社会人なら押さえておきたい!メールで恥をかかない敬語

icathc_keigo_2-580x333

ビジネスパーソンなら毎日使う、敬語。でも、本当に正しい敬語が使えていると言い切れますか?

社会人経験の長い方でも、間違った敬語を使っている人は少なくありません。そして、メールで敬語を間違うと、ミスが永遠に残り恥をかいてしまいます。

そこで、間違いやすい敬語と、その改善方法をご紹介します。社会人と、これから敬語を使うことになる就活生も、恥をかかない正しい敬語をマスターしましょう。

実は失礼!?間違いやすい使い方

何気なく使っている表現には、実は少し失礼にあたるものがあることを知っていますか?敬意のこめられていない表現をやめ、正しい敬語を使いましょう。

以下のような間違いに気をつけてください。

△了解しました→◯承知しました

「了解」は敬意のないフランクな表現です。同僚相手に使うのは構いませんが、目上の人にはふさわしくありません。「承知しました」を使いましょう。

✕ご苦労様です→◯お疲れ様です

「ご苦労」は目上の人が目下の人に使う言葉で、失礼にあたります。相手をいたわった「お疲れ様です」を使いましょう。

△特に問題ありません→◯そのまま進めていただけたらと思います
「問題ありません」はこちらの立場が上のような印象を与えてしまいます。相手に敬意を示している「そのまま進めていただけたらと思います」を使いましょう。

より丁寧な表現を使って、相手をたてる

普段使う言葉より丁寧な表現を使い、相手に敬意をしめしましょう。丁寧な言葉が使えれば、相手からも良い印象を得られます。

△確認しました→◯拝見しました

「確認しました」より「拝見しました」のほうがより丁寧な表現です。「拝見しました」を使いましょう。

△~してください→◯~して頂けると幸いです

~してくださいは少し命令口調を感じさせてしまいます。「~して頂けると幸いです」を使い、相手を気遣いましょう。

△確認をお願いします。→◯ご査収ください。
目上の人には、「ご査収」のほうがより丁寧な表現です。

二重敬語に注意をする

二重敬語は天皇のような御方に使う、最大級の敬語表現です。ビジネスで使うものではありません。二重敬語に気をつけてください。

謙譲語の混在

下のように、謙譲語を2回重ねるのは誤りです。

✕うかがわせていただきます→◯うかがいます

「うかがう」は謙譲語ですので、「いただきます」の謙譲語をつけると、二重敬語になります。「うかがいます」が正しい使い方です。謙譲語の二重使いに注意してください。

尊敬語の混在

尊敬語と尊敬の助動詞を重ねるのも間違いです。注意してください

✕社長がおっしゃられています→◯社長がおっしゃっています

「おっしゃる」だけで尊敬語なので、尊敬の「られる」をつけると、二重敬語になります。

✕課長がお話しになられる→◯課長がお話しになる

「お〜なる」だけで尊敬表現なので、尊敬をあらわす「られる」は不要です。

敬称の混在

それ自体で尊敬の意味がある単語に敬称をつけると、二重敬語になります。

✕部長様→◯部長
「部長」「社長」のような役職名はそれだけで敬称なので、「様」と重ねるの正しくありません。
✕ご担当者様各位→◯担当者各位

「各位」は大勢の人へ敬意を表する敬称です。したがって、「ご〜」「様」のような敬称とあわせるのは誤りです。

言いづらい言葉をソフトに伝える

何かお願いをするとき

△お願いします→◯ご多忙のところ恐縮ですが、よろしくお願い致します。

「ご多忙のところ恐縮ですが、」の枕詞をつけて相手の忙しさを気遣うと、より丁寧な印象を与えられます。

誘いを断るとき

△申し訳ありませんが、参加できません。→◯お気持ち、ありがとうございます。ただ、あいにくですが、その日は都合がつきません。

ただ要件だけを述べて断ると、冷たい印象を与えてしまいます。まずは謝意を示してから、丁寧に断りましょう。

催促をするとき

✕いまだに連絡をいただけておりません→◯ご多忙のところ、大変申し訳ございません。□□の件、いかがでしょうか?

「連絡がない」という事実を直接ぶつけると、相手に嫌な気持ちを与えるかもしれません。「ご多忙のところ〜」と相手をきづかい、「〜の件、いかがでしょうか?」と要件をソフトに伝えましょう。

敬語は面倒ですが、一度使えるようになれば一生ものです。敬語程度が使えないことで相手からの悪印象をかっても仕方がありません。人生のできるだけ早い内に、敬語をマスターしておきましょう。

敬語表現については、この本が良くできています。良い例と悪い例を交互にとりあげて解説しているので、何がどうダメなのかが手に取るようにわかります。

敬語力の基本
敬語力の基本
posted with amazlet at 12.09.06
梶原 しげる
日本実業出版社
売り上げランキング: 176757
 
リクナビだけでは駄目!大手企業から選考のオファーが届く神ツール

リクナビだけの登録で満足していませんか?実は、リクナビよりも効率的に大手企業の内定に近づける就活ツールがあるのです。

プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」優良企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
リクナビだけでは駄目!大手企業から選考のオファーが届く神ツール

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。