失敗しない!就活で使うカバン(バッグ)を選ぶ5つのコツ

imasia_10688662_S

「就活を始めるために、就活用のカバンを買おう!」と思っても、何を買えばいいかわからず困っていませんか?

就活で失敗しないためには、どんなデザイン・値段のカバンを選べば良いのでしょうか?大事な就活カバン・バッグ選びのポイントを徹底的に解説いたします。

就活で使うカバン(バッグ)の選び方

1.縦に置ける底のしっかりしたカバンを選ぼう

51dkzrXZOIL UL1500

就活カバンを選ぶ時に一番重要なポイントは「床に縦置きできる底のしっかりしたもの」であることです。

説明会や面接の際には、椅子の横にカバンを縦置きするのがマナーです。だから、縦置きできる、底のしっかりした縦置きできないものだと、カバンの底以外も床につき、カバンが汚れてしまいます。

床に置いた時に自立する、底のしっかりしたカバンを選びましょう。

2.就活カバンの色は黒が良い

61pgs Y637L UL1500

就活用のカバンの色は黒がベストでしょう。一般的なビジネスバッグは、だいたい黒ですから、黒を選んでおけば失敗しません。スーツにも合わせやすいです。

茶色のカバンもありますが、個人的な印象ですが、「オジサン臭い」「オシャレ重視」のような雰囲気があり、フレッシュな印象を与えにくいです。

また、女性が使う白色のバッグも、ややカジュアルな印象があるので、フレッシュさが重要な新卒採用面接にはふさわしくないでしょう。

3.A4サイズの書類が入るサイズのものを選ぶ

就活カバンのサイズは、A4サイズの書類が入るものが良いでしょう。企業から配られる資料・書類がぴったり収まります。また、大きさもほどよいので、床に縦置きした時、手を伸ばせばすぐに持ち上げられ、便利です。

大きすぎるとやや不格好ですし、小さすぎると必要な書類が綺麗に入れられません。


4.値段は3000円〜5000円程度でOK

就活用のカバンは実用性が重要です。それなりに丈夫であれば、あまり高価なものを選ぶ必要はありません。むしろ、ブランド物のバッグや見るからに高価なカバンは、面接官に余計な先入観を与えてしまう恐れがあるので、控えた方が良いでしょう。

5.オススメ就活カバン(男性・女性兼用)



私が就活をしていた時に使ったバッグはこちらになります。値段が安い割につくりがかなりしっかりしていて、就活で酷使してもほとんどヘタれませんでした。

また、底もかなりしっかりしているので、床に縦置きした時とても安定します。

あなたの就活偏差値はどのくらい?就活力診断シート
SPI image

平均点は58点!あなたの就活力は?

80〜100点 Sランク
就活力高い
60点〜79点 Aランク
就活力普通
40点〜59点 Bランク
就活力低め
39点以下 Cランク
就活以前に習慣を見直す必要あり

自分の『就活力』を診断してみる

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
無料で人気企業100社の内定者ESが読める!就活生なら読むべき神ES集

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。