損害保険会社(損保)の志望動機の書き方のポイント3つ【例文あり】

損害保険会社への志望動機作成に困っていませんか?普段の生活で損害保険に関わる機会はありませんから、「志望動機を書こう!」としてもなかなかイメージがわかずに、戸惑いますよね。

でも、大丈夫。わずかなポイントを押さえるだけで、損害保険会社への志望動機がすいすい書けるようになります。損害保険会社の志望動機の書き方のコツを例文つきで詳しくご紹介します。

損害保険会社(損保)の志望動機例文

例文
三井住友海上火災保険(志望動機)

私が貴社を志望するのは、営業担当として、人から企業までの様々な「安心」を支える提案をしていきたいからです。

大学時代に、ネット広告の代理店業務に携わった経験から、営業担当の人間力が試される「形のない商品」を提案する仕事につきたいと考えるようになりました。数々の無形商品の中でも、企業のビジネスや人々の生活など様々な場面で「安心」を提供できる損害保険に魅力を感じています。

損保会社の中でも、貴社は、多様化する損害保険のニーズに対応し、アジアセクションへの進出・ダイレクト損保の設立など、素早い事業展開をしてこられました。貴社でなら、常に変化する「リスク」にも柔軟に対応し、顧客の安心を支える提案をしていけるのではないかと考え、貴社を志望しております。

保険業界には多くの企業があり、保険の種類も様々です。全ての企業に当てはまることですが、志望動機ではその業界や企業を志した理由を明確にして熱意を伝えることが重要です。
特に保険会社を志望する場合は、損害保険と生命保険という2つの大きな分野がありますので、その差別化も踏まえる必要があります。

例文のように自身の経験と関連付けながら、説明するようにしましょう。

保険業界を志望する上で、保険業界の動向にアンテナを張っておくことも大切です。ニュースや新聞等をこまめにチェックして、業界の最新情報を取り入れておくようにしましょう。

志望動機が書けない時は、志望動機作成ツールを活用してみよう

ここまで損害保険会社への志望動機を作成する方法を解説してきましたが、例文のような志望動機を一人で書き上げる自信がない方も多いはず。

そんな時は、「志望動機ジェネレーター」を活用してみましょう。

志望動機ジェネレーターなら、簡単な質問に答えるだけで説得力のある志望動機が完成します。

志望動機作成ツールを活用して、人事を唸らせる志望動機を完成させましょう。

志望動機の結論を最初に書こう

例文
私が貴社を志望するのは、営業担当として、人から企業までの様々な「安心」を支える提案をしていきたいからです。

最初に、「自分はなぜその会社を志望するのか?」という結論を書きましょう。「セミナーに伺った際に〜」と志望のきっかけから入る学生が多いですが、ビジネス文章では結論先行が原則。まず、「なぜその会社で働きたいのか?」という結論から書き始めてください。

なお、志望動機の結論としては「貴社でならプロフェッショナルとして成長できる」というような「いかに自分にメリットがあるのか?」というタイプの志望動機は好まれません。

企業が採用したいのは、「成長したい人」ではなくて「そのビジネスを一緒に動かしていける人」です。だから、例文のように「その会社のビジネスを通して具体的に何をしたいか?どんなことを成し遂げたいのか?」という職業上の目標を志望動機の核にしましょう。

「その会社のビジネスを通して、どんなことをしたいのか?」を詳しく書くことで、積極的な姿勢が伝わります。

志望動機の冒頭部分の例を3パターン紹介します。参考にしてみてください。
例文
災害や事故といった突然のアクシデントに柔軟に対応し、顧客のニーズに合わせた確実な補償を提供したいと思い、貴社を志望しました。

例文
私の就活の軸は「人の役に立つことができる仕事かどうか」ということです。そして、困っている人に直接手を差し伸べることができる損害保険会社で、お客様の次の一歩をサポートできる営業マンになりたいと思い、貴社を志望しました。

例文
貴社を志望する理由は、地域密着型を掲げ地域に根差したサービス提供を行っているからです。お客様1人ひとりと密に関わり、困ったときに一番最初に頭に思い浮かベてもらえるような信頼関係を築きたいと考えています。

imasia_15025085_S-1

なぜ「損害保険」業界を志望するのか?

会社の表面を褒めるだけの志望動機は評価されない

いきなり会社志望理由から入るよりも、まず「なぜ損害保険なのか?」をしっかり説明した方が、納得できる志望動機になるでしょう。

いきなり会社志望理由から入ると、
私が貴社を志望する理由は3つ。1つ、ソルベンシー・マージン比率が高く、安定して損害保険サービスを提供できるから。2つ、日本国内最大の顧客基盤を持ち、様々なお客様にサービスを提供できるから。3つ、ひとりひとりがプロ意識を持って仕事に取り組む社風に惹かれるから
このような志望動機になってしまいます。なぜ駄目か?会社の説明をしているだけで「なぜあなたがこのビジネスに惹かれるのか?」という根本の動機が伝わってこないからです。

自分の人生体験を元に「なぜ損害保険なのか?」を説明しよう

「なぜ損害保険なのか」を自分の人生経験を交えて書くと、あなたの損保業界への情熱が伝わり、納得度の高い志望動機がつくれるはずです。
例文
大学時代に、ネット広告の代理店業務に携わった経験から、営業担当の人間力が試される「形のない商品」を提案する仕事につきたいと考えるようになりました。数々の無形商品の中でも、企業のビジネスや人々の生活など様々な場面で「安心」を提供できる損害保険に魅力を感じています。

例文では、大学時代の業務経験を元に「形のないサービス」その中でも「人・企業様々な安心を担保できる損害保険にひかれた」と業界志望動機を説明しています。

損害保険業界の志望動機をつくる際には、
  • なぜ銀行や他の金融業では駄目なのか?
  • なぜ生保では駄目なのか?
など、「他の業界では駄目な理由」を突き詰めて考えていくと、損害保険業界ならではの業界志望動機が書けるようになるはずです。

身近に関連するエピソードがない場合は?

自身の経験を志望動機に絡めたいと考えたとしても、損害保険会社と関連付けられるエピソードがすぐには思い付かない場合もあります。そのような場合は、頭を柔らかくして色々な角度から、その業界や企業との接点を考えてみましょう。

目新しいエピソードである必要はなく、日常生活での何気ない体験で構いません。保険はとても身近なサービスですので、注意深く探してみるとあなたの身の回りの至るところで接点を見つけることができるはずです。

新しい切り口を思いつくことができれば、オリジナル性の高い志望動機となって説得力のある志望動機となるでしょう。
ただし、最も大切なのはあなた自身の体験をあなたの言葉で伝えることです。少しでも印象に残りたいと作り話をするのは避けるべきです。印象的な接点ではなくても、その業界や企業との出会いを具体的に表現することができれば、熱意は十分に伝わります。

エピソード例

例文
私が保険について興味をもったきっかたけは、大学生になって初めて自分で車を運転するようになったことからです。そして、車両事故のような人為的なアクシデントだけでなく、火災や台風といった一部の自然災害にも対応していることを知りました。損害には様々なケースが想定されるため、損害保険には柔軟性と対応力が求められます。そのような状況の中で、お客様の不安に寄り添うために常に進化し続ける損害保険業界に魅力を感じるようになりました。

自動車保険は、損害保険会社の主力商品の1つです。大学生のうちに自動車免許を取る学生も多く、大学生に身近な損害保険の1つとも言えます。エピソードに困る場合は、候補の1つとして考えてみても良いでしょう。

損害保険には非常に多くの種類があります。自動車保険1つをとっても、そのサービス内容や料金は企業によって様々です。そのため、サービスの内容や特徴をしっかりと調査しておくことも大切でしょう。

なぜ「その損害保険会社なのか?」

例文
損保会社の中でも、貴社は、多様化する損害保険のニーズに対応し、アジアセクションへの進出・ダイレクト損保の設立など、素早い事業展開をしてこられました。貴社でなら、常に変化する「リスク」にも柔軟に対応し、顧客の安心を支える提案をしていけるのではないかと考え、貴社を志望しております。

最後に、「数ある会社の中でも、なぜその損害保険でなければならないのか?」を書きましょう。「安心を提案していきたい」だけでは、他の会社にも使えてしまいます。「その会社でなければならない理由」を最後に書くのです。

その会社でなければならない理由を上手く説明する方法

「その会社でなければならない理由」を書くのは簡単で
  • その会社の強みを調べておく
  • その会社の強みの中で、特に魅力を感じた「強み」を志望動機で取り上げる
  • なぜその「強み」に魅力を感じるのか自分なりの理由を書く(業界志望動機で取り上げた「業界に魅力を感じる理由」と上手くリンクさせると、よりGood)
例文では、三井住友海上火災保険の「アジア進出の成功」「ダイレクト損保に積極的」などの特徴を交えて、「多様化するリスクにあわせて事業展開をしてきた貴社でなら、変化する顧客の『リスク』に対応できる」と、「なぜその強みが魅力的なのか?」を説明しています。

会社の強みをしっかりと押さえた例文を、もう1つ紹介します。
例文
貴社は他の大手企業との強い繋がりによる安定した事業基盤が強みです。また、「地域密着」を独自の指針として掲げており、中小企業との繋がりも重視しています。形のないサービスを提供する損害保険では、お客様をより近い立場でサポートすることが重要です。繋がりを重要視する貴社でなら、そのシナジーを活かしてお客様1人ひとりに情熱をもって接することで、全力でサポートすることができると感じ、貴社を志望しました。

例文では、事業基盤の特徴と地域密着型という指針をもとに、その会社でなければならない理由を説明しています。他の会社にない強みを見つけることができれば、あとは冒頭の結論にスムーズに繋がるように文章を組み立てましょう。

志望企業の特徴を調べ、その強みを上手く志望動機に織り交ぜれば、「その会社でなければならない理由」がつくれるようになるでしょう

なお、その会社の事業上の強みを調べるには、「会社名+経営計画」などで検索し、各会社の経営計画を参照してください。「当社はxxxという強みを活かして、xxxに注力したい」という会社の経営方針がわかるので、志望動機作成がかなり楽になるはずです。以下は主要企業の経営計画です。

あなたは損保業界に向いているタイプ?自己分析ツールで診断してみよう

自分の性格や適性が、損保業界の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分が損保業界に向いているタイプか、診断してみましょう。

【22卒におすすめ】すでに70,000人が活用してる自己分析ツール!
SPI_LPheader

キミスカは性格・意欲・思考力など、仕事に関する適性を測定するために開発された、高精度自己分析ツールです。 150問の質問に5択で答えるだけで、あなたの強み・職務適性が客観的に分かります!

詳細な分析結果が見れるので、あなたの適職やおすすめ企業もご紹介。 自己分析が出来るだけでなく、会社選びの参考にすることもできます!

キミスカのおすすめポイント3つ

  1. 高精度な自己分析ができる!
  2. 詳細な分析結果が見れる!
  3. エントリーシートにもそのまま使える!

\ まずは無料診断してみませんか? /

今すぐ診断する(無料)