真似るだけ!面接後のお礼メールの書き方【例文あり】

imasia_11369580_S-2

面接後のお礼メールを出したくても、どう書けばいいかわからず困っていませんか?社会人経験がないと、お礼メールのようなあらまたったメールの書き方なんてわかりませんよね。

でも、大丈夫。面接のお礼メールを出した経験がない人でも書けるように、わかりやすい例文を使いながら、面接のお礼メールの書き方を徹底的に解説していきます!

また、「そもそも面接のお礼メールは出した方がいいの?」等の就活生の疑問も、解消していきます。

面接のお礼メールを出す時、押さえておくべきこと

面接後のお礼メール、出すと有利になるのか?

まず、就活生が感じているのが「わざわざ面接後のお礼メールなんて出した方がいいの?」ということでしょう。

結論から言えば、「プラスに働く可能性がある」です。確かに、わざわざ律儀に面接後にお礼メールを出す学生なんて、ほとんどいません。だからこそ、面接の後にお礼メールを出せば、「この学生は、しっかりしているな」と人事の印象に残るのです。

特に、採用担当課の人数が少ない中小企業では、学生の情報が人事部ですぐに広がりますから、以降の面接で有利になるでしょう。(逆に、面接官が数百人いる大手金融機関等では効果が薄い)

お礼メールは何次面接から出した方がいいのか?

面接のお礼メールは、あくまで「わざわざ面接の時間を割いて頂いてありがとうございます」と伝える文章です。ですから、一次面接から出してもOKです。

面接のお礼メールを出すタイミングは?

面接の後にお礼メールを出す場合は、面接当日に送りましょう。お礼は当日に送るのが、最も相手の印象に残ります。最低でも、翌日には送りたいところです。

面接のお礼は、お礼状(手紙)でなくても大丈夫?

あくまで面接をしてくれたことへのお礼を出すだけですから、あらたまって手紙で送る必要はないでしょう。それよりも、面接当日にすぐに届くメールの方が好ましいです。

ただし、最終面接は、そこまで時間をかえて面接をしてくれたことへのお礼も含めて、手紙でお礼状を出すのがベターです。面接のお礼状の書き方はこちら。

真似るだけ!面接のお礼メールの書き方

それでは、面接後のお礼メールの書き方を例文を元に解説していきます。大事なポイントは赤字で注釈をいれていますので、すぐにポイントがわかるはずです。以下を真似すれば、はじめてでも感謝の伝わる面接のお礼メールが書けるようになります。

例文

件名:◯次面接のお礼【大学名・名前】

Point いつの面接か、誰からかわかりやすい件名をつける

◯◯株式会社
◯◯部 ◯◯課 ◯◯様

Point 送付先の会社名・部署・名前を書く

いつも大変お世話になっております。
本日、面接をしていただいた、◯◯大学◯◯学部の◯◯と申します。

Point 挨拶をし、大学・学部・名前を名乗る

早速ではございますが、本日の面接のお礼がしたく、メールいたしました。

Point 最初に、メールの目的・要旨を書く

本日は、ご多忙の中、面接の機会を与えていただいたこと、心より感謝しております。
◯◯様のお話を伺う中で、【顧客の想像を常に上回る価値を提供しなければならないコンサルタントという仕事の厳しさと醍醐味の一端を】理解できたように思います。

Point 面接をしてもらったことへのお礼、特に印象に残った話を取り上げる

以前より貴社を第一志望としておりましたが、本日の面接で、貴社で働きたいという想いがますます強くなりました。この度の面接が良い結果となった場合、これから一層努力し、自分を高めていく所存です。

Point 面接で志望度が高まった旨・これから更に努力する気持ちを伝える

取り急ぎ、面接のお礼を申し上げます。

Point その日にすぐに出すお礼メールは、この定型句で〆る
+++++++++++++(署名)+++++++++++++++++++++++

面接のお礼メールの書き方

1.わかりやすい件名をつける

例文
件名:◯次面接のお礼【大学名・名前】

「◯次面接のお礼」と書くことで、いつの面接のお礼かがわかりやすくなります。また、人事は転職者も面接している場合があるため、件名に【大学名・名前】を入れると、就活中の学生から来たメールだとすぐにわかり、相手を煩わせません。

2.書き出しのルールを守る

(1)送付先の会社名・部署・名前を書く

例文
◯◯株式会社
◯◯部 ◯◯課 ◯◯様

まず、誰宛のメールかを示しましょう。相手の会社名・部署・名前を書きます。会社名は(株)などと省略しないように気をつけてください。

(2)挨拶をする

例文
いつも大変お世話になっております。

面識のある相手への挨拶なので「いつも大変お世話になっております」を使いましょう。あるいは「突然のメールで失礼致します」でもOK

(3)大学・学部・名前を名乗る

例文
本日、面接をしていただいた、◯◯大学◯◯学部の◯◯と申します。

よりわかりやすくするために、名乗る前に「本日、面接をしていただいた」とつけくわえましょう。相手があなたのことを思い出しやすくなります。

3.メールの要旨・目的を書く

例文
早速ではございますが、本日の面接のお礼がしたく、メールいたしました。

先にメールをした目的・メールの要旨を書いておきましょう。先に結論を書いておくことで、その後の文章を相手が飲み込みやすくなります。

4.面接のお礼を書く

例文
本日は、ご多忙の中、面接の機会を与えていただいたこと、心より感謝しております。

まずは、忙しい中、面接をしてくれたこと自体へのお礼を書きましょう。

5.面接の中で特に印象に残った点を取り上げる

例文
◯◯様のお話を伺う中で、【顧客の想像を常に上回る価値を提供しなければならないコンサルタントという仕事の厳しさと醍醐味の一端を】理解できたように思います。

次に、相手の話の中で特に印象に残ったエピソードを取り上げます。ただ、面接のお礼をするだけだと、どうしても事務的で淡白な印象になってしまいます。

特に、印象に残った話・エピソードを取り上げ、その感想を書くことで、あなたの感謝が相手に伝わります。

6.入社意欲と今後の展望を語る

例文
以前より貴社を第一志望としておりましたが、本日の面接で、貴社で働きたいという想いがますます強くなりました。この度の面接が良い結果となった場合、これから一層努力し、自分を高めていく所存です。

リクルートの調査によれば、78%の企業が、「企業への熱意」を重視しています。だから、最後に、面接で入社意欲が高まった点を書き、志望度をアピールしましょう。

また、面接に合格した場合、さらに努力する旨に触れ、前向きな気持を相手に伝え、アピールします。

7.定型句で文章を終える

例文
取り急ぎ、面接のお礼を申し上げます。

その日にすぐにお礼メールを出すときは、「取り急ぎ、〜のお礼を申し上げます」と文章を〆るのがビジネスマナーです。

あなたが内定する可能性が高い会社を見つける方法

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?ただ、内定のために受ける会社を増やそうとしても、どこを受ければいいのかわかりませんよね。

そこで、プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業に出会えるツールをご紹介します。

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
5月でも間に合う!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。