インターンシップのお礼メールの正しい書き方【例文あり】

インターンシップのお礼メール、書いた方がいいとは感じているけれど、ビジネスのお礼メールなんて書いたことがないので、どう書けばいいかわからず困っていませんか。

でも、大丈夫。はじめてお礼メールを書くあなたのために、インターンシップのお礼メールの書き方を例文つきで解説いたします。これを読めば、誰でも、感謝が伝わるインターンシップのお礼メールが書けるようになります。

インターンシップのお礼メールは出した方がいいのか?

インターンシップのお礼メールを出すと選考に有利になるのか

結論から言えば、インターンシップのお礼メールを出せば、選考にプラスに働きます。インターンシップは選考に関係ないとの建前があっても、ひとりひとりの学生は人事の印象に残っています。

律儀にお礼のメールを出せば、さらに採用担当の印象に残るでしょう。これは間違いなくプラスに働きます。

インターンシップのお礼メールを出すタイミングは?

インターンシップが終了した当日、あるいは次の日に出しましょう。お礼メールは早ければ早いほど、相手の印象に残ります。

 

あなたの就活力はどのくらい?

就職に成功するためには、まず自分の就活力を知っておく必要があります。就活力とは、就活で必要な準備や企業側が重視しているポイントに対して、どれだけ備えているかをはかる指標です。

ぜひ、「就活力診断」で今の自分の就活力を診断してみましょう。無料でダウンロードできるので、今の実力を踏まえた上で必要な対策をしてみてはいかがでしょうか。

これを真似るだけ!インターンシップのお礼メールの例文

以下の例文を真似れば、誰でもインターンシップのお礼メールが書けるようになります。
例文
件名 インターンシップ参加のお礼【大学名・名前】

 
Point わかりやすい件名をつける
 

株式会社◯◯
◯◯部 ◯◯課 ◯◯様

 
Point 最初に相手の会社名・部署・名前を書く
 

このたびは、大変お世話になりました。
御社のインターンシップ・プログラムに◯日に参加した、◯◯大学の◯◯と申します。

 
Point 大学名・名前を名乗る
 

本日は、インターンシップのお礼を申し上げたく、ご連絡を差し上げました。

 
Point 最初にメールの要旨を書く
 

◯◯業界に憧れ、インターンシップに応募しましたが、実際に業務の一環を体験してみて、「プロであること」の厳しさを改めて実感いたしました。

 
Point インターンシップ全体の感想を書く
 

また、◯◯様には、どんな場面でも常に価値を提供することの大事さ、自分の中での目標を設定し仕事に取り組む重要性を教えていただき、大変感謝しております。

 
Point 送り相手に特にお世話になったことについて書く
 

社員の皆様の温かいご指導と、働きぶりに接し、ますます貴社への入社意欲が益々高まってまいりました。

 
Point インターンシップで入社意欲が高まった旨を書く
 

ここで学んだことを糧に就職活動に励んでまいります。
ご多忙の中、一からご指導くださいましたこと、心よりありがとうございました。

 
Point 今後の就職活動への意志と、相手へ改めてお礼をする
 

貴社の益々のご発展と、皆様のご健康とご活躍をお祈り申し上げます。
今後ともよろしくお願い致します。

 
Point 最後に定型の挨拶文を入れる
 

++++++++++++++++(署名)++++++++++++++++++++

 

imasia_15025085_S-1

インターンシップのお礼メールの書き方

0.わかりやすい件名をつける

例文
件名:インターンシップ参加のお礼【大学名・名前】

件名は、件名を読むだけで内容がわかる件名をつけましょう。「ありがとうございました」などの内容がわかりにくい件名はNGです。

件名に「大学名・名前」を入れておくと、よりわかりやすくなるでしょう。

1.メールの書き出しルールを守る

ビジネスメールの書き出しは、「相手の所属先・名前」「挨拶」「名乗り」ではじめる必要があります。

相手の会社名・部署・名前を書く

例文
株式会社◯◯
◯◯部 ◯◯課 ◯◯様

誰宛に来たメールかわからなければ、読む気になりませんよね。最初に相手の会社名・部署・名前を書いてください。

挨拶

例文
このたびは、大変お世話になりました。

次に、定型の挨拶を入れます。インターンシップで一度お世話になった直後なので「このたびは大変お世話になりました」が適切です。

大学名・名前を名乗る

例文
御社のインターンシップ・プログラムに◯日に参加した、◯◯大学の◯◯と申します。

大学名・名前を名乗ります。いつのインターンシップに参加した旨も合わせて書いておくと、相手が、あなたが誰かを把握しやすくなります。

2.最初に要点を書いておく

例文
本日は、インターンシップのお礼を申し上げたく、ご連絡を差し上げました。

感想に入る前に「お礼のためにメールをした」という、メールの要旨を書いておきましょう。結論を先に書いておくことで、相手がその先のメールを読みやすくなります。

3.インターンシッププログラム全体の感想を書く

例文
◯◯業界に憧れ、インターンシップに応募しましたが、実際に業務の一環を体験してみて、「プロであること」の厳しさを改めて実感いたしました。

インターンシップのお礼メールには大きく三つのパートが必要です。それは、「インターンシップ全体の感想」「社員の対応への感想」「入社意欲が高まった」の三つです。

まずは、インターンシッププログラム全体の感想を書きます。

4.その社員にお世話になったことへの感謝をつげる

例文
また、◯◯様には、どんな場面でも常に価値を提供することの大事さ、自分の中での目標を設定し仕事に取り組む重要性を教えていただき、大変感謝しております。

メールを送った相手に、特にお世話になったこと、あるいは、相手に教わったことの中で特に印象に残ったことを書きましょう。

この「相手に特にお世話になったこと」をしっかり書くと、あなたの感謝が伝わりやすくなります。相手の言葉で印象に残ったことを思い出し、感想を書きましょう。

5.入社意欲が高まった旨を書く

例文
社員の皆様の温かいご指導と、働きぶりに接し、ますます貴社への入社意欲が益々高まってまいりました。

相手は、学生の入社意欲を高めたくて、インターンシップを行っています。

だから、「インターンシップのおかげで入社意欲が高まった」旨を、感想のまとめとして入れておくと良いでしょう。

6.今後の抱負を述べる

例文
ここで学んだことを糧に就職活動に励んでまいります。
ご多忙の中、一からご指導くださいましたこと、心よりありがとうございました。

インターンシップを終えた上での、今後の就職活動への抱負を述べ、あらためてお世話になったことへの感謝を述べましょう。最後にあらためてお礼を書くことで、よりあらたまった印象になります


 

7.定型の挨拶で文章を終える

例文
貴社の益々のご発展と、皆様のご健康とご活躍をお祈り申し上げます。
今後ともよろしくお願い致します。

お礼状などの改まったメールは、このような表現で〆るのがマナーです。最後に署名も忘れないようにしてください。

 

【23卒におすすめ】すでに70,000人が活用してる自己分析ツール!

kimisuka

キミスカは性格・意欲・思考力など、仕事に関する適性を測定するために開発された、高精度自己分析ツールです。 150問の質問に5択で答えるだけで、あなたの強み・職務適性が客観的に分かります!

通常の就職活動では、「学生が自分で志望する企業を探す」という性質上、調べることが出来る企業の数には限界があります。 それに対して、逆求人型の就職活動サイト『キミスカ』では、学生が知らない会社との出会いが生まれます。

あなたがチェックし漏れていた優良企業からスカウトが来るチャンスがあるのです。

キミスカのおすすめポイント3つ

  1. 有名・人気企業からスカウトが届くチャンス
  2. 5択の質問に答えるだけで自己分析ができる
  3. 一次・二次パスでいきなり最終選考も!?

キミスカなら、逆オファー型のサービスだから 手間いらずで人気企業からスカウトが届く!

\ まずは無料診断してみませんか? /

今すぐ診断する(無料)