就活生必見!会社説明会で聞いておくべき質問例リスト15

imasia_13003379_S

会社説明会での質問。何を聞けばいいかわからず困っていませんか?あるいは、聞きたいことはあるけれど、「聞いてもいいことなの?」と迷っていませんか?

会社説明会での質問は、志望企業をより深く知るチャンスというだけでなく、自分をアピールする機会でもあります。良い質問をすれば、人事や説明会に出席している役員にもプラスの印象を与えられるでしょう。

そこで、会社説明会での質問のやり方について、詳しく解説していきます。

押さえておきたい!会社説明会の質問マナー

まず、質問をする前に、以下のマナーを意識しましょう。

  • 質問をする前に大学名と名前を述べる。聞き取りやすいように大きな声で
  • 他人と被る内容の質問は控える
  • 質問が長くなり過ぎないように。30秒程度に簡潔にまとめる
  • 余計な前置きをしない。率直に聞きたいことだけを聞く(駄目な例 私はゼミで〜を研究していまして、御社は〜な点があると思うのですが〜)
  • 一度に複数質問しない。一回につき1個まで。どうしても聞きたいなら、許諾をとる
  • 自分だけにしか関係のない質問は控える(文学部でも●●職に応募できますか?等)

質問をする前にこれらの点を意識しておきましょう。

会社説明会で聞いておくべき質問例リスト15

質問は自身でじっくり考えてするのがベストです。とはいっても「何を聞けばいいのかわからない」とう学生も多いと思います。そんな人のために「これは聞いておきたい」という質問リストを紹介します。

業務についての質問

  • 主な仕事内容と平均的な1日のスケジュールを教えてください
  • 入社前と入社後で会社への印象が変わった点はありますか?もし、あるとすれば、どんな点ですか?
  • 仕事をする中で一番大事にしている心構えは何ですか?

たいていの会社説明会では、先輩社員が登壇します。彼らに具体的な仕事内容を聞いてみましょう。詳しい仕事内容を知っておけば、志望動機作成の材料になります。

また、仕事像を理解しておけば、自己PRでどのような長所をアピールすればいいかも見えてくるでしょう。

やりがいについての質問

  • お仕事をされる中で、一番やりがいを感じるのはどんな時ですか?
  • お仕事をされる中で、一番大変なのはどんな時ですか?また、「これは大変だったな」というお仕事のエピソードがあれば教えて下さい
  • 仕事をしていて一番成長したなと思うところを教えて下さい

仕事のやりがいについて聞いておけば、志望動機をつくる際に参考になります。実際に働く人の生の声を活かした志望動機をつくれば、面接でも高く評価されるでしょう。

資質についての質問

  • 御社で活躍している人に共通すると感じる能力や考え方はありますか?
  • (先輩社員に)自分の部署に配属される後輩は、どういう人であって欲しいですか?新入社員に求める考え方や能力などがあれば教えて下さい

『会社で活躍するための能力・資質』を知っておけば、効果的な自己PRができます。会社が求めている人材像は会社ごとに違います。会社の求める人材像を把握し、効果的な自己PRができるようになりましょう。

志望理由についての質問

  • 就職活動の際、数ある会社の中でなぜ御社を選ばれたのですか?理由を教えて下さい
  • 会社・仕事を選ぶ際に、どんなことを重視されていましたか?またその想いは会社で叶えられていると想いますか?

会社を最終的に選んだ理由や、就職活動の軸を聞いておけば、志望動機作成の参考になるでしょう。実際に面接をくぐり抜け働いている人の志望理由は、志望動機作成の良い材料になるはずです。

職場の雰囲気についての質問

  • 職場の風通しは良いですか?良いと思う場合、どんな時に風通しが良いなと感じましたか?
  • 実際の職場の雰囲気・社風はどのようなものですか?
  • 若手社員がどのくらい仕事を任せて貰えるかについて伺いたいと思います。入社後、3年間は主にどのような仕事をされましたか?

職場の雰囲気について理解するための質問です。職場の雰囲気を知っておけば、自分にあうかどうかの判断ができます。

働きやすさについての質問

  • (女性の先輩社員に)女性として働く上で、働きやすさを感じますか?感じるとすればどんな点にそれを感じますか?教えて下さい

女子社員が登壇している場合は聞いてみてもよいでしょう。ただ「働きやすいですか?」と聞くと「働きやすい」という回答しか得られません。だから、「どんな点にそれを感じますか?」と具体的に聞いてみましょう。

会社についての質問

  • お仕事をされる中で感じる御社の強みと弱みを教えて下さい

会社説明会で聞いてはいけない質問例リスト

聞くべき質問だけでなく、あまり聞くべきでない質問もあります。説明会で恥をかかないためにも押さえておきましょう。以下の質問はよほど聞きたい場合以外は避けましょう。

ノルマや残業に関する質問

ノルマや残業は、一番気になるところ。しかし、実際、多くの日本企業ではノルマやサービス残業があります。でも、学生の手前「うちは40時間までしか残業つかないよ。あとはサービス残業。ノルマこなせない奴は詰めるよ」なんていえませんから、聞いてもはぐらかされるだけ。

聞くと「なんか弱腰な学生だな、他に聞くことないの?」と思われるリスクも。聞かない方が無難です。

  • サービス残業をすることはありますか?残業はどのくらいですか?
  • 営業ノルマはありますか?
  • 休日出勤はどのくらいありますか?
  • 定時に帰宅できる日はどのくらいありますか?

調べればわかる質問

調べればわかることは、新聞やWebで調べましょう。調べらればすぐにわかることに、貴重な説明会の時間を使うべきではありません。

  • 御社の経常利益率を教えて下さい
  • 海外展開はしていますか?

自分にしか関係のない質問

説明会はみんなの場ですから、みんなの役に立つことを聞きましょう。自分が気になっても、自分しか感心のないことは聞かないように。

  • 御社ではOB訪問を受け付けていますか?
  • ◯◯大学からも学生を採用することはありますか?
  • 質問にかこつけた自己アピール(「私は大学で〜を研究しており〜」と質問の前置きが長い等)

企業が答えにくい質問

マイナスの内容しか引き出せない質問や、「人による」としか言いようのない質問は、聞かない方が無難です。

  • 若手社員の3年以内の離職率を教えて下さい(公表しているところは会社四季報でわかる)
  • 主にどんな部署に配属されますか(学生の適正によるため一概に答えられない)

会社説明会での良い質問を自分で考えるコツ

ここまで「これを聞いておこう!」リストを紹介してきましたが、大事なのは「自分が本当に知りたいこと」を質問すること。知りたいこともないのに無理に質問する必要はありません。逆に、知りたいことがあれば、上記のリストにのっていないことでも積極的に質問するべきです。

では、どうすれば自身の力で「良い質問」を考えることが出来るのか?良い質問をつくるための3つのコツをご紹介します。

以下を読めば、良い質問が自然に思い浮かぶようになるでしょう。

1.良い質問は具体的である

良い質問とは相手が答えやすい質問です。答えにくい質問では、意味のある回答を引き出せません。意味のある回答を引き出すためには、具体的に聞く必要があります。

質問が抽象的だと、たとえば「やりがいはありますか?」のような質問だと「はい、ありますね」のようなどうでもいい回答しか引き出せません。具体的に聞けば、身のある回答を引き出せます。以下を見てみましょう。

  • 「やりがいはありますか」→(具体的にする)→「今までで一番やりがいを感じた瞬間はどんな時でしたか?」
  • 「社内の雰囲気はどうですか?」→(具体的にする)→「先ほどのご説明に、風通しが良い職場だと仰っていましたが、具体的にどんな点に「風通しの良さ」を感じますか?」

具体的な聞き方の方が答えやすいのが見てわかると思います。質問は具体的に聞くようにしてください。具体的に聞くコツとしては、以下を意識してください。

  • YES/NOクエスチョン(風通しはいいですか?)よりも、5W1Hを聞く(風通しがいいなと思うのはどんな時ですか?)
  • 特に、WhatやHowは質問から回答が広がりやすい(お仕事で結果を出すために一番意識していることは?)

2.良い質問は相手が答えたくなる質問である

質問はコミュニケーションの手段です。良いコミュニケーションのためには、相手が積極的に答えたくなる質問をするべきでしょう。

説明会は、企業にとっても自身のアピールの場です。そこで、「残業はどのくらいありますか?」「現在、経営環境が悪くなっていますが、その点、どうお考えですか?」と聞いても、良い反応は得られないでしょう。はぐらかされるだけです。

たとえば、「会社で活躍する若手社員に、共通点があるとしたら、どんな点だと思いますか?」のような質問なら、会社が求める人材像を学生を聞けますし、企業も自社の働き方を学生にアピールできます。進んで答えたくなる質問でしょう。

みなさんも大人ですから、聞きたいことを聞くだけでなく「それは相手が答えたいことか?」も考えてください。

質問をする前に、「その質問は相手が答えたい質問だろうか?」を考えてみよう

3.良い質問とはみんなの役に立つものである

説明会における良い質問とは、みなの役に立つ質問です。人事や社員が質問に答える時間は、説明会に参加している学生全員の時間です。人の時間を使う以上、自分の聞く質問が人の役に立つ内容を問うものかを検証するべきです。

たとえば、「私の大学では、OBがいないのですが、OB訪問は受け付けていますか」と聞く学生がいますが、それは他の学生には関係がありません。説明会では聞くべきではないでしょう。

質問をする前に、「その質問は他の学生にとっても意味のある質問か」を考えておこう

会社説明会説明会で聞けないことを調べる方法

「サービス残業の有無や、有給休暇の取得実績、昇給は説明会では聞かない方がいい」と述べました。しかし、これらの項目の方が「本当は知りたいこと」ですよね。就職するにあたって、絶対に知っておきたい情報です。では、どうすれば調べられるのか?

転職者用の口コミサイトを見てみましょう。これらのサイトでは、その企業に勤めていた人だけが口コミを書けるようになっているので、2ch等の書き込みより信憑性があり、企業の悪い面も赤裸々に書かれています。

具体的には、Vorkers転職会議がオススメです。残業・昇進・給与・職場環境・女性の働きやすさなど、かなり詳しくわかります。

あなたが内定する可能性が高い会社を見つける方法

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?ただ、内定のために受ける会社を増やそうとしても、どこを受ければいいのかわかりませんよね。

そこで、プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業に出会えるツールをご紹介します。

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
5月でも間に合う!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。