大学のキャリアセンターを穴があくほど活用する方法

大学のキャリアセンターを穴が空くほど活用する方法

就職活動をするにあたって使って欲しい設備があります。それは大学が設置しているキャリアセンターです。

「どうせ大学設置なんだからしょぼいんでしょ」と考えてしまう学生が多く、あまり使われていないのが非常に勿体がないことです。実は、キャリアセンターは非常に使える就活施設なのです。

実は、すごいキャリアセンター

多くの大学のキャリアセンターは、企業の人事研修や面接を代行する企業からの研修を受け、実際の人事の視点から、履歴書・ES・面接などを点検できるように訓練しています。キャリアカウンセリングやアドバイスの方法など、とても専門的なトレーニングを受けています。

また、一部のキャリアセンターでは、キャリアセンターについては、大学職員ではなく、民間からも採用して、「企業の視点」から、学生を見れるように心がけています。

このように皆さんが思っている以上に、大学のキャリアセンターは「本気」の就職支援所なのですね。難関大学では、指導の実績も充実していますから、下手な就活セミナーにいくよりも得るものが大きい、ということもあります。

模擬面接の効用

また、大学のキャリアセンターで有用なのは、模擬面接が受けられることです。就職活動では、面接で落とされても「なぜ落とされたのか」がわかりません。どこを直せばいいのかわからず、途方にくれてしまうのです。

大学のキャリアセンターで模擬面接を受ければ、どの部分に問題があるか、それをどのように直していけばいいか、という一定の視点が得られます。闇雲に就職活動をするよりも、明確な指針がたち、生産的な就職活動ができるようになるでしょう。

就職の斡旋機能

さらに、キャリアセンターでは、学生の希望にあわせて、大学にきている求人を紹介もしてくれます。大学に求人を出す企業は他の企業よりも、その大学からとる意思が強いので、内定をとれる確率は高くなるでしょう。

リクナビのような大手媒体では知れない中小企業も多くあるので、志望企業の幅も広がり、リスクの少ない就職活動をできるようになるはずです。

せっかく高い学費を払っているのですから、キャリアセンターは積極的に利用しましょう。特に、私立大学は、就職実績が即受験の志望にも反映されるので、本気でキャリアセンターを運営しています。「大学公式のなんて使いたくない・・・」と考えずに、ぜひ利用してみてください。

8月でも間に合う!就活の後半でも内定が狙える「マイナビ新卒紹介」

「就活を頑張りたいけど、もうエントリーできる企業がほとんどない…」と悩んでいませんか?就活の後半になると、企業がナビサイトでの応募を締め切るので、受ける企業がなくなり、困りますよね。

そんな就活生のために、就活の後半からでも納得のいく内定が狙える「マイナビ新卒紹介」をご紹介します。

「マイナビ新卒紹介」の詳細はこちら

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
内定者のESが無料で読み放題!大学3年生が登録すべき神サイト

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。