面接で趣味を聞かれた時に上手く答える5つの秘訣【例文あり】

趣味について聞かれた時の答え方

就活の面接で「あなたの趣味は何ですか?」とよく質問されることがあります。趣味についてなんて、語れることが多すぎて、逆にどのように答えればいいかわからなくなってしまいますよね。また、「読書」「映画鑑賞」と答えると、インドア派に見られそうで、心配な学生もいるでしょう。

そこで、面接で趣味について聞かれた時の回答法を、回答例文つきで解説いたします!

まず、なぜ面接官はあなたの趣味について質問するのか、質問の意図を押さえましょう。

なぜ面接官は趣味を聞くのか〜質問の意図〜

趣味を聞くことで、学生の人柄を知りたい

どんなことを趣味にしているかを知れば、その人の志向がわかります。たとえば、読書が趣味なら新しい知識を吸収することに喜びを感じるタイプなのでは?と仮説がたてられます。

その人がどんなことに喜びを感じるのか?は仕事の上でも重要です。採用するにあたり、「あなたがどんなことに価値を感じる人なのか」を、面接官は知っておきたいのです。

あなたの「熱中度」を見たい

好きな事にどれだけ熱中できるかは、仕事上のパフォーマンスを見る上でも重要でしょう。好きなことに熱中できる人は、仕事にハマったときには、高いパフォーマンスが期待できます。趣味への取り組みを聞くことで、ものごとにどれだけ熱中できるのかを知りたいと面接官は考えています。

自分の趣味を効果的に伝える方法

面接で自分の趣味を伝える時のポイントを解説していきます。大事なのは「熱く語れる本当の趣味を選ぶこと」「なぜその趣味なのか?」を語ることでした。その意図を踏まえた上で、回答のコツを見ていきましょう。

かっこいい趣味を言う必要はない

学生がとりつくろって、趣味でもないのに「趣味は読書です。ドラッカーを少々」などというと、たいていうまくいきません。

あるいは、「本当の趣味は読書だけど、活発だと思われるためにフットサルが趣味と答える」のようなこともやめましょう。

面接官が見たいのは「趣味は何か?」ではなく、「趣味への取り組みを通して見えてくるあなたの人柄・価値観」です。当然、本当の趣味について語らなければ、あなたの人柄は伝わりません。

熱く語れる、本当の趣味について答えましょう。

なぜその趣味が好きなのかを語る

「なぜそれが好きなのか?」を語れば、あなたの人柄が相手に伝わります。たとえば「読書が趣味です」だけで終わるよりも「読書が趣味です。なぜなら、自分の知らないことが知れるからです。知らないことを新しく知る時、いつもゾクゾクします」と語るほうが、人柄が伝わるでしょう。「なぜその趣味が好きなのか?」という理由を伝えましょう。

興味をひくポイントを入れる

趣味の話は、留年の話題などと違って、できるだけ長く続けた方が良い話題でしょう。なぜなら、あなたはいくらでも語れるからです。よって、長く聞いてもらうための仕組みをつくっておきましょう。

たとえば、趣味が読書だ、という話でも「新書を一冊5分で読める術まで身につけるくらいのめり込みました」といえば「え?どういうこと?」と質問を引き寄せられるでしょう。あなたの得意な話題ですから、続けられるだけ続けた方が良いのですね。

あまりネガティブな趣味は言わない

大事なのは、趣味を通して、「自分の人柄」をしっかり伝えること。とはいっても、自分の人柄の中から、どの人柄を切り取って見せるべきか、は選びましょう。

たとえば、「趣味は、電車に乗った時の人間観察です」とか「趣味は2ちゃんねるです」とか言っても、おそらくネガティブな印象が強くなってしまうでしょう。

趣味の中から、「自分の価値観につながっているもの」「しっかり語れるもの」を選びましょう。

回答例文 あなたの趣味を教えて下さい

大事なポイントは「本当の趣味を答える」「趣味になぜ魅力を感じるのかを答える」「趣味を通して価値観を語る」ことでした。以上を踏まえた回答例文を見ていきましょう。

質問:あなたの趣味は何ですか?(回答例文)

私の趣味は読書です。年間で300冊ほど読みます。なぜ読書が好きなのかというと、現実を見るための思考の引き出しをくれるからです。

たとえば、旧日本軍の軍事戦略を研究した「失敗の本質」という本を読んで、「日本軍は兵糧・寝具・傷薬を用意せず、兵士に現地で略奪して補えと命じていた。戦略によらず、精神論での解決を現場に求める組織文化がある」ということを知っていると、原発作業員のニュースを見る時に観察に深みが生まれます。彼らも日本軍の兵士と同じように、ほとんど食料・寝具も用意されず現場に配属されているという共通点を見つけられるからです。

考える引き出しが増えると、ひとつのものを見た時に多様な思考を巡らせられます。それこそが人生の楽しさだと考えています。

回答例文の解説

「趣味は読書ですは駄目」などという人がいますが、そんなことはありません。しっかり語れる趣味なら、OKです。

ただ読書が好きだというだけでなく、どんなところが好きなのか?をしっかり語っています。趣味への熱意を語っているので、「新しい学びに喜びを感じる」「学んだ知識を普段の生活にも活かす」とう姿勢が伝わります。

大手企業から選考のオファーが届く!18卒就活生が登録すべき神ツール

就活がそろそろ本格化。でも、「何をしたらいいかわからない」「興味のある企業がなかなか見つからない」と悩んでいませんか?アプローチする企業が見つからないと、就活を始めようにも始められませんよね。

そこで、プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性が高い「あなたを求めている」企業に出会えるツールをご紹介します。

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
大手企業から選考のオファーが届く!18卒就活生が登録すべき神ツール

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。