簡単!履歴書の特技の書き方の3つの秘訣【例文あり】

imasia_3010034_S

履歴書の特技欄、何を書いていいかわからず、困っていませんか?

剣道(三段)野球(県大会優勝)ピアノ(コンクール入賞)…のような特技がある人はいいですが、多くの人はそうではありませんよね。

「特技といえるものなんてない。何を書けばいいんだろう」と悩みますよね。でも、大丈夫。わかりやすい特技がなくても、採用担当に響く「特技欄」の書き方を例文つきでご紹介します。

履歴書の特技欄の内容で合否は決まらない。あまり心配しないこと

まず、第一に知ってほしいのが「特技欄の内容は合否にあまり関係がない」ということ。だから、「特技 パチコン」のような「常識を疑われる内容」を書かない限りは、特技で不利になることはありません。

これは、リクルートの新卒採用調査「就職白書2014」です。企業に「新卒採用において重視する項目は?」と聞いたアンケート結果をグラフにしています。このグラフを見ればわかるように、

スクリーンショット 2014 10 28 15 59 49
趣味・特技を採用にあたり重視する企業は全体の7.6%(全22項目中16位)

履歴書の趣味・特技は、ほとんど重視されていない

で、ごくごく一部の企業しか「趣味・特技」を重視していませんよね。この調査で上位にあがったのは「人柄89.4%」「企業への熱意78.3%」「今後の可能性69.9%」です。

だから、どんな特技を書いても、マイナス評価されるようなものでなければ、それで不利になることはありません。「特技 野球(甲子園出場)」と書けるような人がわずかに有利になるだけです。だから、あまり心配する必要はないのですね。

ただ、特技欄を空欄にするわけにもいきません。具体的に何を書けばいいのでしょうか?

履歴書でタブーな特技例

履歴書の中に、特技として以下の3点は書くべきではありません。
    • ①ギャンブル関連
パチンコや競馬などのギャンブルの実力を特技として記載すると、計画性や堅実性の側面からマイナスのイメージを持たれます。
    • ②犯罪を連想させるもの
ハッキングなど、法律に触れてしまう可能性のある特技は書くべきではありません。
企業のコンプライアンスの観点から、リスクとされる場合があるので避けましょう。
  • ③本当は得意でない特技
会社で運動チームなどがある場合、特技として能力をアピールして、採用を有利にしたい、と考えるかもしれません。

履歴書は、入社後も人事評価に活用しています。
偽った情報から辻褄が合わなくなると、信頼を失う可能性があるので、得意でないことを記載することは避けましょう。

その他、政治、宗教に関することは、個人の価値観によって意見が分かれるため、記載しないほうが無難です。
また、モノマネなど、面接の場で実演できないものを書くのは控えましょう。

履歴書に使える!穴埋めで自己PRを完成させよう

自己PRには盛り込むべき要素がたくさんありますが、文章を考えるのが苦手という就活生は多いのではないでしょうか。的確にポイントを押さえることも大切ですが、面接官に伝わる文章力が試されるのも自己PRの特徴です。

言いたいことはまとまったけれど、実際に文章にするのが苦手という就活生は、ぜひ「自己PRジェネレーター」を活用しましょう。

自己PRジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで自然な流れの自己PRが完成します。無料でダウンロードできるので、文章の繋ぎ方や言葉遣いに自信がないという就活生にもおすすめです。

採用担当に響く!特技欄を書く時の3つのコツ

特技欄は具体的に書く

特技は具体的に書きましょう。具体的に書いた方が、採用担当に伝わりやすくなります。たとえば、
特技:野球
このようにただ書くだけだと、なかなか採用担当の心に響かないのです。具体的に書けば、伝わりやすくなります。たとえば、
特技:野球(県大会優勝)特技:野球(中学〜大学まで九年間)
このように書けば、「どのレベルの特技なのか」が採用担当に伝わりますよね。ただ、「特技:野球」と書くよりも、採用担当の心に響きやすいです。

コツとしては、
  • 実績を書き添えておく(県大会ベスト8など)
  • その特技に関わった時間を書いておく(〜年間など)
  • その特技の実力を証明する要素を書いておく(段など)
この3点を押さえておくと、特技のレベルがイメージしやすくなりますよね。特技の横に、特技のレベルがわかる内容を書き添えておきましょう。

特技と特技のレベルがわかる内容例

例文
PCスキル(特にExcelとaccessはビジネスレベルで使用可能、illustratorも使えます)

Point
少し高度ですが、特技と自己PR、志望動機の3点において関連性を持たせることも、採用担当者の印象に残りやすくするための方法です。
特技でPCスキルを書いているのであれば、自信があり、入社後も問題なく対応できるという印象を与えることもできます。

面接では、高度な編集ソフトのスキルも持ち合わせているため、どんなことに利用していたのかなど、PCスキルを具体的に聞かれる可能性があるので、使用事例などを用意しておくと良いでしょう。

また、入社後に希望する業務があれば、その業務に即した事例であると、よりアピールになります。

小さなことでも良いので、本当に得意なことを探してみる

就活生はどうも「珠算」「柔道」「ピアノ」のような、わかりやすい特技を書かないといけないと思っているきらいがあります。しかし、「特技」に資格はいりません。ある意味言ったものがちです。

だから、「自分が胸をはれる小さな特技」でも良いので、それを書きましょう。たとえば、
特技:お年寄りとの会話術(介護施設のアルバイト経験から)
特技:クレーム対応(コールセンターのアルバイト経験から)
のような「わかりやすい資格や実績があるわけではないけれど、自分が自信を持っていること」を書きましょう。

就活で重視されるのは、「人柄」です。「珠算」と書くよりも「お年寄りとの会話術」と書いた方があなたの人柄が伝わるかもしれません。

わかりやすい特技でなくても良いので、「自分が胸をはれる特技」を履歴書の特技欄に書きましょう。

体育会でなくてもOK!本当の特技を書く

就活生には見栄を張って、本当の特技でもないのに「サッカー」「野球」のようなわかりやすい特技を履歴書の特技欄に書いてしまう人がいます。

しかし、特技自体は重要ではないので、そこで嘘をつくメリットはありません。嘘の特技を書いても、いざ質問された時に、深く語れず、人柄を伝える回答ができません。

「自分が胸をはれる特技」なら、面接でその点に質問された時に、熱く語れます。たとえば、
はい、私の特技はお年寄りとの会話術です。介護施設でアルバイトをしている際に、お年寄りとの対応をする中で身につきました。特に、意識しているのは「その人に誠実な関心をよせること」です。ただ傾聴するだけでなく「この人は80年の間、どんな人生を歩んできたのか」とワクワクしながら話を聞くと、みな、心を開いてくれました。人間関係をつくるには、まず、こちらから相手に誠実な関心をよせることが大事だ、というのが私のモットーです。
くらいに語れれば、企業が最も重視する「人柄」を伝えられると思いませんか?このように、「本当の特技」ならば、小さなことであっても、自信を持って深く語れます。

熱く語れば人柄が伝わり、面接で有利になるのです。「本当に自信が持てる小さな特技」で良いので、本当の特技を書きましょう。
例文
語学力(大学で1年間アメリカに留学。現在TOEIC730点。卒業までに860点にします)

Point
語学力をアピールするだけでなく、1年間留学していたことや、入社後に求められるTOEICのスコアアップなどにも現状から意欲的に取り組んでいることがわかります。

留学していた頃のエピソードや苦労した点、留学前の英語力も含めて、面接時に聞いてみたい点が豊富にあることも好印象です。
例文
料理(特にバーベキューでは1人で10名に振舞うことができます)

Point
ただ単に料理と書かれていても、質問がしにくい部分ですが、バーベキューという人数が集まってこそ成り立つイベントの中で力を発揮している点が興味深いです。

広がりのある質問ができるので、面接官としても質問がしやすい特技であると感じます。
10名に振る舞うことが可能とあるので、コミュニケーション能力もあるように感じさせる点も好印象です。
imasia_15025085_S-1

この記事のまとめ

  • 特技は採用の合否とあまり関係がない。神経質にならず、本当に得意なことを書こう
  • 特技の横に()で「実績」「打ち込んだ期間」「段位」などを書いておくとわかりやすい
  • わかりやすい特技がない人は、「小さなことだけど、自分が本当に得意なこと」を書くと良い
自己分析の第一歩!50万人が使った適職診断テスト「AnalyzeU+」
SPI_LPheader

インターンをする前に、自分自身を把握してみませんか? 自己分析は就職活動にもつながるので、先に進めておくと就活本番になった際に慌てずにすみます。

パッと自己分析を終えたい時に使えるのが、使えるのが適職診断テスト「AnalyzeU+」です。

「AnalyzeU+」は、251問もの設問に答えていく本格的な適職診断テストです。設問に回答をすると、経産省の定めた「社会人基礎能力」のうち、あなたがどの面に秀でていて、どの面に弱点があるのかを教えてくれます。

これは、私がテストした時の診断結果です。この通り、かなり詳しく教えてくれます。

偏差値形式で表示してくれるので、「自分の強みは何なのか?」「向いている仕事は何なのか?」「どんな弱点があるのか?」「向いていない仕事は何か?」が一発でわかります。自分の向き・不向きがわかるので、自己分析で適職について考える時にとても役立ちます

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への無料会員登録が必要です。OfferBoxは、プロフィールを登録しておくだけで、あなたのプロフィールに関心を持った人事から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録して損はありません。

AnalyzeU+で診断するついでに、プロフィールを詳しく入力しておくと、有名企業からの選考のオファーまで届くようになります。

「AnalyzeU+」を活用して、最速で自己分析を終わらせましょう。

今すぐ登録してみる(無料)

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
プロフィールを登録するだけ!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
平均点は80点!あなたの就活力知りたくありませんか?

20の質問であなたの就活力を診断!【就活力診断】

SPI 3
【無料】SPIパーフェクト問題集&模試

就活で必須のSPI。対策は進んでいますか?買うと地味に高いSPI問題集が無料で手に入るチャンスです!!

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。