面接で「失敗談・失敗から学んだこと」を聞かれたら?答え方の秘訣3つ

失敗・挫折経験の上手な答え方

就活の面接では「挫折経験・失敗経験を教えて下さい」「最も悔しかった経験について教えて下さい」などと、質問されることがあります。

この質問、答え方のコツを知らないと、「ただ失敗した経験」だけを話してマイナスの評価をもらいがちです。

そこで、面接で挫折経験・失敗経験・悔しかったことを聞かれた時の答え方の勘所を、例文つきでわかりやすく解説いたします!

まず、なぜ企業はわざわざあなたが失敗し経験を面接で聞くの?面接官の意図を押さえていきましょう。

【質問の意図】なぜ面接官は「失敗談・失敗から学んだこと」を聞くのか?

失敗に向きあうメンタルタフネスを確認したい

失敗はつらいものです。しかし、働くと、誰でも様々な失敗・挫折を経験します。重要なことは、その失敗で折れないことです。

あなたが挫折や失敗にどう向き合い、どう心の整理をつけて立ち直ったかを確認しようとしています。

失敗から立ち直る力を確認したい

失敗は誰でもするものです。重要なことは、そこから立ち直ることです。立ち直り成長することです。失敗の経験から、教訓を獲得し、今に活かしている、改善に結びつけているかどうかを確認しようとしています。

失敗の経験から成長できる人は、会社でも長期的に活躍してくれると面接官は考えているのです。

【回答のポイント】面接で「失敗談」を聞かれた時の答え方

失敗から立ち直った経験を選んで話す

この質問で問われているのは「失敗から立ち直る能力」です。だから、「ただ失敗した」経験を話すのではなく、「失敗はしたけれど、その教訓を現在に活かし、成長した」経験を話しましょう。

世間で更生したヤンキーの美談が好まれるように、失敗からの立ち直った話は人の心を惹きつけます。失敗・挫折の教訓を活かし、成長したエピソードを選んで話しましょう。

失敗の原因・対処法がわかるように伝える

単に失敗経験を語るのではなく、「なぜ失敗したのか」「その失敗についてどうやって対処したのか」を語って下さい。失敗をしないようにするためには、失敗の原因を分析することが重要です。失敗の原因を自分なりに分析しましょう。

失敗から学んだものを伝える

失敗から学んだものは何か?それを活かした結果、自分がどう変わったかを伝えましょう。失敗をしても、そこから学び成長する人材であることを相手に伝えられます。

ただ、「意識が変わりました」と言うだけでは、評価されません。「具体的にこんな風に行動を変えました」と実践していることのレベルまで話せると面接官に高く評価されます。

回答の型を押さえる

以上のポイントを踏まえると、挫折・失敗・悔しかった経験を面接で聞かれた時は、以下の順序で話せば良いでしょう。

  • 失敗した経験を端的に語る
  • それがいかに悔しかったかを語る
  • 失敗の原因を自分なりに分析する
  • 失敗の原因への対処法を語る
  • 失敗を教訓にした結果、現在どう成長したか?何を学んだかを語る

この順序で答えれば、面接官を納得させる良い回答ができます。

【お手本】面接で失敗談を聞かれた時の回答例

では、以上のポイントを踏まえた回答例を見ていきましょう。

回答例文

昨年の就職活動に失敗したことです。最初は自分が社会から求められていないと感じ、非常に落ち込みました。が、悔やむことよりも改善させるための行動をとろうと思い、失敗した原因を考えていきました。その中でわかったのが「自信を持ってやり遂げたことがない」という点でした。だから、自信を持って話せず失敗してしまうのだと。

そこで、ベンチャー企業の営業のインターンに参加することにしました。実際のビジネスを本気でやれば、自信を持てる経験になると考えたからです。ただ、正直最初はテレアポのやり方すらもよくわからず、まったく成果を出せませんでした。

そこで、もっとも成果をあげている先輩の営業に頭を下げ、同行し、成功するパターンを肌で学んでいきました。もちろん、すぐに出来るようにはなりません。他の社員にもランチや夜の居酒屋でアドバイスを貰い、自宅でも営業マンの父とロールプレイをして練習しました。

結果、働きはじめて一ヶ月目にはじめて成約をいただけた時は涙が出るほど嬉しかったです。この経験から「自分から諦めずに、動き学んでいけば、成果は裏切らない」ということを学びました。今年の就活でも既に2社から内定をいただいています。今では、失敗してよかったとまで思うほどです。

解説

挫折経験とそれがいかに悔しかったかを語っているので、話に引き込まれます。また、失敗した理由を自分なりに分析し、原因を見つけ、行動を起こしているのも良い。

大事なのは、「失敗をしないこと」ではなく、「失敗を受け止めて成長すること」。それができている学生は高く評価されます。

大手企業から選考のオファーが届く!18卒就活生が登録すべき神ツール

就活がそろそろ本格化。でも、「何をしたらいいかわからない」「興味のある企業がなかなか見つからない」と悩んでいませんか?アプローチする企業が見つからないと、就活を始めようにも始められませんよね。

そこで、プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性が高い「あなたを求めている」企業に出会えるツールをご紹介します。

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
大手企業から選考のオファーが届く!18卒就活生が登録すべき神ツール

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。