簡単!地方銀行の志望動機の書き方の3つの秘訣【例文あり】

imasia_14213983_S

地銀の志望動機の書き方がわからず、困っていませんか?金融業への志望動機はかけても、地方銀行のための志望動機がかけずに苦戦する人も多いかと思います。

でも、大丈夫。少しのポイントを押さえれば、簡単に説得力のある地方銀行の志望動機が書けるようになります。わかりやすい例文とともに、地方銀行の志望動機の書き方を詳しく解説していきます。

地方銀行(地銀)の志望動機(例文)

例文

横浜銀行の志望動機(例文)

私が貴行を志望するのは、法人渉外として、生まれ育った神奈川で活動する企業の経営を支え、地域を活性化していきたいからです。

大学時代に中小企業で販促業務のインターンをした経験から、「どんな拡大戦略にも、まず資金」と中小企業の切実な資金ニーズを実感しました。その経験から、ファイナンスを通じて、中小企業の経営を支えられる地銀の渉外業務に携わりたいと考えるようになりました。

地銀の中でも、貴行は、私の生まれ育った神奈川県を金融を通じて長年支えてきた銀行です。また、地銀No1という地位に奢ることなく、「横浜アジア倶楽部」等のアジア進出支援や、「ゆめ基金」による成長産業支援など、機動的に事業を展開しておられます。貴行でこそ、細やかな金融支援を通じて、企業のニーズに応え、神奈川を活性化していけると感じ、貴行を志望しております。

質問に答えるだけで志望動機を完成させよう

志望動機を作成する際、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。
「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「志望動機ジェネレーター」を活用しましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。無料でダウンロードできるので、効率的に志望動機を完成させましょう。

1.会社の仕事を通じてやり遂げたいことを書く

例文
私が貴行を志望するのは、法人渉外として、生まれ育った神奈川で活動する企業の経営を支え、地域を活性化していきたいからです。

まず最初に、志望動機の結論として「その地銀の仕事を通じて、やり遂げたいこと」を書いてください。

志望動機の結論として「この仕事を通じて、こんなことを成し遂げたい」というビジョンを語ったほうが、あなたの企業への熱意が伝わります。

銀行がほしいのは、「銀行のファン」ではなく、「一緒に銀行のビジネスを動かす人」です。だから、「私は地銀の仕事を通じて、〜を成し遂げたい」と仕事上のビジョンを語りましょう。

「銀行なら成長できるから」は志望動機として弱い

金融志望者には、「御行で働けば人間的に成長できる」というような志望動機を書く人が多いです。しかし、銀行が欲しいのは、成長したい人ではなく、銀行の事業がしたい人です。したがって「御行の〜な点に魅力を感じる」という志望動機はあまり評価されません。そもそも「成長する」のは、銀行に限らず、どの会社でもできることです。志望動機の材料としては弱いでしょう。

その会社の仕事を通じて、どんなことをやり遂げたいか?を書いてください。

imasia_15025085_S-1

2.なぜそれをやりたいのかを書く

「〜がやりたいです!」と書くだけでは説得力がありません。1であげた「やり遂げたいこと」を「なぜやりたいのか?」書きましょう。人生経験をもとに「なぜそれをやりたいのか?」を語れば、1で掲げたビジョンに説得力が生まれます。

例文
大学時代に中小企業で販促業務のインターンをした経験から、「どんな拡大戦略にも、まず資金」と中小企業の切実な資金ニーズを実感しました。その経験から、ファイナンスを通じて、中小企業の経営を支えられる地銀の渉外業務に携わりたいと考えるようになりました。

この例文では、過去のインターン経験を元に「中小企業の経営を支えたい」という思いを語っています。このように過去の具体的な経験がビジョンの根拠になっていると、志望動機の本気度が増すでしょう。

3.数々の地銀の中でも、なぜその地銀を志望するのか?

「1」であげた「やりとげたいこと」を「なぜその会社でやりたいのか?」を書きましょう。つまり「私には〜がやりたい」「それに一番取り組めるのは、〜という特徴を持つ御社だ」と志望動機を作成するわけです。

「なぜその地方銀行でなければならいのか」を書くコツは2つあります。

地域性にからめる

地銀は地域密着型の銀行です。その地域におけるプレゼンスでは、メガバンクを上回っているところも多い。だから、「その地域の経済に貢献したい→この地域に密着した経営を行う御行で働きたい」と志望動機をつくれば、「その銀行でなければならない理由」が簡単に作成できるでしょう。

その地域の出身者は「生まれ育った地域の〜」とつくれば自然に志望動機がつくれるでしょう。その地域の出身者でない人は「なぜその地域に自分は注目しているか」を書いてみましょう。たとえば「神奈川は新規開業数が日本2位の地域であり〜」と「その地域に着目している理由」を語るのです。

その銀行の特徴を活かす

地銀は単に「その地域に根をはった銀行」というだけではありません。その地銀ごとに様々な特徴があります。その特徴を上手く志望動機にからめれば、「その地銀でなければならない理由」が書けるでしょう。

たとえば、スルガ銀行はメガバンクに先駆けて、visaデビットカードの提供や、豊富な確定拠出年金の商品ラインナップを用意するなど、革新的な経営をしています。「地銀の中でも、御行の『挑戦』の文化に魅力を感じます。御行は都市銀行に先駆けて、(具体的な事例をあげる)」と志望動機をつくれるでしょう。

例文では「地域性にからめる」「その銀行の特徴を活かす」が押さえられており、

例文
地銀の中でも、貴行は、私の生まれ育った神奈川県を金融を通じて長年支えてきた銀行です。また、地銀No1という地位に奢ることなく、「横浜アジア倶楽部」等のアジア進出支援や、「ゆめ基金」による成長産業支援など、機動的に事業を展開しておられます。貴行でこそ、細やかな金融支援を通じて、企業のニーズに応え、神奈川を活性化していけると感じ、貴行を志望しております。

「地域性…生まれ育った神奈川」と「会社の特徴…機動的な事業展開」の2点を軸に「地銀の中でも、その地銀でなければならない理由」を伝えています。

人気企業100社分の内定者エントリーシート、見たくありませんか?
imasia_15025085_S-1

ESの書き方がわからず、「このESで本当に大丈夫なのかな…」と不安になっていませんか?一生懸命にエントリーシートを書いても、なかなか自信を持てないものですよね。

けど、心配いりません。エントリーシートの書き方がわからない時は、内定者のESを参考にすれば良いのです。

就活サイト「キャリアパーク」では、「人気企業100社の内定者ES回答集」が今だけ無料でダウンロードできます。金融、メーカー、商社、コンサル…主要な人気企業のESがほぼ網羅されているので、参考になるESがきっと見つかります。

難関企業の選考を勝ち抜いたESには、必ず学ぶべきものがあります。内定者ESを先に読んでおくのとおかないのでは、大きな違いが生まれるはず。

内定者のESを参考にして、書類選考を突破しましょう。

内定者のESを見てみる(無料)

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
最終選考からスタート!一発内定を狙える

ES,面接をスキップし、最終選考からスタート!最短即日内定の可能性もあります。ぐるなびやエイベックスなどの一流企業が続々参加!【Meetscompany】

imasia_12756285_S2
最短4時間当日内定を狙える

ソニー、博報堂、ソフトバンクなどの大手グループ企業が参加するイベント!ESや面接不要で当日の内定の可能性もあります!【ジョブコミット】

imasia_14141661_S-2 3
いまからでも間に合う!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。