落ちたかも?知っておくべき、面接の合格フラグ・不合格フラグまとめ

imasia_11404140_S

面接には「こうなったら受かっている可能性が高い」「こうなったら落ちている可能性が高い」という兆候(フラグ)があります。面接のフラグを理解しておけば、自分の面接の結果をある程度ですが予想することができます。

そこで、代表的な面接の合格・不合格フラグについて詳しく解説いたします。

こうなったら要注意!?面接の不採用フラグ3つ

imasia_15480390_S

まず、気をつけたいのが不採用フラグです。以下に紹介するような兆候が出ている場合、面接の結果は期待できないことが多いです。

ほとんど突っ込んだ質問をされず、一問一答で面接が進む

面接官は、普通、できるだけ多くの情報を就活生から引き出そうとするものです。採用するための判断材料は多いほうがいいからです。だから、「採用ライン上」にある場合、自己PRや志望動機について、様々な質問をして、就活生の情報を引き出そうとします。

だから、「全く質問されない」「こちらの発言にほとんど反応せず、一問一答のような形で面接が進んでいる」場合は、何らかの理由で「この応募者はいいかな…」と見切りをつけられている可能性が高いです。面接の結果はあまり期待できません。

面接の時間がすぐに終わってしまう

面接官はできるだけ就活生の情報を引き出そうとするものです。面接官が就活生に興味を持った場合、面接の時間は長くなるのが普通です。たとえば、30分で予定されている面接が、10分程度で終わってしまっている場合、あなたが面接官の興味を引けなかった可能性が高いです。

面接の設定時間は、実際にかかる時間よりも多めに準備されていることが多いので、少し早く終る程度なら心配ありません。しかし、面接の設定時間の3分の1以下で面接が終わっているなら、

「最後に何か言いたいことはありますか?」と聞かれる

最後に「最後に何かアピールしたいことはありますか?」「最後に何か言いたいことはありますか?」と質問された場合、結果は期待できない可能性が高いです。というのも、この質問は「上手くアピールできなかった就活生にチャンスをあげる」意味でされている場合が多いからです。

ただし、この質問への回答で面接官の興味を引き、「もう少し様子を見てみよう」と判断された場合は、次の選考に進めることもあります。

こうなったら合格のきざし?面接の採用フラグ3つ

imasia_14213983_S

次の選考スケジュールについて具体的に聞かれる

面接の最後に「◯◯日のスケジュールは空いていますか?」「次の選考をやるとすれば、◯◯日〜◯◯日あたりになるのですが、スケジュールの余裕はありますか?」と日程についての相談をされる場合があります。

もちろん、これは「次の選考に進ませる就活生のスケジュールを確保する」ために聞いているので、合格している可能性が非常に高いです。

他社の選考状況を具体的に聞かれる

他社の選考状況や志望順位を詳しく聞かれるのも良いサインです。企業は、良い学生をできるだけ確保したいもの。企業は、競合他社の選考がどれだけ進んでいるかを確認し、「選考のペースを早めるかどうか」を判断しています。

だから、「他にどんな会社を受けているの?志望順位は?内定が出たらどこにいく?」など、選考状況や志望順位を具体的に聞かれるのは、採用ラインにのっているサインです。

志望動機や自己PRを深掘りされる

面接官は興味のある学生の情報をできるだけ引き出そうとするものです。だから、「その経験からどんなことを学んだの?」「その長所はどんな業務で活かせると思う?」など、あなたの自己PRや志望動機を深掘りされた場合、面接官があなたに興味を持っている可能性が高いです。

話すことに突っ込みを入れられると、「自分の回答が不十分なのかな」と不安になるものですが、あなたに興味を持っているからこそ、沢山質問をしているのです。焦らず、相手の質問に的確に答えていけば、良い結果が期待できるでしょう。

合格の場合も、不合格の場合もあるフラグ

imasia_14023777_S

以下は、「合格の場合も不合格の場合もあるので、あまりあてにならないフラグ」です。どちらの場合もありうるフラグなので、あまり気にしないようにしましょう。

褒められる

「キミの意見は鋭いね」「キミのような人と働きたい」と褒められた場合、「絶対に受かってるよ」と思うかもしれません。しかし、就活生は「将来のお客様」ですので、落とすと決めたからこそ、気持よく接待をしてくる人事担当もいます。この場合、褒められたとしても、選考に落ちていることがあるのです。

もちろん、素直な気持ちで褒めている場合もあります。要するに、「褒められた」からといって、合否はわかりません。

圧迫面接

圧迫面接をされたからといって、落ちるわけではありません。むしろ「これから一緒に働く可能性があるメンバー」だからこそ、厳しい態度で働く覚悟を問いただしている場合があるからです。企業は「一緒に働く可能性がある」就活生ほど、面接の態度が厳しくなる傾向があります。

ただ、単純に全員に圧迫的な態度をとる面接官の可能性もありますから、『圧迫をされたから受かるサイン』ともいえないので、注意が必要です。要するに、圧迫されたかどうかで、合否はわかりません。

フラグはあくまで「予想」。信用しすぎはNG

ここまで様々なフラグをあげてきましたが、フラグはあくまでフラグです。フラグから、面接の合否を完璧に予想することはできせん。

たとえば、面接官の中には、単純に質問のスキルがないので、全員に対して、一問一答形式で面接をしてしまっている人もいます。無愛想で無反応の人もいるでしょう。

また、時間がないから、面接を早く切り上げている面接官だっているでしょう。

面接官の方針は人によって様々ですから、一概に「この反応が出たら合格or不合格」と予想することはできません。「受かったかな、落ちたかな」と考えていても結果が変わるわけではないので、気持ちを切り替えて、他の企業の選考に集中しましょう。

採用担当が暴露!面接で使われる学生評価シートの中身とは?
評価シート_訴求広告枠_header3

面接の合否はどうやって決まっているか、知っていますか?

実は、企業の面接では、面接用の評価シートを使って、就活生の合否を決めています

就活サイト「キャリアパーク」なら、「面接で使われている評価シートの中身」が今だけ無料でダウンロードできます。

評価シートを読めば、「面接官は何を基準に、合否を決めているか」がわかるので、面接上で圧倒的に有利になります。

評価シートで、「面接の採用基準」を理解し、本番の面接を突破しましょう。

今すぐ無料でダウンロード

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
6月でも間に合う!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。