お祈りメール(不採用通知)に返信は必要?返信すべきケースと返信の書き方

imasia_14213983_S

志望企業からお祈りメールをもらうと、落ち込みますよね。社会人のマナーとして、メールは返信するもの。とはいっても、不採用通知を出した企業にわざわざ返信をする気持ちにもなれない…

そこで、「お祈りメールへの返信はする必要があるのか?」「返信する場合は、どんなメールを書けばいいのか?」という就活生の疑問に、徹底的に答えていきたいと思います。

企業からのお祈りメール(不採用通知)に返信する必要はない

imasia_14275989_S 結論からいえば、企業からのお祈りメールに返信する必要はありません。返信をしても採用結果が覆るわけではありませんし、無礼にあたるわけでもありません。返信に意味はないため、書かなくてOKなのです。

お祈りメールによく記載してある、「末筆ながら、貴殿のご活躍をお祈り申し上げます」と書いてある点からも、やり取りは終わっているのです。そのため、こちら側から返信をしなくても失礼にはあたりません

企業の人事担当も不採用者に機械的にコピペメールを送っているケースが多いため、メールに返信をしても、あまり効果はないのです。もちろん、律儀に返信を書いてもマイナスにはなりません。

あなたの就活力はどのくらい?

就職に成功するためには、まず自分の就活力を知っておく必要があります。
就活力とは、就活で必要な準備や企業側が重視しているポイントに対して、どれだけ備えているかをはかる指標です。

ぜひ、「就活力診断」で今の自分の就活力を診断してみましょう。
無料でダウンロードできるので、今の実力を踏まえた上で必要な対策をしてみてはいかがでしょうか。

お祈りメール(不採用通知)に返信してもいい3つのケース

imasia_14213994_S

ただ、場合によっては「返信してもいいケース」もあります。その3つのケースをご紹介します。

担当者に個人的にお世話になったケース

人事の方にインターンの時からお世話になっていたという場合もあるでしょう。OBを紹介してもらったり、エントリーシートを添削してもらったり…もし、個人的に人事の方にお世話になった場合は、感謝の気持ちをこめてお礼メールを書いても良いでしょう。

就活の場合はお礼メールに返信をしても、そこから合格になることはありません。が、転職の場合は、またポジションが空いた時に声がかかる場合もあります。「どうしてもその会社へ入りたい」転職者は、お祈りメールに律儀に返信をしても良いでしょう。

最終選考まで残ったケース

最終選考まで残り、お祈りをされてしまった場合は、お礼メールに返信を書いても良いでしょう。律儀にお祈りメールを返しておけば、印象が少しプラスになり、採用枠に空きが出た場合に声がかかる可能性があるからです。(もちろん、稀ではあります)

もちろん、微々たる可能性ではあります。が、「自分で気持ちに区切りをつける」意味もこめて、お礼メールに返信をしても良いでしょう。

個人的に返信したいと感じた時

既に述べたように、お祈りメールに返信する必要は全くありません。返信をしないからといって無礼にもなりません。

ただ、お祈りメールに「あなたのここは良かったから自信を持って下さい」など、あなた個人に向けたメッセージが書いてあった場合には、返信をしても良いかもしれません。自分で返信を書くことで、気持ちに区切りがつくメリットもあります。「この人事担当には返信したい!」と思ったら、書いてもOKです。

imasia_15025085_S-1

お祈りメール(不採用通知)への返信の書き方【例文】

「お祈りメールへの返信を書くとしても、書き方がわからない」と悩むかもしれません。そんな方のために、「お礼メールのへの返信法」の例文を用意いたしました。

以下を真似れば、すぐに面接のお祈りメールへの返信が書けるようになります。パッと真似て、すぐに返信して、気持ちに区切りをつけましょう。

Re:二次面接の結果につきまして

Point 件名は、元のメール件名にそのまま返信をすればOK

株式会社◯◯◯
◯◯部 ◯◯様

Point 送付相手の会社名・部署・名前を書く

いつもお世話になっております。
◯◯大学の◯◯です。

Point 挨拶をして、大学名・名前を名乗る

この度は、ご多忙の中、貴重な面接の機会をいただき、誠にありがとうございました。

Point まず、先日、面接をしてくれたことへのお礼を書く

選考結果につきましては、誠に残念ではありますが、謙虚に受け止め、引き続き就職活動に励んでいきたいと思います。

Point 不採用結果への感想と、今後の就職活動への抱負をかく

末筆ながら、貴社の益々のご発展と、皆様のご健勝をお祈り申し上げます。

Point 選考結果への感想と、今後の就職活動への抱負をかく
(署名)

Q&A…お祈りメール(不採用通知)に関するQ&A

不採用理由を問い合わせてもOK?

不採用通知のメールに返信をして「不採用理由を聞きたい」という方もいるでしょう。しかし、オススメしません。というのも、不採用理由を聞いても、企業側は答えてくれないからです。企業側に答える義務はありませんし、理由を答えても波風を立てるだけですから、人事は答えてくれません。

返信は手紙で書くべき?

相手がメールで連絡をしているなら、メールで返信をすれば十分です。一般的には「返信をしない」のが普通なのに、手紙で返信をしたら「大袈裟すぎる」と思われてしまうでしょう。そもそも、お祈りに返信をしても、チャンスが生まれるケースは極稀です。手紙を書くほどの手間をかけるメリットがあるとは思えません。

就活の悩み、プロに相談してみませんか?
SPI_LPheader

就活で悩んでいる20卒に本気でオススメしたいエージェントサービスがcareerticket(キャリアチケット)です。

careerticket(キャリアチケット)を運営するレバレジーズは、キャリアサポートを10年以上行っている実績のある会社です。
そのため、博報堂や損保ジャパン、ハウス食品、オルビスなどの大手優良企業の取り扱いがあるので、いわゆるブラック企業を避けられるエージェントサービスです!

また、careerticket(キャリアチケット)は
大手エージェントのように機械的に企業を紹介するのではなく
適性に応じた会社を3〜5社のみ提案してくれるので、信頼できるエージェントだと言えるでしょう。

careerticket(キャリアチケット)のおすすめポイント5つ

  1. 最短1週間でスピード内定できる
  2. 大手優良企業の紹介実績があるので、ブラック企業を避けられる
  3. 多数の企業人事とつながりがあるため、特別推薦枠がある
  4. 個別の面接対策やES添削も無料でしてくれる
  5. 専任のエージェントがマンツーマンであなたの就活を徹底サポート

careerticket(キャリアチケット)なら
3年後のキャリア形成まで見据えた、後悔のない内定を実現できます!

\ まずは就活のプロ相談してみよう! /

今すぐ相談してみる(無料)

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
最終選考からスタート!一発内定を狙える

ES,面接をスキップし、最終選考からスタート!最短即日内定の可能性もあります。ぐるなびやエイベックスなどの一流企業が続々参加!【Meetscompany】

imasia_12756285_S2
就活の悩み、プロに相談してみませんか?

【最速内定!】安心して・早く・確かに内定が狙えるサービス『doda新卒エージェント』

imasia_14141661_S-2 3
いまからでも間に合う!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。