12756285_S2
最短4時間当日内定を狙える

ソニー、博報堂、ソフトバンクなどの大手グループ企業が参加するイベント!ESや面接不要で当日の内定の可能性もあります!【ジョブコミット】

imasia_14141661_S-2 3
いまからでも間に合う!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。