面接で短所を聞かれた時に上手く答える3つのコツ

面接で弱みを聞かれたらどうするか

就活の面接では、「あなたの短所は何ですか?」「弱み・弱点を教えて下さい」と聞かれることがあります。

答えにくい「自分の短所」を答える質問ですから、「ごまかして適当な短所を言おうか、正直に言うか」回答に迷うところですよね。

しかし、あるコツを知っていれば、短所を聞く質問でも、面接官の評価を得ることができるのです。意外と知られていない、面接で短所を聞かれた時の上手な答え方のコツを例文つきで解説していきます!

質問の意図〜なぜ面接官は短所を聞くのか〜

まず、そもそも、なぜ企業が学生の短所・弱点を聞くのか。その意図を押さえましょう。意図を抑えれば、より的確な回答ができるようになるからです。

自分の短所をどのように認識しているか、自己認識力を試したい

 短所がない人間なんていません。重要なのは、短所を認識し、対策をする態度です。短所をしっかり認識できる人は、短所を克服するスピードが速い。だから、この質問で学生の『自己認識力」を確かめようとしています。

短所をどのようにカバーしているか、なくすためにどんな努力をしているかを知りたい

短所を放っておくべきではありません。重要なのは、短所によるマイナスを防ぐために、どんな対策・工夫・努力をしているかです。短所の対策が出来る人は、そうでない人よりも成果をあげられるでしょう。学生が短所をカバーするための努力をしているかを、この質問で確認しようとしています。

率直に自分の短所を述べることができるか。誠実さを見たい。

短所を誠実に認められる人は、謙虚な人です。謙虚さは、特に若いうちの成長に必要です。傲慢な人は注意をされても反省しませんが、謙虚な人は、自分の至らなさを認め、成長に活かせるでしょう。

リクルートの就職活動調査『就職白書』によれば、毎年、毎年、企業が採用において最も重視している項目1位は「人柄」です。能力よりも、「その学生と一緒に働いていけるかどうか」という人格の良さが試されているのです。

短所を上手く伝える方法

では、企業の意図を踏まえた上で、面接で短所を問われた時に上手く返答する方法を見ていきましょう。

率直に短所を話す

回答の際には、まず「本当の短所をいうこと」を意識しましょう。相手は短所を聞いて、あなたの自己認識力、それに対するリカバリーを聞きたいのです。

嘘の短所は、そもそも嘘なので、対処しようとも思っていないはずです。だから、一番大事な「その短所にどう向き合っているか」が答えられないのですね。面接では、本当の短所を述べましょう。

また、「集中しすぎて、頑張りすぎてしまうことです」などと、強みの言い方を変えたようなものは質問の意図をとらえていません。ケアレスミスが多い、というような本当の弱みを言うようにしましょう。

決定的な短所は話す必要はない

ただし、職業の遂行上致命的な短所は、あえていう必要はありません。たとえば、銀行志望者が「ケアレスミスが多くいい加減とよく言われます」ではやっていけません。短所を素直に認めることは重要です。が、重大なネガティブ要素を自分から告白する必要もありません。

人間、短所はいくつもあるものです。本当の短所のうち、「職業の遂行上、致命的でないもの」を選んで語りましょう。

短所の克服方法を伝える

短所をそのままにしていては生産性は低いままです。具体的にどうやって短所をなおそうとしているか、もし今実行しているならば、今やっている対策を伝えて下さい。

「この短所は問題なので、治そうと思っています」では何も伝わりません。改善するために、具体的に何をしようとしているのか、しているのか対策法を語って下さい。

もし、克服方法を実行して効果が出ているなら、その改善度合いも伝えましょう。短所を克服して成長していく人間であると伝えられます。

では、実際にポイントを反映した回答例をみてみましょう。

回答例文 あなたの短所を教えて下さい

大事なポイントは「本当の短所を答える」「決定的な短所は伝えなくて良い」「短所への対処」「現在、短所が改善されつつあるか」を伝えることでした。以上を踏まえた回答例文を見ていきましょう。

短所は細部にこだわりすぎる点です。たとえば、プレゼンテーションをゼミの課題で仕上げる時に、リミットが近づいていても、些細な配色バランスや字組のバランスにこだわってしまいます。社会に出ると、時間内に求められた結果を出すことは当然です。

だから、細部にこだわりすぎるのは時に問題になります。最近は、この短所に対処するために、「今、求められていることは何か?達成しなければならないことは何か?」を紙に書き出して、意識しながら作業をするようにしています。時間に追われながらも細部を修正している、ということはなくなってきています。

解説

短所を正直に答え、「なぜこのままではいけないか」と問題意識を伝えています。「自分で弱点を認識し、自己改善できる人だ」と面接官に伝わります。

また、短所を克服する方法を自分なりに考え、実施している点も良いですね。短所があることが駄目なのではありません。短所を放置することが駄目なのです。だから、短所があっても、それを改善する努力をしていれば、むしろプラスの印象になるのです。

リクナビだけでは駄目!大手企業から選考のオファーが届く神ツール

リクナビだけの登録で満足していませんか?実は、リクナビよりも効率的に大手企業の内定に近づける就活ツールがあるのです。

プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」優良企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
リクナビだけでは駄目!大手企業から選考のオファーが届く神ツール

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。