簡単!地方銀行の志望動機の書き方の3つの秘訣【例文あり】

地銀の志望動機の書き方がわからず、困っていませんか?金融業への志望動機はかけても、地方銀行のための志望動機がかけずに苦戦する人も多いかと思います。

でも、大丈夫。少しのポイントを押さえれば、簡単に説得力のある地方銀行の志望動機が書けるようになります。わかりやすい例文とともに、地方銀行の志望動機の書き方を詳しく解説していきます。

地方銀行(地銀)の志望動機(例文)

例文
横浜銀行の志望動機(例文)

私が貴行を志望するのは、法人渉外として、生まれ育った神奈川で活動する企業の経営を支え、地域を活性化していきたいからです。

大学時代に中小企業で販促業務のインターンをした経験から、「どんな拡大戦略にも、まず資金」と中小企業の切実な資金ニーズを実感しました。その経験から、ファイナンスを通じて、中小企業の経営を支えられる地銀の渉外業務に携わりたいと考えるようになりました。

地銀の中でも、貴行は、私の生まれ育った神奈川県を金融を通じて長年支えてきた銀行です。また、地銀No1という地位に奢ることなく、「横浜アジア倶楽部」等のアジア進出支援や、「ゆめ基金」による成長産業支援など、機動的に事業を展開しておられます。貴行でこそ、細やかな金融支援を通じて、企業のニーズに応え、神奈川を活性化していけると感じ、貴行を志望しております。

この例文における1つ目の良い点は、結論から書き出している点です。
ビジネス文書において、結論から書くことは基本の作法の1つであり、そうすることにより文章の論理構造が明確になるため、読みやすい志望動機となります。
さらに、その内容が「企業を通じて成し遂げたいこと」となっており、熱意が伝わりやすい文章になっています。

2つ目の良い点は、冒頭で挙げた「企業を通じて成し遂げたいこと」について、そう考えるようになった理由を、自分の経験に基づいて説明している点です。
ただ「〇〇がやりたい」だけでは説得力に欠けるため、自分の経験に基づいた説明をすることで、説得力のある志望動機にすることができます。

3つ目の良い点は、「なぜその企業か」についての説明を自分の成し遂げたいことと、関連付けて説明している点です。
そうすることで、数ある企業の中から他の企業ではなく、その企業を選択した理由が明確になるため、志望動機の説得力を増すことができます。

志望動機が書けない時は、志望動機作成ツールを活用してみよう

ここまで地方銀行の志望動機を作成する方法を解説してきましたが、例文のような志望動機を一人で書き上げる自信がない方も多いはず。

そんな時は、「志望動機ジェネレーター」を活用してみましょう。

志望動機ジェネレーターなら、簡単な質問に答えるだけで説得力のある志望動機が完成します。

志望動機作成ツールを活用して、人事を唸らせる志望動機を完成させましょう。

1.会社の仕事を通じてやり遂げたいことを書く

例文
私が貴行を志望するのは、法人渉外として、生まれ育った神奈川で活動する企業の経営を支え、地域を活性化していきたいからです。

まず最初に、志望動機の結論として「その地銀の仕事を通じて、やり遂げたいこと」を書いてください。

志望動機の結論として「この仕事を通じて、こんなことを成し遂げたい」というビジョンを語ったほうが、あなたの企業への熱意が伝わります。

銀行がほしいのは、「銀行のファン」ではなく、「一緒に銀行のビジネスを動かす人」です。だから、「私は地銀の仕事を通じて、〜を成し遂げたい」と仕事上のビジョンを語りましょう。
例文1
「私は、個人渉外として貴行を通して、地域の人々が頼れる金融マンになりたいと考えております。そうすることで、地域の住民の方々が安心して生活できる街づくりをすることに貢献したいため、貴行を志望いたします。」

例文2
「私は法人渉外として、愛する地元である、千葉県の優れた技術や商品・サービスを日本中に伝播させることに貢献したいため、貴行を志望いたします。」

これらの例文における良い点は、「その企業を通して成し遂げたいこと」を結論として書き出せている点です。

入社する目的がはっきりしていると、あなたが働く姿を企業側は想像しやすくなり、説得力のある志望動機とすることができます。

したがって、志望動機を書き出す際には、自分の成し遂げたいことを冒頭で明確にできるように意識しましょう。

「銀行なら成長できるから」は志望動機として弱い

金融志望者には、「御行で働けば人間的に成長できる」というような志望動機を書く人が多いです。しかし、銀行が欲しいのは、成長したい人ではなく、銀行の事業がしたい人です。したがって「御行の〜な点に魅力を感じる」という志望動機はあまり評価されません。そもそも「成長する」のは、銀行に限らず、どの会社でもできることです。志望動機の材料としては弱いでしょう。

その会社の仕事を通じて、どんなことをやり遂げたいか?を書いてください。
imasia_15025085_S-1

2.なぜそれをやりたいのかを書く

「〜がやりたいです!」と書くだけでは説得力がありません。1であげた「やり遂げたいこと」を「なぜやりたいのか?」書きましょう。人生経験をもとに「なぜそれをやりたいのか?」を語れば、1で掲げたビジョンに説得力が生まれます。
例文
大学時代に中小企業で販促業務のインターンをした経験から、「どんな拡大戦略にも、まず資金」と中小企業の切実な資金ニーズを実感しました。その経験から、ファイナンスを通じて、中小企業の経営を支えられる地銀の渉外業務に携わりたいと考えるようになりました。

この例文では、過去のインターン経験を元に「中小企業の経営を支えたい」という思いを語っています。このように過去の具体的な経験がビジョンの根拠になっていると、志望動機の本気度が増すでしょう。

3.数々の地銀の中でも、なぜその地銀を志望するのか?

「1」であげた「やりとげたいこと」を「なぜその会社でやりたいのか?」を書きましょう。つまり「私には〜がやりたい」「それに一番取り組めるのは、〜という特徴を持つ御社だ」と志望動機を作成するわけです。

「なぜその地方銀行でなければならいのか」を書くコツは2つあります。

地域性にからめる

地銀は地域密着型の銀行です。その地域におけるプレゼンスでは、メガバンクを上回っているところも多い。だから、「その地域の経済に貢献したい→この地域に密着した経営を行う御行で働きたい」と志望動機をつくれば、「その銀行でなければならない理由」が簡単に作成できるでしょう。

その地域の出身者は「生まれ育った地域の〜」とつくれば自然に志望動機がつくれるでしょう。その地域の出身者でない人は「なぜその地域に自分は注目しているか」を書いてみましょう。たとえば「神奈川は新規開業数が日本2位の地域であり〜」と「その地域に着目している理由」を語るのです。

地元でもない地域の場合の書き方

地元でない地域の地方銀行について、志望動機を作成するにおいても、必要なのは説得力と熱意です。

ただし、やはり企業側からすると「どうしてこの学生は地元でもないのに、この会社に興味を持ったのだろう?」と気になってしまうものです。
その疑問を払拭できるような理由には、下記のような例を挙げることができます。
  • ①観光で訪れた経験があり、地方銀行員として貢献したいと思うほど魅力的なものがある
  • ②授業やボランティア、サークル等、なんらかの活動でその地域に携わったことがある
  • ③その地域の発展に地方銀行員として貢献することが、自分の入社後の目標と関連している
  • ④他の地銀にはない特徴がその地銀にあり、魅力を感じている
もし、あなたが考えている志望動機が、上記の例に該当しない理由であっても、最終的には「なぜその企業なのか」という問いに対し、企業側が納得できるような回答であれば、問題はありません。

会社説明会やOB・OG訪問を利用して、地元ではないけれど志望している旨を相談してみるのも良い対策となるでしょう。

その銀行の特徴を活かす

地銀は単に「その地域に根をはった銀行」というだけではありません。その地銀ごとに様々な特徴があります。その特徴を上手く志望動機にからめれば、「その地銀でなければならない理由」が書けるでしょう。

たとえば、スルガ銀行はメガバンクに先駆けて、visaデビットカードの提供や、豊富な確定拠出年金の商品ラインナップを用意するなど、革新的な経営をしています。「地銀の中でも、御行の『挑戦』の文化に魅力を感じます。御行は都市銀行に先駆けて、(具体的な事例をあげる)」と志望動機をつくれるでしょう。

例文では「地域性にからめる」「その銀行の特徴を活かす」が押さえられており、
例文
地銀の中でも、貴行は、私の生まれ育った神奈川県を金融を通じて長年支えてきた銀行です。また、地銀No1という地位に奢ることなく、「横浜アジア倶楽部」等のアジア進出支援や、「ゆめ基金」による成長産業支援など、機動的に事業を展開しておられます。貴行でこそ、細やかな金融支援を通じて、企業のニーズに応え、神奈川を活性化していけると感じ、貴行を志望しております。

「地域性…生まれ育った神奈川」と「会社の特徴…機動的な事業展開」の2点を軸に「地銀の中でも、その地銀でなければならない理由」を伝えています。

静岡銀行の志望動機例文

例文
静岡銀行の場合
「私は、貴行での個人渉外を通して、地域のお客様が安心して人生100年時代を楽しめるように貢献することを目標としております。

貴行は、我々静岡県民が『しずぎん』と呼んで愛する、昔ながらの地方銀行です。
そんな貴行と地域住民の強固な関係性があれば私の目標は実現可能であると考えるため、貴行を志望いたします。」

この例文では、「しずぎん」という呼称にまつわる地域性と企業の特徴を語ると同時に、それらを入社後の目標とうまく関連付けることで、静岡銀行でなければならない理由を説明できています。

このように「貴行には〇〇という特徴があり、それを活用することで自分の目標が実現可能になる」という論理で説明することで、説得力と熱意が伝わる志望動機にすることができます。

あなたは地方銀行に向いているタイプ?自己分析ツールで診断してみよう

自分の性格や適性が、地方銀行の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分が地方銀行に向いているタイプか、診断してみましょう。

【15分で完了】大手/優良企業の選考に進める、自己分析&オファーツール!
SPI_LPheader

キミスカは150問の質問に5択で答えるだけで、あなたの強み・職務適性が客観的に分かる自己分析ツールです。

さらに、大手・ベンチャー・優良企業の人事があなたのプロフィールを見て特別オファー。 内定直結の特別選考に進めます!

<オファー実績> あおぞら銀行 /湖池屋/ デジタルホールディングス/ POLA/ tutuanna/ YKKAP/ サイゼリア/ スズキ/ ニトリなど

キミスカのおすすめポイント3つ

  1. 大手や優良企業からオファーが貰える(特別選考に進める!)
  2. ESに書ける強みが分かる(明日提出のESも間に合う!)
  3. 高精度な自己分析ができる!(70,000人以上が使用!)

\ まずは無料診断してみませんか? /

企業の内定直結オファーを受け取る(無料)