就活初心者必見!自己分析とは何か?なぜ必要なの?

就活は「まずは自己分析から始めよう」と言われていますよね。でも、「そもそも自己分析って何をすればいいの?」「本当に役に立つの?」とわからないことばかりで戸惑っているのではないでしょうか。

そこで、「自己分析とは一体何なのか?」「本当に必要なのか?」という就活生の疑問に徹底的に答えていきます!

自己分析とは何か?

そもそも、自己分析とは何をすることを言うのでしょうか?とても簡潔に言えば、自己分析とは以下の質問に答えるために行います。
  • あなたはどんな人ですか?
  • あなたのやりたいことは何ですか?
  • あなたは社会にどんな価値を与えたいのですか?
この3つの質問にしっかりと答えられるようになるのが「自己分析のゴール」です。この質問に答えるために、
  • 学生時代に頑張ったことを振り返り、「自分の長所」を見つける
  • 学生時代に失敗した経験を振り返り、「自分の短所」を見つける
  • 過去の楽しかったこと、頑張ったこと、嬉しかったことを振り返り、「やりたいこと」を見つける
  • やりたいことを具体化し、将来どんな仕事をやって、どんな価値を社会に与えたいか?を見つける
という作業を進めていきます。自己分析本の著者によってアプローチは異なりますが、概ねこのような作業を行い、自分の過去を掘り下げ、「私は〜な人間です」「私は〜に喜びを感じます」「将来は御社で〜という仕事をやりたいです」と答えられるようにすること。これが自己分析の作業です。

36の質問に答えてパーソナリティータイプを診断しよう

自己分析をいざ始めようと思っても、何を参考にすればいいのかや準備するものは何かなどが気になって、すぐに行動に移せないことが多いです。今すぐできたら、その時間が省けますよね。
そこでおすすめなのが「自己分析マニュアル」です。

このマニュアルを使えば、質問に答えるだけで自分のパーソナリティタイプが診断できます。技術者タイプやクリエータータイプ、実務家タイプなどがありますが、あなたはどのタイプでしょうか?

無料でダウンロードできるため、すでに自己分析が終わっているけどさらに深めたいという就活生にもおすすめです。

自己分析はなぜ必要なのか?

さて、このように書くと、「なんだか面倒くさくない?本当に役に立つの?」と思うのではないでしょうか?自己分析は内定のために必要なのでしょうか。

結論から言えば、必要です。

企業が採用で一番重視していることとは?

企業が採用にあたり重視していることは何か、知っていますか?学生時代のサークルでしょうか?アルバイト?ボランティア経験?いいえ、違います。

リクルートは毎年、企業に「採用にあたり重視していることは?」とアンケート調査をしていますが、2009年も、2010年も11年も12年も13年も14年も15年も毎年、同じ項目が一位をとっています。

それは「人柄」です。2014年の調査では、89.4%が重視しています。ちなみに、所属クラブ・サークルを重視しているのは11.4%。いかに企業が「人柄」を重視しているかがわかりますよね。

企業が一番知りたいのは「その学生がどんな人か?」です。だから、「私はこんな人間です」と答える必要がありますよね。説得力をもって「私は〜な人間です」と答えるための情報収集。それが自己分析の目的なのです。

リクルートの調査によれば、「納得のいく内定をとった学生」の7割以上が自己分析を熱心に行った、と回答しています。企業は「あなたはどんな人ですか?」を聞きたい。だから、その準備をしっかりした人が内定をとるのですね。

企業が二番目に重視していることは?

では、リクルートの同調査で毎年二位をかざっているのは何でしょうか?それは「企業への熱意」です。つまり、志望動機ですね。その学生がどれだけ会社に入りたいのか?を人事は見ています。

ここでも「自己分析」が活きてきます。

自己分析をしていない学生のつくる志望動機はどうしても、「誰でもいえる薄っぺらいもの」になりがちです。たとえば、公共機関向けのITシステムを開発する企業への志望動機をつくるとします。自己分析をしていないと、
私が御社を志望するのは、御社で大規模な公共システムの開発に携わりたいからです。御社は元国営という強みを活かし、公共事業のシステム案件に強いプレゼンスを持っています。近年では、マイナンバー関連のシステム開発等、国民の生活に大きな影響を持つシステム開発を手がけておられます。御社で働くことで、国民の生活をITシステムという形で支えていけるのではないか?と感じ、志望致しました。
このように志望動機が「ただ会社を褒めているだけ」の志望同期になってしまいます。これは会社HPを見れば誰でもいえます。一方で、自己分析をして「自分のやりたいことは何か?なぜそれをやりたいのか?」を見つけた学生の志望動機はどうなるか?
私が御社を志望するのは、御社で大規模な公共システムの開発に携わりたいからです。学生時代から、プログラミングが趣味で、アルバイト先の業務を改善するために簡単なプログラムを組んでいました。少しの作業でもパートの方の作業効率が大いに改善され、システムの持つ力に惹かれるようになりました。
御社はマイナンバーシステムの開発等、他の会社では手がけられない大規模の公共システム案件に強みをもっています。御社でなら、より多くの人々の生活をITシステムを通して効率化し、支えられるのではないか?と感じ、大変惹かれております。
これは自己分析をして、「自分はシステムを通して業務や人の生活を効率化したい!」という軸を見つけた人の志望動機です。根本の志望動機に「自分の経験」が入っているので、他の学生には言えない、説得力のある志望動機になっていますよね。

このように、自己分析は、企業が二番目に重視している「志望動機」に上手く答えるためにも重要なのです。
imasia_15025085_S-1

内定をとるには自己分析が必要

このように、企業が重視している二つの質問「あなたはどんな人ですか?」「あなたはなぜ我が社に入りたいのですか?」に上手に答えるために自己分析は必要なのです。

自己分析をしていないと、誰でも言えるような薄っぺらい回答しか出来ず、内定が遠のいてしまうでしょう。

内定をとるためには自己分析が必要です。「なんだか大変そう…」と思うかもしれません。しかし、効率的にやれば、1日〜2日程度で終わるものですから、就活を万全にするためには必ずやっておきましょう。

【23卒におすすめ】すでに70,000人が活用してる自己分析ツール!

kimisuka

キミスカは性格・意欲・思考力など、仕事に関する適性を測定するために開発された、高精度自己分析ツールです。 150問の質問に5択で答えるだけで、あなたの強み・職務適性が客観的に分かります!

通常の就職活動では、「学生が自分で志望する企業を探す」という性質上、調べることが出来る企業の数には限界があります。 それに対して、逆求人型の就職活動サイト『キミスカ』では、学生が知らない会社との出会いが生まれます。

あなたがチェックし漏れていた優良企業からスカウトが来るチャンスがあるのです。

キミスカのおすすめポイント3つ

  1. 有名・人気企業からスカウトが届くチャンス
  2. 5択の質問に答えるだけで自己分析ができる
  3. 一次・二次パスでいきなり最終選考も!?

キミスカなら、逆オファー型のサービスだから 手間いらずで人気企業からスカウトが届く!

\ まずは無料診断してみませんか? /

今すぐ診断する(無料)