就活の始め方|押さえておくべきスケジュールから選考対策まで

就活解禁になり、周りは動いているけれど、「就活って何から始めればいいの?」と分からずに戸惑っていませんか?

そこで、就活の始め方が分からない就活生のために、就活のスケジュールから選考対策として何をすればいいのかなどご紹介します。

把握しておくべき21卒就活のスケジュール


2021年卒の就活スケジュールは、政府は現状維持の方針を打ち出しています。
つまり、2020年卒と変わらず、3月から採用情報・説明会・エントリーを解禁し、6月から面接解禁です。

経団連は2018年時点の会見では21年春入社の就活から、就活のスケジュールにおいてのルールを撤廃すると言っていましたが、その後意見を変え、21卒の就活スケジュールは上記の従来通りとなっています。

しかし、経団連に加盟しない企業は就活スケジュールに則っているわけではありません。

解禁後すぐに内定が出ている人も

就職みらい研究所は、2020年卒の4月1日時点の内定率は21.5%という結果を発表しており、4月10日時点ではさらに増えて30.7%の人が内定が出ていると伝えています。

「できるだけ早い時期に自社の求める学生を採用したい」と企業が考えるために、3年時の夏のインターシップで積極的に採用活動を行い、内々定を出す企業が増えています。
これらから、今後も更なるスケジュールの前倒しが行われることが予測されます。

そのため、スケジュールは参考程度にして、できるだけ早期に情報収集をし、早めに就活準備に取り組むようにしたほうがよいでしょう。

就活の始め方1.必需品の確認


就活を始めるにあたり「まず何から手をつけたらよいのかわからない」という場合もあるでしょう。何から始めたらよいのか悩んだら、まずは就活に必要なアイテムの準備から始めてみましょう。
・スーツとシャツまたはブラウス
・靴
・カバン
・筆記用具とメモ帳
・腕時計
・印鑑
・携帯電話
・証明写真
・履歴書
これだけ揃えれば、就活をスタートするにあたり心配いりません。

そのほかには、履歴書をパソコンで作成したい場合、できれば自分で持っていたほうがよいですが、高額な物であるため、予算的に難しい場合もあるでしょう。
大学で利用できたり、友達から借りることができるのであれば、なくても問題はありません。
imasia_15025085_S-1

就活の始め方2.リクナビ・マイナビに登録

imasia_15033113_S
就活を始めるには、ナビサイトの登録から始めましょう。ナビサイトで企業にプレエントリーをしておくと、説明会やエントリー締切の情報が通知されるようになります。

逆にいえば、ナビサイトでプレエントリーをしていないと、説明会やES締切の情報を見逃し、選考が受けられなくないリスクもあるのです。

最低でも、リクナビマイナビの2つには登録しておきましょう。この2つに登録しておけば、ほとんどの主要企業は網羅できます。

プレエントリーだけでも済ませておく

ナビサイトに登録すると、ワンクリックで「プレエントリー」ができるようになります。プレエントリーをしておくと、説明会の開催やエントリーシートの提出などの連絡事項があったときに、通知されるようになります。

プレエントリーをしていないと、大事な志望企業の選考情報を見逃すことにもなりかねません。
少しでも気になる企業にはプレエントリーをしておきましょう。

就活の始め方3.自己分析で就活の軸や長所・短所を見つける

就活を始め、業界研究や企業研究をするにあたり、自分についてよく知っておく必要があります。

自分を知るうえでの方法が自己分析です。

自分の長所や短所、興味の対象や今までしてきたことなどから、自分なりの就活の軸を作ります。自分の得意分野や趣味を洗い出し、性格や専門からどんな仕事が向いているかを探ります。

自分の特性を知りおおよその方向性を見つけることは、業種・職種の選択、自己PRなどの準備につながるため、自己分析の作業は就活において非常に重要なプロセスです。

就活の軸はマニュアルを参考に作成できる

就活を成功させるには、確固たる「軸」を見つけておく必要があります。軸を持たずに就活をしても、納得のいくキャリアに出会えることは少ないからです。

ただ、軸をを見つけるのは簡単ではないですよね。そんな時は、「「就活の軸」発見ツール

を活用してみましょう。

就活の軸発見ツールを使えば、簡単なガイドに基づき、自分の「できること」「やりたいこと」を整理していくだけで、面接官も納得する「軸」が見つかります。

就活の軸発見ツールを使い、あなただけの就活の軸を見つけましょう

就活の始め方4.多くの企業説明会に参加する

imasia_12931101_S
パソコンの情報だけでは見えてこないものが沢山あります。たとえば、会社の雰囲気や、どんな人が働いているのか…など。最初は興味がなくても、説明会で話を聞くと、自分のやりたいことに近いと気づいたり、一緒に働きたいと思える社員に出会えたりする場合があります。

様々な業界・企業の説明会に趣き、話を聞いていけば、「どんな仕事が向いていそうか?」「どんな仕事は向いていなそうか?」が段々と見えてきます。

様々な会社を見ておけば、志望企業の面接の時に「なぜこの会社でなければならないのか?」が説明しやすくもなるでしょう。反対に言えば、少ない企業の説明会にしか参加していないと、視野が狭い状態のまま就活をすることになってしまいます。

やりたいことが見つかっていない場合、多くの企業の説明会に参加してみることをおすすめします。

興味のある業界や企業の分析をする

自己分析でおおよその方向性が決まれば、次に、興味を持った業界や企業を知るために企業研究をします。

自分がどんな仕事をしてみたいか、どうしてもやりたいことが見つからない場合は、「どんな仕事は絶対にやりたくないか」と、消去法からでも構いません。

専門分野、資格、特性などから、客観的に導き出すだけでなく、働いてみたい業界、目指している企業などがあれば、業界・企業・職種研究をすることにより、向き・不向きを知ることもできます。

就活の始め方5.ESや履歴書を記載し添削してもらう

自己分析と業界・企業分析が終わり、自分の軸が定まり、しっかりとした就活の方向性が見えてきたら、いよいよ履歴書やエントリーの作成です。

もちろん一人で書くだけで提出しても良いのですが、初めての就活だと不安があるものです。「本当にこれでいいの?」と自信がないときは、第三者に添削してもらいましょう。

就活の相談や提出書類の添削をしてくれる方法として、大学のキャリア支援係や、民間企業の新卒エージェントサービス、公共職業紹介所などがあります。

履歴書やエントリーシートを客観的に見てもらえるため、構成による読みやすさや、内容の伝わりやすさなどを指摘してもらうことができます。

エージェントや就職課で添削してくれる

就職エージェントとは、自分の経歴や希望を伝えることで、自分の希望にあった企業を数社か見繕い、紹介してくれるサービスです。

これまでは、新卒の場合自力で就活し、エージェントは転職の際に使用するケースが多かったです。

しかし、現在では新卒のエージェントサービスに参入する企業もでてきています。
エージェントの利用により、自分の向いている企業を探す時間や、一人で志望動機の修正を繰り返す時間が省けます。

就活を始めたばかりの人だけでなく、なかなか選考を通過しない学生におすすめのサービスです。

就活の始め方6.筆記・面接対策

就活をするにあたり、筆記試験や面接の対策は必須です。志望動機や自己PRを準備して、説得力のあるアピールをしなければ、まわりと差がつけられず埋もれてしまいます。

準備がきちんとできていれば自身につながり、堂々と落ち着いて面接が受けられるでしょう。また、模擬面接で面接慣れしておくことも有効です。

筆記試験は、簡単な問題が多いものですが、時間内にどれだけ正確に数多くこなせるかがポイントです。試験対策がきちんとできていないと、あわててしまい、結果としてスコアが振るわず落とされることになってしまいます。

面接も筆記試験も、どちらも対策をすることにより、気持ちに余裕ができることも大切なので、きちんと準備しておくことが、内定へ近道となるでしょう。

筆記対策は企業の傾向を調べ早めに始める

筆記試験には、様々なタイプがあり、各企業は欲しい人材を選出できるよう、それぞれの目的に合わせた試験を実施します。

筆記試験の場合、SPIや玉手箱などの適性検査を使用する企業もあれば、企業が独自で作成する一般常識問題を使用する場合もあります。

企業によって異なる試験は、専門の参考書の購入や、企業の業種から時事問題の把握においても対策しておきましょう。

【23卒におすすめ】すでに70,000人が活用してる自己分析ツール!

kimisuka

キミスカは性格・意欲・思考力など、仕事に関する適性を測定するために開発された、高精度自己分析ツールです。 150問の質問に5択で答えるだけで、あなたの強み・職務適性が客観的に分かります!

通常の就職活動では、「学生が自分で志望する企業を探す」という性質上、調べることが出来る企業の数には限界があります。 それに対して、逆求人型の就職活動サイト『キミスカ』では、学生が知らない会社との出会いが生まれます。

あなたがチェックし漏れていた優良企業からスカウトが来るチャンスがあるのです。

キミスカのおすすめポイント3つ

  1. 有名・人気企業からスカウトが届くチャンス
  2. 5択の質問に答えるだけで自己分析ができる
  3. 一次・二次パスでいきなり最終選考も!?

キミスカなら、逆オファー型のサービスだから 手間いらずで人気企業からスカウトが届く!

\ まずは無料診断してみませんか? /

今すぐ診断する(無料)