14日間でTOEICの点数を605から810に伸ばした私の戦略

icatch-toeic

就職や転職、昇進でTOEICの点数が必要になることが増えてきました。しかし、英語が必要な環境でもないのに、自主的に英語学習を続けるのは困難です。みんな英語をマスターできないからこそ、毎年毎年「英語学習法」がベストセラーになるのですね。

そこで、「最小の努力でラクをしてTOEICの点数を伸ばしたい」という方に、私が外資系の会社に就職するために14日間でTOEICの点数を605→810まで伸ばした方法をご紹介します。

「大学受験はそこそこ真面目に英語を頑張ったが、それ以降全く勉強できていない…」という方が短期間でTOEICの点数を飛躍的に伸ばす方法を教えます。

TOEIC対策に特化する

「英字新聞を読む」「ペーパーバックを100万字読む」という方法をオススメする人がいますが、やめましょう。理由は、結局続かないからです。(経験者談)「ペーパーバックをひたすら読み込む」というような目標と直接結びつかない遠回りな努力を続けられたら苦労はしないのです。

ドラッカーは言いました。「ゴールから考え、計画せよ」と 。目標は「ひとまず高得点をとる」ことですから、それに特化させた方法、計画を練るべきです。

超短期間で点数を伸ばすためには、「TOEIC対策に関係のない努力は捨てさる」ことです。たとえば、英字新聞を読むための努力をやめ、TOEICのリーディングを攻略する努力をするのです。では、具体的にはどうするか。

無料でSPIの対策をしよう

SPIを対策するには、多くの問題を解くことが効果的です。そこでおすすめなのが「SPI模試&問題集」です。

模試には、言語と非言語の問題が100問収録されています。今なら100問解ける問題集もついてくるので、合計200問の例題を解くことが可能です。詳しい解説つきなので、問題が解けなかったという人も力をつけることができるでしょう。分からなかった問題をそのままにせず、解説を読んで意味や解き方を理解することが大切です。無料でダウンロードできるので、腕試しがしたいという就活生にもおすすめです。

テスト形式を理解する

実は、そこそこの大学をパスするだけの英語力があれば、TOEICで700点以上をとるのは簡単です。大学受験で得る、語彙力や文法力は馬鹿にできないのです。

では、なぜ出来ないのかそれは、TOEICの問題形式に、大学で得た知識を適応させられていないからです。対応できるようになれば、点数はすぐに伸びます。

大学受験の知識を、TOEIC用にアップデートするのに最適なのが、この本です。

TOEIC Test 「正解」が見える【増補改訂第2版】
キム デギュン
講談社インターナショナル
売り上げランキング: 2044

韓国のTOEICカリスマ講師が書いた本書は、TOEICで成果を出すために、必要なリスニング・リーディングの知識をコンパクトに丁寧に押してくれます。

TOEICの問題形式の解説・攻略法が非常に的を射ているので、TOEIC初心者はこの本をひと通りこなすだけでも、50点以上の点数アップが期待できます。まずは、この本で「TOEICテストの形式」に、知識を適応させましょう。

imasia_15025085_S-1

文法対策する

大学受験でそこそこの努力をしていれば、相当の語彙力や文法力がついています。だから、TOEICの問題形式になれれば、かなりの人が高い成績を出すことができるはずです。

この本は、的確な解説で、TOEICの問題形式に私たちの知識をアップデートしてくれます。何周かまわせば、Part5,Part6でミスをする回数が格段に減ります。


リスニングに対応する

TOEIC初心者がもっとも悩むのがリスニングの問題です。訛り英語まで出題されるのですから、たまったものではありません。
しかし、よく聞けばほとんどの問題は、大学受験で学んだ知識で処理できるものです。

TOEICテスト公式プラクティス リスニング編
Educational Testing Service
国際ビジネスコミュニケーション協会
売り上げランキング: 810

TOEICの公式問題集であるこの本は、当たり前ですが本番と非常に近い問題ばかりが出題されています。さらに、「注目すべきボキャブラリー」や「攻略の勘所」を問題作成者側が教えてくれているのです。リスニング対策にはこの本を何周も回しておけば、間違いないです。

一度で終わらせずに何度も聴きこめば、最短の努力でリスニング力の底上げが図れるでしょう。

問題形式に対応する

新TOEICテスト 直前の技術—スコアが上がりやすい順に学ぶ
ロバート ヒルキ ポール ワーデン ヒロ前田
アルク
売り上げランキング: 332

この本だけは試してみて欲しい。なぜなら、この本以上に「TOEICの点数をあげる」ことに特化した本はないからです。TOEIC400〜700の人は、軽くこなすだけで100点アップ以上の効果があります。しかも、すぐ終わる。ヘタをすれば、この本一冊でも足ります。

具体的にどう良いのか。この本は、「選択肢の先読みをすれば、リスニング内容を予測できる」「点数をあげる時間配分」など、点数を伸ばすことに特化した実践的な技術が満載だからです。だから、最小の努力で大きな成果を出すことができます。

『頑張りたくない。でも、いい成績が欲しい」というろくでもない欲求をかなえてくれる素晴らしい本です。

解き慣れをつくる

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.4〉
Educational Testing Service
国際ビジネスコミュニケーション協会
売り上げランキング: 244

TOEICを多少なりとも受ける気があるなら、この本だけは買って何周もしましょう。TOEICの出題者が作成した本書は「最も精巧な模擬試験であり、最も効果的な参考書」だからです。さらに、この本は5つある公式問題集の中でも、最も良問が多い本です。

TOEICをはじめて受けると、問題量の多さや要求されるスピードに戸惑い、思うような結果が出せない人がほとんどです。本番そのものであるこの問題集を解いておけば、「本番慣れ」ができ、最高の結果を出せるようになります。絶対に損はしない最高の問題集です。事前にやっておくだけで大分変わります。

まとめ

この記事の内容は「TOEICで点数を伸ばす」ために特化した内容です。たしかに、英字新聞を読み、洋書をコツコツ読み、英語の音源を聞き、シャドーイングをした方が、『本当の英語力』は手に入るかもしれません。

しかし、明確な目標と結びつかない努力をシコシコ続けられる人は、私を含めて多くはありません。そして、そんな努力ができる人はもう既に英語をマスターしていて、このエントリーを読んでいないはずです。

私自身、そんな『正攻法』を何度も試し、何度も挫折した結果、この方法にたどり着きました。「英語を頑張りたい」と思っても結局続かなかった方は、ぜひこの方法を試して頂ければと思います。

就活スタート!まずはエージェントに相談

キャリアチケット

わからないまま就活をすすめるよりも、最初にプロに相談して就活のコツを身に着けたほうがより効率的に内定に近付くことができます。

プロに相談するなら、無料で相談にのってくれるエージェントの利用をおすすめします。

中でもキャリアチケットは最短1週間でスピード内定がもらえるから、就活初期にまず1社目の内定が欲しい、という方にピッタリです。

就活の有利な進め方をきいて、まずは1社内定をもらおう!

キャリアチケット|5つの特徴

  1. 最短1週間でスピード内定
  2. 多数の企業人事とつながりがあるため、特別推薦枠も多数
  3. 個人個人に合わせてオリジナルの就活支援サービスを提供
  4. あなたに合った企業をエントリーすることなく自動的に紹介
  5. 専任のサポーターがマンツーマンであなたの就活を全力でサポート

サクッと1分で登録する!

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
最終選考からスタート!一発内定を狙える

ES,面接をスキップし、最終選考からスタート!最短即日内定の可能性もあります。ぐるなびやエイベックスなどの一流企業が続々参加!【Meetscompany】

imasia_12756285_S2
最短4時間当日内定を狙える

ソニー、博報堂、ソフトバンクなどの大手グループ企業が参加するイベント!ESや面接不要で当日の内定の可能性もあります!【ジョブコミット】

imasia_14141661_S-2 3
いまからでも間に合う!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。