簡単!自己分析で自分の短所を発見する5つのステップ

imasia_12402632_S

「あなたの短所は何ですか?」という質問は、就活で必ず聞かれる質問です。
自分の弱いところを話すのは、なかなか難しいですよね。

しかし、この質問も、しっかり自己分析をして短所を見つめれば、上手く自分のアピールに利用できます。

では、具体的にどうすればいいのか?

短所は正直に話せ

短所を正直になんて話せない…という人がいるかもしれません。しかし、短所は正直に語るべきなのです。なぜか?その方が内定が出やすいからです。

終身雇用の日本においては、「一人の学生を採用する」のはとても大きな決断です。だから、短所をごまして伝えられると、人事は「うーん、本当に大丈夫かな?」と採用をしぶってしまうのです。包み隠さずに話したほうが、人事も納得して判断ができます。

短所をごまかす学生たち

ただ、学生たちは短所をごまかす人が多い。たとえば、「短所は集中力がありすぎて、プライベートがなくなってしまうところです」のような、当たり障りのないようなことを話すのです。

一見、上手く切り抜けているようですが、これはあまり良い方法ではありません。

マイナスの点を伝えた方が評価されやすい

心理学には、両面提示と片面提示という言葉があります。両面提示は、メリット・デメリット双方を話し、片面提示は、メリットだけを語る説得方法です。

心理学の実験によれば、教育程度の低い相手には片面提示が、高い相手には両面提示が効果的です。

南カリフォルニア大学のマイケル・カミンズは「良い点だけを伝えたボールペンの広告」「少しの悪い点と良い点を伝えた広告」で説得効果を調べたところ、後者の方が6倍も説得効果が高いことがわかりました。

良い点だけをベラベラ話す人は胡散臭いもの。しっかり悪い点も伝えた方が説得力は上がるのです。

短所のない人間などいない

そもそも、短所のない人間などいません。短所がないことが重要なのではなく、弱点といかに向き合い、克服するかが重要なのです。

弱みを語り、その克服過程を語れば、誠実で粘り強い人格がアピールできるでしょう。弱みの質問から逃げずに、正直に答えてください。

STEP1 失敗の棚卸しをする

Slide07

短所と向き合うには、漠然と考えるのでは駄目です。自分の失敗と向きあいましょう。失敗を振り返っていけば、そこであなたの弱点が現れているはずです。

具体的には、以下に該当する経験を箇条書きにしてください。

  • 頑張ったけど、上手くいかなかった経験
  • 人並みのことが出来ずに、悔しかった経験
  • 思わぬミス・失敗をして、予想外のダメージを受けた経験

このような経験を箇条書きにしてみてください。高校・大学と限らなくても良いです。

STEP2 失敗から短所を分析する

短所

失敗経験の中から、特に、「悔しかった」「失敗したなぁ」「もっと上手くやれたのに」という経験を3つほど、選び出してください。それぞれの経験について、以下を分析してみましょう。

  • 失敗の原因は何だったのか?
  • 失敗をしてどんな気持ちになったのか?
  • その経験から言える自分の弱み、弱点は?

これらを分析しましょう。実際の失敗経験から分析するので、より正確な弱みが浮かび上がってくるはずです。

STEP3 短所をどうやって克服するか 

このSTEP3が一番重要な過程です。弱みがあることは仕方ない。大切なのは、それにどう向き合うか。弱みをしっかり見つめ、自己改善できるか。それが大事なんですね。

  • その短所や弱みをなぜ治したいと思っているのか?(理由)
  • 短所を治したいと思うようになったきっかけは?(きっかけ)
  • どうやって克服してきたか?あるいは、どうやって克服中であるか?(克服)
  • 克服しつつある場合は、どれだけ治っているか?(改善状況)

これらをしっかり書き出して分析すれば、弱みとその克服過程をしっかり語れるようになり、「タフで正直な学生だ」いう印象を与えられます。

STEP4 戦略的に語る弱みを選ぶ

就活は自分を売り込む営業です。とすれば、「どんな弱みを伝えるか」すらも、最終的に自分の魅力につなげるかを前提に選ぶべきです。

STEP3まででいくつかの弱みが出てきたはずです。では、どれを語るのか。

ポイントは3つ。

職業遂行上、致命的でない弱み

キャビンアテンダントになりたいのに、人見知りだったり、気配りが苦手だったりするのは致命的です。

弱みはあくまで正直に話すべきですが、「それが弱点だと、仕事にならないよ!」という弱みを語るのは避けましょう。致命的にならない、でも、確かな弱みを語るべきです。

克服計画を実行中のもの

弱みが問題なのではなく、大事なのは、弱みへの向き合い方。弱みを正直に話し、その克服努力を語れば「向上心」などをアピールできるでしょう。たとえば、

人見知りな点を治したく、飛び込み営業のインターンに参加しました。最初は話すのすら声が上ずってしまいましたが、やっていくうちに『嫌われても死にはしない』と気づけました。そう考えると、積極的にアプローチするのが怖くなくなっていきました。営業のインターンでも、学生なりに結果を出し、弱みを克服しつつあります

と語ると、評価されるでしょう。弱みを認識し、克服のための努力ができる人材は、どこでも求められています。

改善されつつあるもの

「克服計画を実行して、~くらい良くなりました」とアピールした方が、あなたの伸びしろを面接官に伝えられます。

克服計画を実行中かつ、改善されつつあるものを選びましょう。とはいっても、全てを満たすのは難しいでしょう。優先順位としては、1⇒2⇒3の順で考えてください。

STEP5 就活でアウトプットする

自己分析で終わらせては意味がありません。今までのワークを踏まえて、自分の弱みを語ってみましょう。

(例題)あなたの短所と、その短所にどう向き合っているかを教えてください。(400字)

人間は「アウトプット」をしようとする時、一番頭の回転が早くなります。これまでのワークで集めた情報を元に、上記の質問に答えてみましょう。

短所は隠さずに、正直に言ったほうが高い評価を得られます。短所から逃げずにしっかり向き合い、克服過程とセットで語りましょう。

リクルートの就職活動調査『就職白書』によれば、企業が重視するのは、学生の人柄や将来性です。

短所を誠実に語れば人柄を伝えられるでしょうし、短所の克服過程を語れば将来性もアピールできます。短所を言えれば、内定が出ます。

大手内定者のESが無料で読み放題!18卒就活生が登録すべき神サイト

就活がいよいよ本格化。でも、就活サイトが多すぎて「どんな就活サイトを使えばいいのかわからない」と悩んでいませんか?就活を始めたばかりだと、「どのサイトが良いのか」もなかなか判断できず、困ってしまいますよね。

そこで、私も就活生時代に愛用していた、無料登録するだけで、大手内定者のESが10000枚以上読める神サイトをご紹介します。

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
無料で大手内定者のESが読み放題!18卒就活生が登録すべき神サイト

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。