就活をやめたい、逃げたい…不安を解消する5つの方法

imasia_10129899_S

就活が上手くいかない、内定が決まらないと、どうしても「もう就活をやめたい、逃げたい」と不安な気持ちに囚われてしまいますよね。

すると、何かをする気力が無くなり、就活を続けられなくなるなってしまいます。そこで、就活で生まれる「やめたい、逃げたい」という気持ちへの対処法をご紹介します!

1.マイナスのレッテル貼りをやめる

就活で「もうやめたい、逃げたい」と不安になるのは、何社にもお祈りされて「自分なんてどこの会社でも採用してくれない」と、自分自身に負のレッテルを貼ってしまうから。

「数社の面接で落ちる=自分はダメだ」は結論を飛躍しすぎ

しかし、世の中の何万の会社の中の、数社にお祈りされたからといって「自分が社会に通用しない」と考えるのは、結論をマイナスに飛躍しすぎです。何社からも落とされたうえ、有名企業に内定した・・なんて話はいくらでもあります。

今上手くいかないのは、偶然、自分を選ぶ会社に出会っていないだけ。これが正しい事態の捉え方です。数社にお祈りされたからといって、「自分はダメだ。どこに行ってもダメだ」とレッテルを貼るのはやめましょう。

面接はあまりアテにならない採用方法

でも、面接で失敗すると、「面接に落ちるなんて、自分は社会に通用しないんだろうか…」と落ち込んでしまいますよね。しかし、落ち込む必要はありません。といのも、面接は「アテにならない採用方法」だかです。

たとえば、海外の調査によれば、

  • 仕事のサンプル、職務知識のテスト、同僚による過去の仕事ぶりへの評価に比べると、面接は最も仕事の能力を予測することに向いていない
  • 医学部の面接試験の上位100人と、下位100人では、入学後の成績も、研修医としてくだされた評価(患者への対応等の社交的能力含む)で全く差がなかった
  • 簡単な知能テストのほうが、面接よりも応募者の仕事での能力を予測するのに向いている

このようなことがわかっています。つまり、面接は「筆記テストで上から選ぶ方がマシ」程度の採用方法なのですね。

このような試験に落ちたとしても「自分がダメだ」と思うのは、考え過ぎです。面接に落ちたからといって、「自分は社会人失格だ」と負のレッテルを貼るのは100害あって一利もありません。

2.自分を責めすぎない

就活が上手くいかないと、「自分がダメだから内定を貰えないんだ」と、自分を責める思考になってしまう学生が多いです。自分を追い詰めるから、「逃げたい、やめたい」と不安が襲ってくる。

不合格は、「縁がなかっただけ」

不合格は、たんに「志望企業と自分の縁がなかった、相性が悪かった」だけです。ある業種では全く内定が出なかったけれど、別の業種を受けたらすぐに内定が出た!、という話はよくあります。

だから、一部の会社からお祈りをされたからといって、「自分が悪いんだ」とあまり自分を責めすぎないようにしましょう。

努力して変えられるものを変えよう

自分が悪い、と自分を責めるより、「今から努力して変えられるもの」のために努力しましょう。たとえば、自己PRを練りなおしたり、志望動機を練ったり…このような前向きな努力をしていくと、「自分はダメだ」という思い込みから逃れられます。

3.マイナス思考の堂々めぐりをやめる

就活が上手くいかないと、何を考えても「どうしよう、このままじゃダメだ」というマイナスの気持ちが頭の中をグルグル回り続けることがありますよね。

認知心理学では、このマイナス思考がぐるぐる周る状態を「反芻」とよび、うつの原因としています。

紙に書き出すだけで、就活の不安は薄らぐ

「マイナス思考のグルグル」を防ぐには、頭の中だけで考えないこと。思考がまとまらず、ずっとマイナスのことばかりを考えてしまいます。不安なことがあったら、紙に書き出しましょう。紙に書き出すと、その過程で思考が整理されるので、マイナス思考の反芻が止まります。

紙に不安を書きだしただけで、リストラの不安がなくなった

「Writing cure」という論文で紹介されている実験では、リストラされた人に、毎夜数分間「今、どんな気持ちか」「これからどうしたいか」等、今の気持ちを書いてもらいました。

すると、数週間後に、彼らの自信や健康度まで回復し、明るい気持ちになっていたのです。

別の論文では、紙に悩みを書き出す方が、プロのカウンセラーに相談するよりも、悩みが晴れたという結果も紹介されています。

就活で「もう逃げたい、やめたい」という気持ちになったら、その辛い気持ちを毎日紙に書き出しましょう。プロカウンセラーに相談する以上の高い効果が得られます。

4.就活一本の生活をやめる

就活生には、土日にもエントリシートを書き、就活セミナーに参加しているような学生がたくさんいます。

しかし、リフレッシュする時間がないと、毎日就活のことを考えなければならなくなり、行き詰まり「やめたい、逃げたい」という気持ちになっていきます。

週1日は就活を完全に忘れる日をつくること

最低でも週1日、出来れば週2日は、「就活のことは一切しない」日をつくってください。その日は、友達と出かけてもいいし、一人さまの趣味をしてもいい。とにかく就活は忘れて楽しむ。すると、月曜日からまた頑張れるようになります。

休養が無くなると、気持ちを緩める時間がなくなり、やる気が燃え尽きてしまいます。

5.自分ができる範囲で就活を続ける

「就活をやめたい、逃げたい…」と思いや悩んでいる時に、無理に就活を続けても良い結果は期待できません。ただでさえ調子が出ないのに、いくつも企業を受けては、一つ一つの面接対策、企業研究もままならなくなってしまうからです。

しかし、「就活をやめてはいけません」当たり前ですが、やめては就職ができないからです。最悪、就職留年するという手もありますが、それは最後の手段です。自分ができるペースで良いので、就職活動を続けてください。

1月でも間に合う!大手グループ会社の内定が狙える神イベント

Bi main 0807

ただ、就活を頑張ろうにも、1月にもなると、ほとんどの企業がナビサイトでエントリーを締め切ってしまうので、良い条件の求人が見つからず、困ってしまいますよね。

そんな時は、就活サイトのキャリアパークの『大手グループ会社の内定を狙える採用イベント』を活用してみましょう。

このイベントでは、冬採用から内定を狙う就活生のために、三井住友グループの会社、ソニーグループの会社、総合商社のグループ会社などを含む、様々な優良企業を紹介してもらえます。

紹介された企業の中に気に入った企業があれば、エントリーし、選考が受けられます。さらに、プロのキャリアアドバイザーから、受ける企業の傾向にあわせた面接対策までしてもらい、内定可能性をアップできます。

1月にもなると、良い求人が少なくなり、どうしても妥協せざるを得なくなりますよね。でも、このイベントを活用すれば、1月からでも納得のいく内定を狙えるのです。

このイベントに参加し、大手グループ会社の内定を勝ち取り、納得のいく形で就活を終わらせましょう。

『大手グループ会社の内定が狙える採用イベント』の詳細はこちら