疑問解決!面接の時間の何分前に到着すればいいのか?

「面接の時間の何分前に到着するべきか?」は意外と迷うものですよね。ギリギリに行くのも慌ただしい感じがしますし、早く行き過ぎても気まずい。

何分前に到着するのが良いのでしょうか?就活生の疑問に答えたいと思います。

面接の時間何分前につけばいい?

面接の時間、5分前がちょうど良い

面接の時間は5分前がちょうど良いでしょう。この時間につけば、企業側も面接を受け付ける準備が整っていますし、無駄に待つこともありません。スムースに面接に進めます。面接の開始時間5分前に受付ができるように、会社に向かってください。

5分前につけるように10分前にフロアにつくイメージで

5分前ちょうどにつくには、10分前くらいにはビルの中に入っておきたいところです。フロアについたら、会場に直行せずに、トイレ等で身だしなみを整えてから、5分前に会場に行くのがベストです。

15分以上前につくと、相手に気まずい想いをさせることも

真面目なあまり、あまりに早く来すぎると、担当者の準備が出来ておらず、対応できなくなってしまう場合があります。対応してもらえたとしても、何もすることもなく、ただずっと待合室で待っているのは、緊張しやすく、精神衛生上もよろしくありません。

あなたの面接力はどのくらい?

面接では、自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?

それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。
質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。

面接が始まる前に時間があればやっておきたいこと

身だしなみを整えておく

面接では第一印象が結果に大きな影響を与えます。最初の印象が悪いと、その印象が面接の最中についてまわり、悪い結果をまねきます。

面接がはじまる前に、ネクタイ・スーツ・髪型の乱れを直し、汗を拭いて、清潔感のある身だしなみを意識してください。

面接で話したいことを箇条書きで書きだしてみる

面接までに時間があるなら、メモなどに自分が面接で話したい自己PRや志望動機の内容を箇条書きで書き出してみましょう。箇条書きで書き出すと、その過程で頭のなかで内容が整理され、本番担った時にスラスラと話せるようになるからです。

落ち着かない時は深呼吸をしてみる

小さく深呼吸をしてみましょう。深呼吸をすると、リラックス状態をつかさどる副交感神経が活発になり、気持ちが落ち着きます。心臓のドキドキが止まらなくなったら、面接がはじまる前に深呼吸をしてみましょう。
imasia_15025085_S-1

この記事のまとめ

imasia_13853155_S
  • 面接の5分前に到着。10分前には現地で待機しておけるようにするとベスト
  • あまり早く到着しすぎるのは、かえって相手に迷惑。5分前につけるようにしよう
  • 待ち時間は、話すことの確認や、深呼吸、身だしなみを整えるなどして、万全の状態で面接にのぞめるよう準備しよう

【22卒におすすめ】すでに70,000人が活用してる自己分析ツール!
SPI_LPheader

キミスカは性格・意欲・思考力など、仕事に関する適性を測定するために開発された、高精度自己分析ツールです。 150問の質問に5択で答えるだけで、あなたの強み・職務適性が客観的に分かります!

詳細な分析結果が見れるので、あなたの適職やおすすめ企業もご紹介。 自己分析が出来るだけでなく、会社選びの参考にすることもできます!

キミスカのおすすめポイント3つ

  1. 高精度な自己分析ができる!
  2. 詳細な分析結果が見れる!
  3. エントリーシートにもそのまま使える!

\ まずは無料診断してみませんか? /

今すぐ診断する(無料)