疑問を解消!面接で「第一志望です」と嘘をつくべきか?

志望順位を聞かれた時に上手に答える方法

就活の面接で「当社は第一志望ですか?」「当社は第何志望ですか?」と聞かれた時に、嘘をつくべきか、正直答えるべきか、迷っていませんか?

正直に「第五志望です!」と答えたら、マズい。けど、嘘はつきたくない。そう悩んでいると思います。

では、この質問にはどのように答えれば良いのでしょうか?面接で「第一志望ですか?」と聞かれた時に、嘘をつくべきか、正直に答えるべきか。その答え方を徹底的に解説します!

なぜ企業は第一志望かどうかにこだわるのか

そもそも、なぜ企業は、面接で「第一志望ですか?」と聞いてくるのでしょうか。その意図を押さえていきましょう。

会社に本当に来る気持ちがあるか知りたい

会社が採用したいのは、会社に本当に来たい学生です。もちろん、実力は重要です。が、特に、最終面接付近になると、どの学生も優秀です。実力の差より、熱意の差が大きな要素になります。

「第一志望です!」と自信を持って答えられる学生は、「その会社に本当に入りたい学生」ですから、内定をもらえる可能性が高くなります。

逆に、どんなに優秀でも「第三志望です」と答えていると、内定は貰えません。「役員が内定を出したのに、蹴られた」というのは、人事にとっては面倒な問題だからです。

だから、どの企業の面接でも「第一志望ですか?」と聞かれるのですね。

「第一志望ですか」に嘘をつくべきか?

面接官が「第一志望ですか?」と聞くのは、その学生が内定を出しても蹴らない学生かを確認したいからでした。とすれば、「嘘をついて、第一志望と言うべきかどうか」問題には、ほぼ決着がついていますよね。

採用されたいなら、第一志望と答えましょう

企業が採用したいのは、その会社に本当に来たい学生です。最終付近になればなるほど、実力差による開きがなくなります。だから、たとえ嘘でも第一志望といいましょう。

第二志望というのは恋愛で言えば「好きだ、二番目に。で、本命にもアタックしてる。振られたら付き合ってくれ」といっているようなものです。

確かに、実力がある学生ならそれでも採用されるでしょう。ただ、普通の学生は「第一志望」といっておきましょう。

第一志望というと、内定辞退しにくいと感じるかもしれません。その時は「あの時は第一志望だったが、時間をかけて考えるうちに気が変わった」といえばよいだけです。

なお、「第一志望郡です」という答えは、とても嘘臭いのでやめましょう。本当に第一志望なら「第一志望です」と言えるはずですから。わざわざ「群」と使うのは、第一志望ではないと言っているようなものです。

第一志望だと面接官に信じてもらう方法

面接官も馬鹿ではありません。あなたが内定欲しさに「第一志望です」と言うことくらいはわかっています。だから、「第一志望です」と語るだけでは納得してもらえない。

第一志望だと納得させるには、「第一志望だと納得させる理由」を用意しておく必要があります。

第一志望のロジックを用意しておく

「それなら当社が第一志望だよね」と相手に納得させるためには、どうするか。業界の中でも、志望企業が特に力を入れている点に興味・関心がある、と述べることです。

たとえば、総合商社の業界四位伊藤忠商事を志望する場合ならばどうでしょうか。伊藤忠はIT事業や中国事業が他の総合商社に比べて強い。だから、

私は中国のビジネスに興味がある。御社も中国のビジネスには力を入れている。だから御社だ

と、自分のやりたいことと志望企業のビジネスの得意分野を上手くフィットさせる。そうすれば、「第一志望です」というメッセージを相手に納得させられます。

回答例文 当社は第一志望ですか?

「当然第一志望と答える」「第一志望だと、相手が納得するロジックを語る」この二点が大事でしたね。では、以上を踏まえた回答例文を見ていきましょう。

当社の志望順位を教えて下さい(Yahoo Japan)

御社が第一志望です。新しいネットビジネスを創造する役割を担いたい、という軸で就職活動をしています。志望している会社は、GREE、DeNa、リクルート、楽天、Cyber agent等です。どの会社も魅力的ですが、私にとっては御社が第一志望です。

理由は、コンテンツプロバイダー的な立場よりも、人々の行動の起点になるライフエンジンとなって、幅広い利用者の生活を支えていきたいからです。また、御社は、他の会社に比べても、ユーザー数が圧倒的に多いため、御社でならより多くの人の生活をインターネットから支えられると感じ、第一に志望しております。

回答例文の解説

もちろん、「第一志望」と答えていますね。「第一志望」と答えるだけでなく、一緒に受けている会社と比べて「なぜ御社なのか」としっかり理由付けしています。

「第一志望」と答えるだけでは、面接官は信じてくれません。回答例のように、競合とくらべて、今受けている企業が優位な点をあげ、その点に惹かれる理由を答えてください。

大手企業から選考のオファーが届く!18卒就活生が登録すべき神ツール

就活がそろそろ本格化。でも、「何をしたらいいかわからない」「興味のある企業がなかなか見つからない」と悩んでいませんか?アプローチする企業が見つからないと、就活を始めようにも始められませんよね。

そこで、プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性が高い「あなたを求めている」企業に出会えるツールをご紹介します。

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
大手企業から選考のオファーが届く!18卒就活生が登録すべき神ツール

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。