自己PRでキャッチコピーを問われたときの考え方【例20選付き】

imasia_14362306_S

就活の面接やエントリーシートで「自分を一言であらわすキャッチコピーを教えて下さい」と質問されることがあります。いきなり「キャッチコピーを作ってください」と言われても、答え方がわからず、戸惑いますよね。

そこで、わかりやすいキャッチコピーの実例つきで、就活の自分のキャッチコピーの作り方を徹底的に解説いたします!

キャッチコピーを問われる理由

会社からキャッチコピーを問われる理由は、主に2つあります。1つ目は、自分自身を理解したうえでのアピール能力を見るためです。客観的に自分を分析して、キャッチコピーで表現できる人は、会社に良い印象を与えられます。

また、いかに印象を残そうと考えているか、企業への本気度を見るためにキャッチコピーを問われることもあるでしょう。以下で詳しく説明します。

自分自身を理解したうえでのアピール能力を見るため

就活において、自己分析は非常に重要です。なぜなら、自分がどんな企業にマッチするのかもわかるからです。

自己PRにおいても自分自身をよく理解している場合は、大きな強みとなります。

キャッチコピーは、自身をよく理解したうえで、どのようなアピール能力があるのかを見るために問われます。しっかりと自己分析している人は、企業が欲している人材に合わせた自分のアピール方法が分かるでしょう。

いかに印象を残そうと考えているか見るため

印象を残そうと考えられたキャッチコピーは、イコール志望度にもつながります。

自己分析や企業研究をしたうえでキャッチコピーをつくるため、相応の時間がかかります。
時間をかけたキャッチコピーと、思い付きや慌てて考えたキャッチコピーは企業とのマッチ度にも差が出て、採用担当者の印象もかわるでしょう。

質問に答えるだけで自己PRを完成させよう

自己PRには盛り込むべき要素がたくさんありますが、文章を考えるのが苦手という就活生は多いのではないでしょうか。
的確にポイントを押さえることも大切ですが、面接官に伝わる文章力が試されるのも自己PRの特徴です。

言いたいことはまとまったけれど、実際に文章にするのが苦手という就活生は、ぜひ自己PRジェネレーターを活用しましょう。
自己PRジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで自然な流れの自己PRが完成します。
無料でダウンロードできるので、文章の繋ぎ方や言葉遣いに自信がないという就活生にもおすすめです。


就活で使える!自分のキャッチコピー例20

まず、細かい作成法を見る前に、具体例を見てみましょう。具体例を見た方が、作成法のイメージが湧くと思います。まずは、以下の「自分のキャッチコピー」の礼を見て、イメージを掴んでください。


  • 私は「話さないリーダー」です。(トップダウンではなく、ボトムアップで意見を聞き、チームを動かしてきた経験から)
  • 私は「走りながら考える男」です。(関心のあることにまずチャレンジする長所から)
  • 私は逆境ダイバーです。(厳しい環境に飛び込んでいく行動力・向上心をアピール)
  • 私は「万能歯車です」(場面に応じて適切な役割を探し、チームワークを発揮できる長所をアピール)
  • 私は「考える足です」(行動すると同時に思考する長所をアピール)
  • 私は「アグレッシブな怠け者」です(面倒を減らすため効率的な作業を提案してきた経験から)
  • 私はMr.ポジティブです(何事にも前向きに考える長所から)
  • 私は私は「やると決めたら、やり抜く」人間です(目標を達成する実行力をアピールする)
  • スケジュール帳が私の友達です(計画的に日々を過ごす力をアピール)
  • 私は「逆境を栄養に成長する人間」です。(逆境から立ち直り、成長した経験から)
  • 私は接着剤のような人間です(人間関係をまとめる力、チームワークをアピール)
  • 「舞台裏が私の舞台」です(裏方にまわり、行動するチームワーク力をアピール)
  • 私は「刺し身のつまのような人間」です。(裏方に徹して周りを引き立てるという長所から)
  • 私は不屈の努力家です(厳しい条件の中、努力を続けてきた経験から)
  • 私はできない理由より、できる方法を考える人間です(主体的・能動的に行動し問題を解決する姿勢)
  • 私は負ければ負けるほど強くなる人間です(負けず嫌いをアピール)
  • 私は「チア」リーダーです。(周りのモチベーションを高めるために働きかけるリーダーシップをアピール)
  • 私は1000人に叱られた女です。(クレーム処理のアルバイト経験から)
  • 私は「万年2位」の男です。(運動サークルの個人戦や、ビジネスプランコンテストで2位になった経験から)
  • 私は1000回負けても心が折れません(部活で万年補欠からレギュラーを勝ち取った経験から)
GD_LPheader

これで完璧!就活の自分キャッチコピーをつくる4つのステップ

では、どうすれば就活で使う「自分のキャッチコピー」を作ることができるのでしょうか?具体的な方法を解説していきます。

1.自己分析から自分の長所を見つける

キャッチコピーは「自分の長所を表現したもの」にしましょう。長所とは「ビジネスに役に立つ能力」のことです。よくキャッチコピーで「私は風邪に嫌われる男です(カラダが丈夫なことをアピール)」「水泳一筋の人間です」など、単なる「キャッチコピー」をアピールする人がいますが、あまり良くありません。

「サッカー一筋です」と言われても、相手は「だから何?それが仕事にどう役立つの?」と感じてしまうからです。

面接・エントリーシートは「自分を売り込む場所」。ビジネスで役に立つあなたの能力をアピールするようにしましょう。たとえば、「行動力」「リーダーシップ」のような長所をアピールしてください。

そのためには、自己分析をして、自分の長所を見つけることです。具体的には、

自己分析で自分の長所を見つける方法

  • 学生時代に打ち込んだことを箇条書きで洗い出す
  • それぞれのエピソードについて「なぜ打ち込んだか?」「どのように打ち込んだか?」を書き出していく
  • それぞれの経験に共通して合わられる行動・資質から、「長所」を見つける

この3つのステップを踏めば、あなたの長所が見つかります。ここでは、まず「行動力」「好奇心旺盛」のように、ざっくりとした形で長所がわかっていればOkです。

2.長所を的確に表現する言葉を探す

次に、あなたの長所を「具体的に」表現してみましょう。就活生がアピールする「行動力」「協調性」のような長所は、やや抽象的で伝わりづらいです。

たとえば、「行動力」にしても、色々ありますよね。「興味があることに積極的にチャレンジする行動力」「他の人を巻きこみ、企画を実現する行動力」…様々な行動力があるはず。「行動力」だけでは、あなたがどんな行動力を持っている人なのかわからないのです。

だから、「協調性」「行動力」のような抽象的な表現を、より具体的に表現してみましょう。すると、

  • 自分にとって厳しい環境に自らを置く「向上心」
  • 限定された条件でも「できる方法」を探す「実行力」

など…具体的に自分の良さをあわらす言葉が見つかるはずです。自分の長所を具体的に表現できれば、あとは、その長所を響きの良いキャッチコピーに変えていくだけです。

3.インパクトを付け加える

キャッチコピーですから、「おっ」と思わせて、相手を惹きつけなければなりません。p>たとえば、「周りを巻き込んで、目標を達成することができる」は長所ではありますが、キャッチコピーではありません。

ステップ2で見つかった自分の長所をキャッチコピー化しましょう。方法は様々なやり方がありますが、以下に簡単にインパクトを付け加える方法をご紹介します。

比喩表現

  • 私は「万能歯車です」(場面に応じて適切な役割を探し、チームワークを発揮できる長所をアピール)
  • 私は接着剤のような人間です(人間関係をまとめる力、チームワークをアピール)

比喩表現は、わかりやすく物事を伝えるには、非常に効果的なやり方です。自分の長所を何かのものにたとえれば、そのイメージが相手に上手く伝わります。。自分の長所を持った「動物」「モノ」を考えてみましょう。すぐに良い比喩が見つかるはずです。

単純に長所をわかりやすく表現する

  • 私は逆境ダイバーです。(厳しい環境に飛び込んでいく行動力・向上心をアピール)
  • 私は私は「やると決めたら、やり抜く」人間です(目標を達成する実行力をアピールする)

凝った表現が思いつかないなら、「長所を短い言葉で簡潔に表現する」方法がオススメです。インパクトにはやや欠けますが、あなたの長所がわかりやすく伝わります。

反対の言葉を組み合わせる

  • 私は「話さないリーダー」です(周りの意見を汲み上げて行動するリーダーをアピール)
  • 私は「アグレッシブな怠け者」です。(面倒を減らすため効率的な作業を提案してきた経験をアピール)
  • 「舞台裏が私の舞台」です(裏方にまわり、行動するチームワーク力をアピール)

反対の性格の言葉を組み合わせてみましょう。「え?」と相手の興味を引くキャッチコピーをつくることができます。少し上級者向けですが、ハマった時のインパクトはかなり強く、オススメ出来る方法です。

あえてマイナスの面を打ち出す

  • 私は「万年2位の男」です。(大会やビジネスプランコンテストで2位になった経験をアピール)
  • 私は1000人に叱られた女です(クレーム処理のアルバイト経験をアピール)

このように「あえてマイナスの側面を打ち出す」と、「え?」と相手の興味を引きつけることができます。普通、キャッチコピーは「良い面」を打ち出すもの。だから、あえて「一見マイナスに見える表現」を使うことで、相手の興味を惹きつけられます。

そのキャッチコピーにあうエピソードを考える

面接やエントリーシートで「自分のキャッチコピーを教えて下さい」と質問された場合、単に「キャッチコピー」だけを答えるのは稀です。たとえば、エントリーシートでいえば、文字数400文字程度の設問で問われますし、面接では「なぜそのキャッチコピーなのですか?」とキャッチコピーを選んだ理由を聞かれます。

つまり、単なるキャッチコピーだけでなく「なぜそのキャッチコピーなのか?」という理由にも興味があるのですね。「なぜそのコピーなのか」に答えるために、そのコピーにあうエピソードを用意しておきましょう。

この記事のまとめ

imasia_13853155_S
  • 自己分析をして見つかった自分の長所を表現するキャッチフレーズを考えよう
  • 比喩表現(物に例える)反対の言葉を組み合わせる・・・などでインパクトのあるキャッチコピーを考えよう
  • 自己PRしやすいように、そのキャッチフレーズでアピールしている長所を発揮したエピソードを考えておこう

自己PRを作るなら、キャリアチケットで添削してもらおう

キャリアチケット

自己PRは自分自身を企業の面接官や人事に分かってもらうためのキモとなる部分。

嘘をつくわけではありませんが、印象のよい自己PRが作れるといいですよね。

行き詰ったら自分一人で悩むのではなく、第三者に客観的にフィードバックしてもらうのもいいですよ。

エージェントなら、就活の一環として無料で自己PRのフィードバックをお願いすることができます。おすすめは豊富な実績が特徴の就職エージェントneoです。

キャリアチケット|5つの特徴

  1. 自己PRのフィードバックなど、あなたの就活を完全サポート
  2. 個人個人に合わせてオリジナルの就活支援サービスを提供
  3. 最短1週間でスピード内定
  4. 多数の企業人事とつながりがあるため、特別推薦枠も多数
  5. あなたに合った企業をエントリーすることなく自動的に紹介
サクッと1分で登録する!

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

">imasia_9065120_S1
最終選考からスタート!一発内定を狙える

ES,面接をスキップし、最終選考からスタート!最短即日内定の可能性もあります。ぐるなびやエイベックスなどの一流企業が続々参加!【Meetscompany】

imasia_12756285_S2
最短4時間当日内定を狙える

ソニー、博報堂、ソフトバンクなどの大手グループ企業が参加するイベント!ESや面接不要で当日の内定の可能性もあります!【ジョブコミット】

imasia_14141661_S-2 3
いまからでも間に合う!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。