就職留年は不利になるの?成功する就職留年と失敗する就職留年の違い

成功する就職留年・失敗する就職留年

就職活動を必死に頑張ったけれども、うまくいかなかった。もう一年頑張ればなんとかなるかもしれない。一縷の望みをかけて、就職留年を選択する学生は少なくありません。けれども、ただ、もう一年就職活動をするだけでは、ほとんどの場合、うまくいきません。

ただの就職留年は失敗する

なぜか。失敗した時のあなたと同じ状態のままで、挑戦をしたとしても、RPGでボスと戦って全滅をしたのに、同じレベルのままで再度挑戦するようなものだからです。

あなた自身を変えない限り、結果を変えることはできません。

ただ、就職留年を選択することが間違っているか、というと、そういうわけではありません。就職留年は、『うまくやれば』就職活動を逆転することができる方法です。既卒を受け入れている企業は決して多くはない。

その点、「新卒」という特権を維持しながら、就職留年をすることには大きなメリットがあります。1年余分に留年することで迷惑をかけるかもしれませんが、社会人になればそのくらいのお金はすぐに返せます。

では、次の年につなげるための就職留年をするためには、どうすればよいのでしょうか。ポイントは3つあります。

12月でも間に合う!大手グループ会社に内定できる神イベント

12月になり、「エントリーできる会社がほとんどない…」と悩んでいませんか。12月になると、企業が募集を終了し、良い条件の求人が見つからなくなり、困ってしますよね。

そんな就活生のために、就活サイト「キャリアパーク」では、『大手グループ会社の内定が狙える採用イベント』を開催しています。この採用イベントを活用すれば、この時期からでも、三井住友、ソニーなどの大手グループ会社の内定が狙えます。

大手グループ会社の内定が狙える採用イベントの詳細はこちら

経験値をつむ

会社にとってのあなたの魅力とは「あなた自身の魅力(コンテンツ)×あなた自身の伝え方(プロモーション)」で決まります。あなた自身が企業に魅力的にうつらないような時、エントリーシートのテクニックだけに磨きをかけてもあまり効果は期待できないでしょう。就職留年をしている学生が有利なのは、その時間にあります。次の年の1月になるまで、その時間を自由に使えます。

だから、その時間を自分のコンテンツ力をあげるために使いましょう。たとえば、ベンチャー企業のインタ―ンに参加して仕事経験と社会人意識をつくるのもよいでしょう。

iPhoneアプリをつくってもいいでしょうし、Webサービスをつくってもよい。結果を出すぞ、という目的意識をもって、試行錯誤し、あなたなりのプロジェクトをはじめれば、それは必ず魅力的な自己PRになります。

学生時代の経験に自身がない、そういう学生がいます。でも「ないんだったら、つくればいいじゃない」

次の年につなげるために、自分自身の魅力を引き上げる努力をしましょう。

幅を広げる

就職活動に失敗する学生の多くに「自己分析で見つけた適職にこだわりすぎる」という傾向があります。私は広告代理店だ、と決めて自身で選択肢を絞ってしまう。就職活動の内定するとういのは、受ける会社の数×内定率で決まります。受ける会社の数が少なければ、それだけ失敗するリスクを負うことになります。

働いていないにもかかわらず「絶対にこれが向いている」というのはわからないものです。だから、就職活動の最初には見なかった企業も積極的に研究する、説明会に参加する・・・企業への興味の幅を広げましょう。そうすれば、意外なところに「本当に行きたい企業」が見つかるかもしれません。

幅を広げて、受ける会社の数を増やせば、内定する確率はあがります。最初から選り好みをせず、幅広い会社を受けてみましょう。

並行する

就職留年のための準備をはじめるのは、夏休みくらいからが適当です。夏休み以降は、選考をする企業もかなり減っていきます。スケジュールを調整すれば、週に2〜3社受けたとしても、「経験値を積む」ためのプロジェクトと並行できます。

その年に内定が決まれば、それにこしたことはないので、スケジュールを調整しながら「来年の準備」「今年に内定を取るための活動」を並行させてください。面接経験も積めるので、自分を上手に伝えるスキルも上がるでしょう。並行しながら、虎視眈々と来年の内定にも狙いを定めましょう。

以上の点を意識して、二回目の就職活動に臨めば、最初の就職活動よりも良い結果が望めることがあります。

人生にリセットボタンはないけれど、コンティニューボタンはあります。あなたが失敗と思ってあきらめない限り、それは失敗ではありません。前向きに、自分を伸ばす努力をして下さい。

12月でも間に合う!大手グループ会社の内定が狙える神イベント
Bi main 0807

12月になり、「もうエントリーできる会社がほとんどない…」と悩んでいませんか。12月になると、企業が募集を終了し、良い条件の求人が見つからなくなり、困ってしますよね。

そんな時は、就活サイトのキャリアパークの『大手系列会社の内定を狙える採用イベント』を活用してみましょう。

このイベントでは、秋採用から内定を狙う就活生のために、三井住友グループの会社、ソニーグループの会社、総合商社のグループ会社などを含む、様々な優良企業を紹介してもらえます。

紹介された企業の中に気に入った企業があれば、エントリーし、選考が受けられます。さらに、プロのキャリアアドバイザーから、受ける企業の傾向にあわせた面接対策まで受けられ、内定可能性をアップできます。

12月になると、良い求人が少なくなり、どうしても妥協せざるを得なくなりますよね。でも、このイベントを活用すれば、12月からでも納得のいく内定を狙えるのです。

このイベントに参加し、大手グループ会社の内定を勝ち取り、納得のいく形で就活を終わらせましょう。

『大手グループ会社の内定が狙える採用イベント』の詳細はこちら

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
人気企業100社の内定者ESが無料で読める!大学3年生が読むべき神ES回答集

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。