例文でわかる!面接で希望職種を聞かれた時の的確な答え方

職種志望動機の回答のポイント

就活の面接で「希望職種は何ですか?」「どの部署で働きたいですか?」と聞かれることが増えてきています。

志望動機は少し採用ページを見れば言えるようになりますが、希望職種は、かなり仕事研究をしていないと、しっかり答えられません。

そこで、希望職種を聞かれた時の上手な答え方を例文つきでわかりやすく解説致します!

なぜ面接官は希望職種・部署を聞くのか

では、まず、なぜ面接官が希望職種を聞くのか。その意図を考えていきましょう。

本気でその会社で働く気があるかを見たい

志望動機はすぐにつくれますが、「どの職種で、どんな風に働きたいか」を語るには、しっかりと企業研究をしている必要があります。

本当にその企業で働く気があれば「〜の部署の、〜職で、こんなふうに働きたい」と、キャリアビジョンを語れるはずです。

志望職種を聞くことで、学生の志望企業に対する本気度を確かめようとしているのです。

純粋に志望職種を把握しておきたい

あなたが面接で話した志望職種は、企業が配属先を決めるときにも考慮されます。あなたの希望を聞くためにも、志望職種を聞いているのですね。

希望する部署・職種に配属される可能性を少しでも高めるためにも、この質問にしっかりと回答する必要があります。

学生のキャリアプランが、企業の方針とマッチしているかを見たい

希望職種・部署を聞けば、学生のキャリアプランが見えてきますよね。そのキャリアプランが企業で実現できるものかどうかを把握しようとしているのです。学生がやりたいことと、企業でやることが一致しないと、お互いに不幸ですよね。

たとえば、mixiは、今、SNSからゲームアプリ開発へ事業方針を変えています。だから、面接でSNS事業への熱意を語っても、「うーん、でもそれはウチでは出来ないんだよな」と敬遠されてしまうのです。

希望職種から見えてくるキャリアプランが、企業の今後の方針・戦略とマッチするかを確認しようとして、面接官は希望職種を質問するのです。

希望職種・希望部署への志望動機を上手に答えるコツ

面接で志望職種・希望部署を聞かれた時に、上手に答える方法を解説していきます。

希望職種に、自分が向いている理由を語る

希望職種への志望理由を語るには、「自分が志望職種の仕事に向いているから」と答えるのがベストです。

希望職種が自分にいかに向いているかも語っておきましょう。希望職種に向いているかを上手く語るには、

  • 希望職種には、〜という能力・視点が求められる
  • 自分も〜という学生時代の活動を通して、その力を磨いてきた
  • 自分の〜という長所を活かせる点も、この職種を志望する理由だ

というように、「職種に必要な能力」「自分がいかに適しているか」を語りましょう。

職種に必要な能力を適格に答えれば、「企業への熱意がある」「志望度が高い」という評価が得られ、自分がいかに適しているかを語れば、自己PRにつながります。

その職種で何をしたいか?ビジョンを語る

その職種・部署で具体的に何に挑戦したいのか?を詳しく語ってください。具体的にやりたいことを話せば、その企業への熱意が伝わります。

希望職種の仕事内容を、採用ページやOB訪問で調べあげ、具体的にやりたいことを語れるようにしておきましょう。

職種に魅力を感じる根拠を語る

「自分に向いているから志望する」型の志望理由が使えない時は、「なぜその職種をやりたいのか」という動機を、深く、深く伝える必要があります。

「なぜ」を繰り返し、職種を志望する根拠をより詳しく語れるようにしてください。

たとえば、「法人営業で働きたい。お客様の立場にたって、物事を考え、お客様のビジネスを成功に導くことに魅力を感じるからだ」といったとします。これだけではありきたりです。

さらに差別化するために、「なぜ自分は、『お客様のビジネスを成功させることに魅力を感じるのか」という、根本の動機・軸を語るのです。そうすれば、より深い志望動機を語れるでしょう。

回答例 希望職種を教えて下さい

では、以上のポイントを踏まえた回答例文を見ていきましょう。「自分が職種に向いている理由を語る」「その職種で何をしたいかを語る」でした。これを踏まえると、どうなるのでしょうか。

法人営業職で働きたいです。「お客様の視点にたって提案をし、ウィンウィンの関係をつくる」という点に魅力を感じるからです。

そう考えるのは、学生時代に学園祭の協賛金集めをした時がきっかけです。最初はただ売ろうとしていたのですが、相手の目線にたって「ここにのせるとこのくらいの広告効果があり、このくらいのメリットが予想できる」と説明するようにやり方を変えると、成約率が驚くほど変わったのです。

この経験から、相手の視点にたつ重要さを学びました。 対法人営業では動く金額も大きいため、お客様のビジネスの状況を考え、相手の問題を解決する提案をしていく必要があると考えます。その環境でなら「お客様の視点にたって考え、ウィンウィンをつくる」という喜びを感じられると思い、法人営業を志望しています。

大手企業から選考のオファーが届く!18卒就活生が登録すべき神ツール

就活がそろそろ本格化。でも、「何をしたらいいかわからない」「興味のある企業がなかなか見つからない」と悩んでいませんか?アプローチする企業が見つからないと、就活を始めようにも始められませんよね。

そこで、プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性が高い「あなたを求めている」企業に出会えるツールをご紹介します。

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
大手企業から選考のオファーが届く!18卒就活生が登録すべき神ツール

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。