就活でサークル活動について質問された時の的確な答え方

面接でサークル活動について質問されたらどうするか

就活の面接・ESで「サークルではどんな活動をしていましたか?」「課外活動ではどんなことに打ち込んでいましたか?」と質問されることがよくありますよね。

サークル活動について聞かれた時には、どうやって答えれば良いのでしょうか?サークル活動について聞かれた時の回答法を例文つきで解説いたします!

まずは、企業が、サークル活動について質問する意図を押さえていきましょう。

質問の意図

学生生活に何をしてきたのかを通して、あなたの人柄を知りたい

サークルは、学生時代の大きな部分を占める活動の一つですよね。どのサークルを選ぶか、なぜ選ぶか、そこでどうやって活動したきたのかを聞くことで、あなたの人柄を知りたいと考えています。

サークル活動を聞くことで、あなたの能力を知りたい

 大学の2〜3年間を費やすサークル活動を詳しく聞けば、その人がどのように行動する人かがわかります。サークル活動の中で、あなたがどう行動して、どんな結果・価値を出したのかを知ろうとしています。サークルでの取り組みを聞けば、本人の能力がわかるからです。

周りの人との協同力を見たい

サークルならば、当然、一人ではありません。会社では多くの人と共同して成果を出す必要があります。サークルで、人と協調しながら成果を出した経験があれば、会社で働く基礎ができていると考えられます。

サークル活動の上手な伝え方

内容を端的に説明する

どんなサークルに所属していたのか、活動内容を端的に語れるようにしてください。もちろん、一般的なサークルならば特に説明はいりません。が、大学のサークルになると、なかなか一般の人がわからないものもあります。誰にでも、中学生にでもわかるように活動内容を語れるようにしておきましょう。

また、相手がその先に質問をしたくなるように、話にフックをつけておくと効果的です。

解決した問題を語れるようにしておく 

 活動内容を簡単に語り、相手が興味をもつと「その中で最も苦労した経験は?」のように
あなたの問題解決経験を聞いてくることがあります。どんな問題にあったのか、それをどう解決したのか、どんな結果が出たのかを語れるようにしておきましょう。

あなたの役割を答えられるようにしておく

 もし役割があった場合は、その役割は何で、どういう活動をしたのか、どんな思いで取り組んだのかを語れるようにしてください。また、特に役職がない場合でも、『全体のために何を考え、どう取り組んだのか』を語れるようにしておきましょう。協調性をアピールできます。

周りを巻き込んで、どう活動したのかを語れるようにしておく

 サークル活動を聞けば、効率よく学生の協調性をはかることができます。サークル活動の中で、どうやって他人を巻き込んで、もしくは、他人に協力して成果を上げたのか?を語れるようにしておきましょう。

ポイントは「One For All」の考え方です。あなたが全体のことを考えて、いかに行動・協力したのかを、多少誇張しても良いので、もっともらしく語って下さい

回答例 大学時代のサークル活動について教えて下さい

大学のミスコンテストを主催するサークルの交渉担当をしていました。具体的な仕事内容は、ミスコンテストを主催するための根回しをすることです。特に、私の代ではじめて行うミスコンテストだったため、骨が折れました。

女性教授から「ミスコンテストは女性をランク付けするので好ましくない」と強く反対されました。そこで、「ファッションショーの形式をとって行う」という落とし所を提案しました。これならば、ファッションの採点になり、女性教授が反対する「女性のランク付け」にはならないと考えたからです。

ただ、チーム内から「純粋なミスコンテストをやらないと人を集められない」という反対も受けました。彼らに対しては「広報、ビラ、サイトはあくまでミスコンテストとしての体裁でアプローチしよう」を提案し、妥協をしてもらいました。

対立する利害を意識し、双方が合意できる落とし所を探る態度は仕事にも応用できると考えています。

サークルに入っていない人はどうすればいいのか

サークルに入っていない場合は、「入っていません」と答えればいいだけです。嘘・捏造する必要はありません。もし、気まずい沈黙が流れたら、「その代わり〜に力を入れてきました」と答えればOK

学生時代に頑張ったことがサークル活動である必要はありません。だから、なければないと答えましょう。面接官は「では、どんなことをされていたのですか?」と聞いてくるので、その時にあなたの打ち込んだことを答えてください。

大手企業から選考のオファーが届く!18卒就活生が登録すべき神ツール

就活がそろそろ本格化。でも、「何をしたらいいかわからない」「興味のある企業がなかなか見つからない」と悩んでいませんか?アプローチする企業が見つからないと、就活を始めようにも始められませんよね。

そこで、プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性が高い「あなたを求めている」企業に出会えるツールをご紹介します。

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
大手企業から選考のオファーが届く!18卒就活生が登録すべき神ツール

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。