2018卒の就活解禁はいつから?就活スケジュールで大事なポイント

imasia_15432350_S

毎年、ころころ就活の解禁日が変わるので、「今年はいつなの?」と気になりますよね。そこで、2018年卒(2017年に就活をして、2018年春に卒業見込みの就活生)の就活解禁日がいつになるのか?を詳しく解説いたします!

いつナビサイトが解禁するのか?面接の解禁はいつなのか?準備は何をすればいいのか?大事なポイントが一瞬でわかります。

2018卒は、ナビサイト解禁が3月1日。面接解禁が6月1日

imasia_14213985_S

2018卒は、2017卒と同じく「エントリーが可能になるナビサイト解禁日が3月1日・採用面接の解禁が6月1日」になります。

経団連の榊原定征会長は12日の記者会見で、2017年(入社時期は18年春)の就職活動日程について、企業説明会の解禁日を3月、採用面接の解禁日を6月と今年と同じとする方針を正式表明した。(出展 日経新聞)

外資・ベンチャー企業は3月1日よりも前にエントリー可能

ただし、これはあくまで「経団連の倫理憲章」で定めたルールなので、経団連に参加していない外資系企業・ベンチャー企業の選考は、3月1日よりも前に開始されています。外資・ベンチャー企業を受けている学生は、3月1日よりも前に内定を持っているのが普通です。選考が早い企業を調べるには、以下の記事が便利です。

⇒選考が早い企業リストはこちら

2018卒の就活スケジュールで重要なポイント3つ

pct_01

次に、2018卒の就活スケジュールで失敗しないためのポイントを解説してきます。

人気企業のエントリーシート締切日は、3月下旬〜4月中旬

「3月1日エントリー開始か、なら、そこからボチボチ考えるかな」と考えていませんか?それでは、大手企業エントリーシート締切日のピークを逃してしまう可能性があります。

2017卒では、大手企業のエントリーシート締切日は「3月下旬〜4月中旬」に集中していました。ゴールデンウィーク前には、ほとんどの大手企業がエントリーシート提出を締め切っていたのです。2018卒も同様のスケジュールになる可能性が高いです。

そのため、「3月1日からボチボチ考えておくかな」では少し遅すぎます。3月下旬から始まるエントリーシート提出に間に合うように、3月前には選考に参加したい企業を決めておきましょう。

筆記試験は4月下旬から始まる

面接の解禁は6月1日からとなっていますが、面接によぶ学生を絞り込むための筆記試験はそれよりも前に行われます。ピークは4月下旬〜5月中旬です。

筆記試験で落とされれば面接には参加できないので、万全の対策をしておきましょう。特に、出題する企業の多い「SPI3」「玉手箱」の対策は必須です。SPIノートの会という会社が出している問題週がわかりやすいので、必ずその問題集をといておきましょう。

4月下旬から始まる筆記試験にそなえて、3月中には筆記試験対策を終わらせておきましょう。

6月より前に始まる、大手企業の「非公式面接」にそなえよう

公式の面接解禁日は「6月1日」ですが、「リクルーターと話す」という形をとって、解禁日前に非公式で面接をしている企業が数多くあります。リクルーター面接に合格すると「6月1日に会社に来て下さい。その時に内定を出します」と内々定の約束を出すのです。

だから、解禁日は6月1日ですが、それよりも前に面接選考が始まっているのですね。良い学生を他にとられないために、囲い込みに必死なのです。

「面接解禁は6月1日だ」と安心していると、非公式面接でしくじって、6月1日以降お呼びがかからないということになりかねません。出来るだけ早めに面接の練習を重ねたいところです。

外資・ベンチャー企業の選考に参加して、「面接慣れ」を手に入れよう

前述したように、ベンチャー企業や外資系企業は、大手企業よりも早く選考を開始しています。これらの企業の選考を受け、「面接に慣れ」ておきましょう。

外資就活の情報を探すなら、「外資就活.com」ベンチャー企業の情報を探すなら「Goodfind」が便意です。

とにかく早め、早めに行動しよう

2018卒の就活は早め早めに行動した方が有利になります。解禁は6月1日ですが、大手企業もインターン経由で「実質的な内定」を出している企業が数多くあるからです。(東京海上日動、野村総研、電通、博報堂など…)

インターンの面接や、選考の早い企業の面接を経験しておけば、6月1日以降の面接で有利になるのは言うまでもありません。

学業・部活で忙しい人は別として、できるだけ早く就活を始めましょう。早く行動すればするほど有利になります。ナビサイト解禁は3月1日ですが、インターンの参加はそれよりも前に出来ますし、外資・ベンチャーへの応募も出来ます。可能な限り早く就活をはじめ、ライバルに差をつけて下さい。

人気企業100社の内定者ESが無料で読める!就活生が読むべき神ES回答集

4月も後半になり、いよいよエントリーシート提出の時期。でも、「このESで本当に大丈夫かな…」と悩んでいませんか?

ESの書き方がわからない時は、内定者のESを参考にすれば良いのです。

就活サイト「キャリアパーク」では、「人気企業100社の内定者ES」が今だけ無料でダウンロードできます。金融、メーカー、商社、コンサル…主要な人気企業の内定者ESが網羅されているので、参考になるESがきっと見つかります。

内定者のESを参考にして、書類選考を突破しましょう。

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
無料で人気企業100社の内定者ESが読める!18卒就活生が読むべき神ES回答集

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。