証券会社の志望動機の書き方の3つの秘訣【例文あり】

証券会社の志望動機の書き方がわからずに困っていませんか?証券業界は、就活生にとって、日頃から馴染みのある世界ではありません。だから、志望動機で何を書けばいいか、イメージが掴めずに悩む方も多いでしょう。

でも、大丈夫です。少しのポイントを押さえるだけで、誰でも証券業界への志望動機が書けるようになります。わかりやすい例文をもとに、証券会社への志望動機の書き方を徹底的に解説していきます!

証券会社の志望動機(例文)

例文
大和証券の志望動機

証銀連携を進め、預金・投信・株式まで幅広い商品を扱う貴社のもとで、お客様に信頼される営業として成長したいと考えています

学生時代に、英語教材の飛び込み営業を経験し、50人の営業の中で3位の成績を出しました。その経験の中で、自身の努力が数字で返ってくる営業の仕事にやりがいを感じました。就職活動の中で、お客様にどれだけ信頼していただけたかが、数字という明確な形で返ってくる証券会社のリテール営業に携わりたいと考えるようになりました。

貴社は、大和ネクスト銀行による独自の証銀連携を通して、株式・債権・投資信託・預金に至るまで、お客様のニーズに対応する幅広い商品を提供しております。貴社でなら、お客様の多様なニーズにあわせた商品を提案し、信頼関係を構築し、成果を上げていけるのではないかと感じ、貴社を志望しております。

Point
学生時代の営業での実体験を元にどのような業務を行なっていきたいかが具体的に書かれている点が評価できます。

また数ある証券会社の中でも、大和証券が持っている強みを活かして、自身の目指す営業像に触れている点も好印象です。

このように、志望企業が持っている強みと自身の強みをマッチングすると、本気度を高く伝えることができるようになります。

志望動機が書けない時は、志望動機作成ツールを活用してみよう

ここまで証券会社の志望動機を作成する方法を解説してきましたが、例文のような志望動機を一人で書き上げる自信がない方も多いはず。

そんな時は、「志望動機ジェネレーター」を活用してみましょう。

志望動機ジェネレーターなら、簡単な質問に答えるだけで説得力のある志望動機が完成します。

志望動機作成ツールを活用して、人事を唸らせる志望動機を完成させましょう。

志望動機の結論を書こう

例文
証銀連携を進め、預金・投信・株式まで幅広い商品を扱う貴社のもとで、お客様に信頼される営業として成長したいと考えています

最初に志望動機の結論を書きましょう。「その会社の仕事を通じて、どんなことがしたいのか?」を書き、志望動機の結論にしてください。

証券業界の志望動機では「御社の人に惹かれます」と『人』を志望動機にする人がいますが、あまり効果的な方法ではありません。会社が求めているのは「社員のファン」ではなく、「仕事として証券の営業をやりたい人」だからです。

だから、証券会社の営業業務を通して、どんなことをしたいのか?どんな価値を世の中に提供したいのか?を書きましょう。そうすれば「仕事として証券の営業をやりたい人」にふさわしい志望動機が書けるようになるはずです。
例文
①コミュニケーション能力が高い男子学生を想定
御社での総合職を志望する理由は、多くの企業の方々や、たくさんの人に会うことができる、と考えたためです。

特に経営者と会うことで社会人としていち早く成長できる点に魅力を感じています。

特に行っていきたいことは 地域に根差した企業を成長させることです。
様々な人に会いその土地に根差した企業を活性化させることで、地域経済は活性化できます。

御社は、取引の量ではなく、質で勝負している点で競合他社と比較して、大変魅力的です。
私の原動力はは人の気持ちにこたえることなので、自分の価値観と貴社の方針に共通点を感じているため、御社のフィールドで働きたいと考えています。

志望動機の冒頭で、なぜ志望するのかが具体的にわかりやすく書かれており、面接官が聞き取りやすい志望動機と言えるでしょう。
例文
②留学経験のある女子学生を想定
モノに頼らない自身の持つ人間力で仕事ができる金融業界が、私にとって魅力的だからです。
金融業界はモノを扱わない業界であるため、信用に基づく人間力が勝負になってくる世界だと感じています。

中でも、お客様と対面で話し合い、お客様の将来を一緒になって提案できる職業である証券会社、自分自身の希望する業界です。

貴社のセミナーで、自分の仕事をすごく活き活きと語る社員の方や、仕事を純粋に楽しんでいる姿を見て、共に高めあえる仲間として人間力に惹かれました。

現在は、社員の方からアドバイスをいただいた金融関係の資格取得を中心に研鑽を続けています。

入社後は、在学時の留学で得た語学力を活かして、海外での業務にも積極的に取り組んでいきたいと思っています。

業界に魅力を感じている点と過去の経験を業務にどう活かすかまでが具体的にかかれている良い志望動機といえるでしょう。
imasia_15025085_S-1

なぜ証券業界を志望するのか?

例文
証銀連携を進め、預金・投信・株式まで幅広い商品を扱う貴社のもとで、お客様に信頼される営業として成長したいと考えています

学生時代に、英語教材の飛び込み営業を経験し、50人の営業の中で3位の成績を出しました。その経験の中で、自身の努力が数字で返ってくる営業の仕事にやりがいを感じました。

就職活動の中で、お客様にどれだけ信頼していただけたかが、数字という明確な形で返ってくる証券会社のリテール営業に携わりたいと考えるようになりました。

なぜ証券会社なのか?納得できる理由があると、説得力が増します。ただ「御社の経営理念に共感します。御社の社風にも魅力を感じます〜」と『会社に魅力を感じる理由』を書くだけだと、どうしても熱のこもらない薄っぺらい志望動機になってしまいます。

この例文のように、過去の体験と結びつけて「なぜ証券会社なのか?」を語れればベストです。

過去の体験と結びつけた例分を確認しよう

(読んだ本をきっかけに志望した例)

例文
資金的な側面から企業の市場での成功のサポートをしたいため志望しました。

この考えは、高校1年時に読んだ1冊の本がきっかけです。

本では日米の比較の部分について、 アメリカの技術者は積極的に経済や資本を学んでいるのに対して、日本は素晴らしい技術を活かせず、資本的な要因で失敗することが多い、 といった内容が書かれていました。

これは日本にとって重要な課題だと私は考えました。
大学入学後は、どうすれば技術を持った企業が市場で活躍できるようになるかを考え、資本市場に関する授業を中心に履修しました。

この経験を活かして、入社後に資金調達などの財務戦略に関わることで、企業のM&Aや企業の資本市場での価値向上に貢献できるよう尽力したいと考えております。

過去の経験を元に、これから業務で同意化していくかが明確化されていて面接官は聞き取りやすい志望動機でしょう。

なぜ証券業界なのか?を伝えるための理由一覧

証券会社の志望動機ではよく「無形商品を扱うには、担当の人間力が試される。その環境に挑戦し、金融のプロとして成長したい」と志望動機を語る人がいます。悪くはないのですが、それは金融系の仕事全てに言えることです。「なぜ証券会社なのか?」が伝わりません。なので、「なぜ証券業界を志望するのか?」を説明するために
  • 無形商品の中でも、リスクのある商品を扱うので、より難易度が高い(信頼されなければならない)
  • 数字で評価が決まる、完全実力主義の世界
  • 貯蓄から投資にお金を動かすことで、経済に血を送り出すことができる
  • etc…
証券業界の仕事が持つこれらの特徴とからめて「なぜ証券会社なのか?証券の営業として働きたいのか?」を語れると、あなたの本気度が伝わるでしょう。

また、証券業界の仕事に通じる経験、たとえば「営業経験」「簿記会計・経営について学習した経験」「株式投資の経験」などがあれば「〜という経験から、証券業界に興味を持った」と、過去の経験を根拠にすると、より説得力が増すはずです。

証券会社の中でも、なぜその会社なのか?

例文
貴社は、大和ネクスト銀行による独自の証銀連携を通して、株式・債権・投資信託・預金に至るまで、お客様のニーズに対応する幅広い商品を提供しております。貴社でなら、お客様の多様なニーズにあわせた商品を提案し、信頼関係を構築し、成果を上げていけるのではないかと感じ、貴社を志望しております。

志望動機ですから、「証券会社の中でも、なぜその会社なのか?」納得できるロジックが欲しいところです。

「証券会社の中でも、なぜその会社なのか?」を答えるには、
  • 証券業界の中での、志望企業のポジション・特徴・強みを分析
  • その強みに魅力を感じる理由を書く
この2点を押さえましょう。例文では、大和証券のウリである「証銀連携」を理由に「幅広い商品ラインナップよってお客様のニーズにあわせた提案ができる」と志望する理由を書いています。このように会社の特徴を押さえて、その特徴に魅力を感じる理由を書けば「証券業界の中でも、なぜ御社なのか?」に答えられるでしょう。

「会社の特徴を取り上げる」→「その特徴に魅力を感じる理由を書く」の2点で志望動機を量産できる

この方法で、どんな会社の志望動機でも書けるようになります。たとえば、みずほ証券を志望するなら、

お客様のニーズに答えるには、預金・信託・株式…様々な選択肢を駆使して、ご提案をする必要があると考えております。貴社は、「Oneみずほ」として、銀行・信託・証券の連携を強め、お客様の多様なニーズに対応しております。貴社でなら、お客様のニーズに合わせた提案をして、お客様と信頼関係を構築し、成果を上げていけるのではないかと感じ、貴社を志望しております。

と、「みずほ証券の特徴」と、「なぜその特徴に魅力を感じるのか?」を書けば志望動機が出来るのですね。「会社の特徴を取り上げる」→「その特徴に魅力を感じる理由」を書くと、「証券業界の中でも、なぜ御社を志望するのか?」が伝わります。

他の志望動機例文も確認しておこう

上記を踏まえた例文を1つ記載してください。

〇会社の持つ特徴から自身の感じた魅力を記載した例
例文
野村証券を想定
ベンチャー企業や中小企業の新規株式公開をサポートするIPOに携わりたいと考えています。

ゼミでは、中小企業について研究しておりますが、日本の企業は資金調達の術は手薄で、 株式公開によって、市場から資金調達をする事が事業拡大のチャンスになるのではと考え、研究を進めています。

入社後は上場後成長する企業を見分ける分析手法の作成に携わりたいと考えておりますが、これは株式を発行する御社の事業戦略に貢献できると考えていることも理由の一つです。

リーディング・カンパニーである御社は、各業界を左右するようなM&AやIPOの機会が豊富にあります。

また、豊富な機会から多くの経験をしている先輩方や、データが多く確保されており、実務上のスキルを最も効率的に取得できると環境が整っていることも魅力を感じています。

Point
やりたい仕事とゼミで勉強し続けていることに一貫性があり、志望動機の本気度を高めています。
証券会社の中で、この企業を選ぶ理由も会社の特徴から分析し、魅力的な点に言及しており、的を射ているので好印象です。

あなたは証券業界に向いているタイプ?自己分析ツールで診断してみよう

自分の性格や適性が、証券業界の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分が証券業界に向いているタイプか、診断してみましょう。

【22卒におすすめ】すでに70,000人が活用してる自己分析ツール!
SPI_LPheader

キミスカは性格・意欲・思考力など、仕事に関する適性を測定するために開発された、高精度自己分析ツールです。 150問の質問に5択で答えるだけで、あなたの強み・職務適性が客観的に分かります!

詳細な分析結果が見れるので、あなたの適職やおすすめ企業もご紹介。 自己分析が出来るだけでなく、会社選びの参考にすることもできます!

キミスカのおすすめポイント3つ

  1. 高精度な自己分析ができる!
  2. 詳細な分析結果が見れる!
  3. エントリーシートにもそのまま使える!

\ まずは無料診断してみませんか? /

今すぐ診断する(無料)