すぐに効く!就活の「つらい」を軽くするたった一つの方法

imasia_8023514_S

就活で志望企業から何度もお祈りをされると、「つらい、もうダメだ」「自分は社会に求められていないんじゃないか」と不安な気持ちになり、落ち込んでしまいますよね。

つらい気持ちでいっぱいになると、就活を続ける気力がなくなってしまうことがあります。

そこで、この「つらい」気持ちを生む原因とその対処法について、ご紹介します。

就活でつらいと落ち込む人、落ち込まない人の違いは何か?

就活で志望企業から不採用になっても、ピンピンしている人と、落ち込んでしまう人がいます。

起こっている事態は「不採用」と同じなのに、なぜ落ち込む人と落ち込まない人がいるのか。その違いを見ていけば、「つらい」気持ちを生み出している正体がわかります。

つらい気持ちを生み出しているものの正体

就活で落とされても落ち込まない人は、落とされても「ご縁がなかった。しょうがない」と考える傾向があります。縁がなかったのだから、別の企業を頑張ればいい、と気持ちを切り替えられる

一方で、落ち込んでしまう人は、不採用になると、「自分がダメだからだ」と自分を責めてしまう。自分を責めるから「こんな自分を採用してくれる企業なんてあるのだろうか…」と不安になってしまうのですね。

二人の間では、何が違うのか?二人の間では「事態の解釈の仕方」が違うのです。事態の捉え方の違いが、つらい気持ちを生み出すか否かに関わっているのです。

就活の「つらい」を生み出しているのは、あなたの解釈

上で紹介した二つのパターンをわかりやすく図解しました。

就活の図
二人に起こっているのは「不採用」という同じ事実。

しかし、二人の間では、事実の解釈法が違います。片方は「縁がなかった」と中立的にに事態をとらえているのに対して、落ち込んでしまう方は、「自分が悪かった」と事実をマイナスに解釈してしまっているのです。

事態の捉え方・解釈が、あなたの気持ちを決める

このように、事実への捉え方・解釈の違いが、その後の気持ちに影響しているんのです。

「縁がなかった」のなら、別の企業の面接を頑張ればいい。すぐに気持ちを切り替えられますから、つらい気持ちになりません。

一方で、「自分がダメだから落とされた」とマイナスの解釈を選んでいる方は、「自分が悪い
といつまでも自分を責めるので、つらい気持ちから離れられません。

つまり、つらい気持ちを生み出しているのは、あなたの事態への解釈がとても大きのです。

では、どうすればつらい気持ちを軽くできるのか。

36の質問に答えてパーソナリティータイプを診断しよう

自己分析をいざ始めようと思っても、何を参考にすればいいのかや準備するものは何かなどが気になって、すぐに行動に移せないことが多いです。今すぐできたら、その時間が省けますよね。そこでおすすめなのが「自己分析マニュアル」です。

このマニュアルを使えば、質問に答えるだけで自分のパーソナリティタイプが診断できます。技術者タイプやクリエータータイプ、実務家タイプなどがありますが、あなたはどのタイプでしょうか?無料でダウンロードできるため、すでに自己分析が終わっているけどさらに深めたいという就活生にもおすすめです。

中立的な解釈、自分を励ます解釈をすれば、つらい気持ちは軽くなる

それは、マイナスの解釈をやめて、事態をニュートラルに解釈するようにすればいいのです。

イメージをわかりやすく図解してみました。

就活解釈
上の解釈「自分は駄目だ」では、「このままではどこも採ってくれない」と自分を責めることになり、落ち込むばかりです。これは、事実をマイナスに捻じ曲げて解釈しています。

一方で、下の解釈は「この企業の、この面接官は自分を採用したいと思わなかった」と事態を中立的にとらえています。これなら、自分を責めることにはなりません。次の面接に向けて健全な努力ができるようになるでしょう。

あるいは、少し難しいかもしれませんが、「この企業は残念だったけど、他の企業で働く未来が開けた」と事実が示すポジティブな側面に着目して、事実を解釈する方法もあるでしょう。

就活がつらいのは、自分を責める解釈を選んでしまっているから

就活でつらい気持ちになるのは、落とされた時に、「自分はダメだ」「どこも自分を採用してくれない」「自分はコミュニケーションがダメだ」と、自分を責めるマイナスの解釈をとってしまうから。

「縁がなかった」「この企業の、この面接官にはあわなかった」と事態を中立的にとらえれば、就活の不採用やお祈りメールに凹まなくなります。

マイナス解釈を選ぶか、中立の解釈を選ぶかは、あなたの自由です。どうせなら自分を励ます解釈を選び、つらい気持ちを軽くしましょう。
自己分析の第一歩!50万人が使った適職診断テスト「AnalyzeU+」
SPI_LPheader

インターンをする前に、自分自身を把握してみませんか? 自己分析は就職活動にもつながるので、先に進めておくと就活本番になった際に慌てずにすみます。

パッと自己分析を終えたい時に使えるのが、使えるのが適職診断テスト「AnalyzeU+」です。

「AnalyzeU+」は、251問もの設問に答えていく本格的な適職診断テストです。設問に回答をすると、経産省の定めた「社会人基礎能力」のうち、あなたがどの面に秀でていて、どの面に弱点があるのかを教えてくれます。

これは、私がテストした時の診断結果です。この通り、かなり詳しく教えてくれます。

偏差値形式で表示してくれるので、「自分の強みは何なのか?」「向いている仕事は何なのか?」「どんな弱点があるのか?」「向いていない仕事は何か?」が一発でわかります。自分の向き・不向きがわかるので、自己分析で適職について考える時にとても役立ちます

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への無料会員登録が必要です。OfferBoxは、プロフィールを登録しておくだけで、あなたのプロフィールに関心を持った人事から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録して損はありません。

AnalyzeU+で診断するついでに、プロフィールを詳しく入力しておくと、有名企業からの選考のオファーまで届くようになります。

「AnalyzeU+」を活用して、最速で自己分析を終わらせましょう。

今すぐ登録してみる(無料)

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
プロフィールを登録するだけ!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
平均点は80点!あなたの就活力知りたくありませんか?

20の質問であなたの就活力を診断!【就活力診断】

SPI 3
【無料】SPIパーフェクト問題集&模試

就活で必須のSPI。対策は進んでいますか?買うと地味に高いSPI問題集が無料で手に入るチャンスです!!

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。