集団面接で隣の学生に負ける…集団面接で自信を失わない方法

集団面接で他の学生に引け目を感じないための秘訣

 他の学生と合同で行う集団面接。たまに隣の学生が凄すぎて、「俺はなんて駄目なのだろう」と尻込みしてしまっている学生を見かけます。確かに、同時に面接する集団面接は比べられている感じがします。だから、隣の学生が凄いと、自分が比較されマイナスに評価される気がして、自信を無くしてしまうものです。

 しかし、実は、隣の学生が凄い学生でもあまり心配する必要はないのです。その理由を解説します。 

集団面接は絶対評価である

 その理由とは、集団面接は絶対評価だからです。つまり、ある面接グループの中で「この学生はA、それと比べてこの学生は駄目だからB」というように相対比較をするものではないのです。
 これはよく考えればわかることです。

「とてつもなく凄い学生A」「普通なら合格ラインの学生B」が同じ面接グループにいたとして、「とてつもなく凄い学生A」に比べて駄目だからといって、「普通なら合格ラインの学生B」を落とすのは馬鹿げています。

 だから、集団面接は絶対評価で決まります。たとえば、「説明力」「コミュニケーション力」「行動力」のような評価基準があり、それらの項目でどれだけの絶対評価が得られるか、で合否が決まります。相対評価ではなく、絶対評価ですから、隣の学生の自己PRにくらべて自分が劣るような気がしても、怯える必要はありません。

とはいっても、隣の学生が凄い自己prをすると、どうしても自分が情けなく見え、自信を失ってしまうもの。ただ、集団面接でライバルになる学生を選ぶことは出来ません。あなたは「隣に凄い学生がいる」という環境でベストをつくさなければなりません。では、どうすればベストをつくせるのか?

採用担当が暴露!面接で使われる学生評価シートの中身とは?
評価シート_訴求広告枠_header3
今すぐ無料でダウンロード

話し方だけでも自信満々に

 一番駄目なパターンは、となりの学生が凄いからダメだと諦めてしまうことです。声に自信がなくなり、どんどん不利になってしまいます。とはいっても、集団面接を受けている他の学生に劣等感を抱いてしまうと、自信を持って話すのは難しいですよね。では、どうすればいいのか?

 それは「大きな声で話す」ということです。体育会系の教師のようなアドバイスですが、これは効果的な方法です。

身体の振るまいが、心理に影響を与える

 心理学の様々な実験で、人が最も説得力を感じるのは「大きな声で歯切れよく簡潔に話す」スピーチであることがわかっています。たとえば、ブランダイス大学の実験では、人は70デシベルの声よりも75デシベルの声の方が、「自信に溢れていて、論理的である」と被験者は評価しました。あなたの自己PRがたとえ普通のものだとしても、話し方を工夫することで魅力的に演出できるのです。

 さらに、人間の心理には「心理効果の錯覚帰属」という働きがあります。たとえば、吊り橋効果が代表的な例です。吊り橋効果とは、男女が吊り橋にいくと、吊り橋におびえて心臓がドキドキし、そのドキドキを相手への好意と勘違いしてしまうという心理効果です。つまり、人間の心理は「感情⇒体に現れる』というだけでなく、「体に現れる効果⇒その身体状態に対応した心理の発生」という流れもあるのです。

 人間の心理は身体の状態に多大な影響を受けます。たとえば、「マッスルポーズ」をすると、直後、男性はテストステロンレベルが有意に向上するとわかっています。また、1分間背筋を伸ばしてから、テストを受けると、テストの成績が向上し、自信のスコアも上がるのです。

集団面接で自信を持って振る舞う方法

このように人間の心理は、身体の状態に影響を受けます。この原理を応用して、「自信満々に」振る舞ってみましょう。そうすれば。自信満々な身体の振るまいが、心理に影響を与え、自然と自信が湧いてくるからです。大きな声で語れば「俺は大きな声で話している。大きな声で話しているということは、自分に自信を持っているのだ」と、自信が生まれるでしょう。

だから、他の学生に比べて自信がないのならば、「自信を持っているふり」をすればいいのです。フリをすれば、心理が勘違いして、勝手に自信がわいてきます。格好だけでも自信満々に振るまいましょう。

自信満々な人は、以下の態度をとります。だから、まずは以下を真似てみてください。
  1. 大きな声で話す
  2. 身振り手振りで話す
  3. 背筋を伸ばす
  4. 言い淀まず、ハッキリと断言する
  5. 相手の目を見て話す

振りだけでも自信満々に振る舞えば、自信は後からついてきます。一番悪いのは、「隣の学生が凄いから、もう駄目」と諦めて、自信無さそうな態度をとることです。すると、心理も影響を受け、ますます消え入りそうな態度になってしまいます。

おわりに

 隣の学生に比べて自分が劣っていると感じても、怯えるのはやめましょう。どれだけ自信が持てなくても、むしろ自信が持ていないからこそ、自信満々にふるまうのです。不利な状況は、フリをすれば覆せます。

採用担当が暴露!面接で使われる学生評価シートの中身とは?
評価シート_訴求広告枠_header3

面接の合否はどうやって決まっているか、知っていますか?

実は、企業の面接では、面接用の評価シートを使って、就活生の合否を決めています

就活サイト「キャリアパーク」なら、「面接で使われている評価シートの中身」が今だけ無料でダウンロードできます。

評価シートを読めば、「面接官は何を基準に、合否を決めているか」がわかるので、面接上で圧倒的に有利になります。

評価シートで、「面接の採用基準」を理解し、本番の面接を突破しましょう。

今すぐ無料でダウンロード

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
内定者のESが無料で読み放題!大学3年生が登録すべき神サイト

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。