就活生必見!面接で転勤・勤務地の確認をされた時の答え方

全国に工場・勤務地がある会社の面接を受けていると、「転勤がありますが大丈夫ですか?」「勤務地は東京以外になる可能性がありますが、大丈夫ですか?」と質問されることがあります。

この質問、正直に「できれば東京近郊で…」と答えるべきか、「全国どこでも大丈夫です!」と答えるべきか、迷いますよね。

どう答えるのが正解なのか?答え方のコツを例文つきで徹底的に解説いたします。

「転勤・勤務地は大丈夫ですか?」と聞かれた時の答え方(例文あり)

例文
Q.…総合職は転勤がありますが、大丈夫ですか?

A.…もちろん、大丈夫です。幼い頃から、父の仕事は転勤が多く、転校をすることが多くありました。そのたびに、新しい土地、人に触れられ、自分の幅が広がったという想いがあります。御社においても、様々な場所で、様々なニーズを持ったお客様に触れることで、営業として成長できると考えています。

【質問の意図】なぜ「「転勤・勤務地は大丈夫ですか?」と質問するのか?

希望の勤務地以外で働ける覚悟があるかを知りたい

企業の総合職採用は「全国勤務・海外勤務」が当たり前。全国に支社がある会社では、首都圏勤務になるとは限りません。

だから、企業は「転勤は大丈夫ですか?」「勤務地は首都圏以外になるかもしれませんが、大丈夫ですか?」と質問して、就活生に生まれ育った場所とは違う所で働く覚悟があるのか?を確認しようとしています。

特に、女子学生の場合、転勤に抵抗がある人も少なくありません。転勤も可能かどうかを確認するため、この質問をして、全国で働く覚悟があるかどうかを見たいわけです。

転勤に抵抗がないかを知りたい

企業としては、転勤に抵抗がない人材の方が有り難いものです。同じ能力の人材なら、転勤に抵抗感がない人の方が求められます。

企業はこの質問を通じて、転勤に抵抗がないか、転勤をポジティブに捉える姿勢があるかを見ています。特に、総合職では、転勤への柔軟性はかなり求められる資質です。

面接評価シートで、面接官の意図を理解しよう

ここまで解説したように、面接では、面接官の質問意図を理解し、回答を考える必要があります。

面接官の意図を理解するには、「面接官の視点がわかる!面接評価シート」を活用してみましょう。

面接評価シートとは、企業の人事が学生を評価するために使用しているシートのことです。このシート内の評価項目をチェックするために、学生に様々な質問をしているのです。

面接評価シートを確認しておけば、面接官がどんな意図でその質問をしているのかがわかり、面接で圧倒的に有利になります。面接評価シートを活用して、面接官の視点を手に入れましょう。

  imasia_15025085_S-1

面接で転勤・勤務地の確認をされた時の答え方のコツ3つ

1.「どこでも大丈夫です」以外の回答はあり得ない

まず、この質問に対しては、内定が欲しいなら、「どこでも大丈夫です」「勤務地にこだわりはありません」以外の回答はありません。

総合職とは「全国転勤・海外転勤」が前提の仕事です。それに対して「できれば東京で…」というのは、働く覚悟を疑われる回答です。

仮に採用されたとしても、勤務地の希望は余程の理由が無い限り認められませんから、「勤務地にこだわりはない」と答えるのが正解です。

2.「どこでも大丈夫だ」と納得できる理由を話そう

ただ、「どこでも大丈夫」と答えるだけでは「本当に大丈夫なの?」と心配されてしまいます。口で言うだけなら、誰でもできるからです。

だから、人事が「それなら、転勤も大丈夫そうだね」と納得できるロジックをつくりましょう。
例文
幼い頃から、父の仕事は転勤が多く、転校をすることが多くありました。そのたびに、新しい土地、人に触れられ、自分の幅が広がったという想いがあります。御社においても、様々な場所で、様々なニーズを持ったお客様に触れることで、営業として成長できると考えています。

このように、「転勤について前向きに考えられる理由」を用意しておくと良いでしょう。よく使える理由としては、
  • 転勤で様々な場所に行くことで、自分の可能性を広げられる
  • 転勤で様々なお客様に会い、その声を拾い、商品開発に活かしたい
  • (工場勤務の場合)製造の現場に立ち会うことは、モノづくりに携わる上で必要な経験だと考えている
このような理由を使って、「転勤について前向きに考えている」と面接官に伝えましょう。

3.「出来れば、地元が…」はNG

総合職の場合、「出来れば、地元が…」と答えるのは避けましょう。総合職とは全国転勤・海外転勤が当たり前の職種。その職種に応募しているのに、「できれば地元が…」と答えると、覚悟を疑われてしまい、マイナスに評価されてしまうえしょう。

仮に「地元で!」と言っても希望が聞いてもらえるわけではありません。だから、「転勤は大丈夫です」「勤務地にこだわりはありません」と回答しましょう。

本番前に面接力を診断してみよう

面接では、身だしなみ、自己PR、志望動機…様々な評価項目があります。どれか一つに大きな抜けがあると、内定を取るのが一気に大変になります。

思わぬ失敗を防ぐため、志望企業の本番の前に一度、「面接力診断」やっておきましょう。

面接力診断なら、24の簡単な質問に答えていくだけで、あなたの面接力のチェックができます。自己分析、企業理解…主要な分野におけるあなたの実力がレーダーチャートでわかります。

面接力診断で自分の足りないスキルを把握し、対策をしておくことで、万全の状態で本番に臨みましょう。

【23卒におすすめ】すでに70,000人が活用してる自己分析ツール!

kimisuka

キミスカは性格・意欲・思考力など、仕事に関する適性を測定するために開発された、高精度自己分析ツールです。 150問の質問に5択で答えるだけで、あなたの強み・職務適性が客観的に分かります!

通常の就職活動では、「学生が自分で志望する企業を探す」という性質上、調べることが出来る企業の数には限界があります。 それに対して、逆求人型の就職活動サイト『キミスカ』では、学生が知らない会社との出会いが生まれます。

あなたがチェックし漏れていた優良企業からスカウトが来るチャンスがあるのです。

キミスカのおすすめポイント3つ

  1. 有名・人気企業からスカウトが届くチャンス
  2. 5択の質問に答えるだけで自己分析ができる
  3. 一次・二次パスでいきなり最終選考も!?

キミスカなら、逆オファー型のサービスだから 手間いらずで人気企業からスカウトが届く!

\ まずは無料診断してみませんか? /

今すぐ診断する(無料)