説得力が違う!面接の自己PRで人事の心を掴む5つの技術

失敗しない就活の自己PRのつくりかた

就活の面接で必ず聞かれる自己PR。この質問は、自分を企業に売り込む最大のチャンスです。自己PRを上手く話せるかに内定がかかっている、といっても過言ではありません。

けれど、上手く自己PRできている学生は、実は少ない。人事に評価されない自己PRを一生懸命アピールしてしまっています。

そこで、少し意識するだけで説得力が倍増する、面接の自己PRの伝え方を、内定者の回答例つきで解説いたします!

なぜ面接では自己PRが必ず聞かれるのか(質問の意図)

そもそも、なぜ面接官は必ず学生に自己PRを聞くのでしょうか。その意図を考えていきましょう。

会社で活躍するための能力を持っているかどうか知りたい

 会社で活躍するには、能力が必要です。たとえば、コンサルティングファームなら、論理的思考力は必須でしょう。商社なら、管理能力や交渉能力が重要です。このように、会社ごとに活躍するために必要な能力は異なります。自己PRを聞き、その能力を学生が持っているかどうかを知りたいのです。

アピールの根拠になる経験を知りたい

 ただ、「〜が得意です」と長所をいうだけでは信じられません。「Aという長所がある」というアピールの根拠となっている経験・エピソードをも、この質問を通して把握しようとしています。

長所が会社で活躍するのに充分なものかどうか知りたい

長所にもレベルがあります。その長所が「企業に役に立つレベル」の長所かどうかを確認しようとしています。役に立つレベルの長所であるためには、条件があります。それは、「その長所を使って、問題を解決し、成果を出していること」です。あなたの長所で何らかの事態を改善していることが必要です。

面接の自己PRを成功させるポイント

あなたのアピールは、会社の求めているものに合致するか

いくら自己PRを頑張っても、あなたのウリが会社で活かせないものであれば、意味がありません。スコップが欲しい時に、高級つめきりを渡されても仕方ないのと同じです。会社は会社ごとに求めている能力が異なります。

「志望企業で求められている長所・能力は何か」を会社分析で見極めましょう。ズレた長所や能力をいかにアピールしようとも、採用されません。なぜなら、その会社では、役に立たないからです。

まず、会社が求めている能力を分析しましょう。ずれない自己PRは、会社が求めている能力を理解することから始まります。

主張⇒根拠⇒具体例の順で伝える


まず、結論から『私は〜が得意です』『私には〜があります』と自分の能力・強みを端的に伝えます。

次に根拠を伝える。たとえば「その力を最も発揮したのは、学生時代の〜という活動です。」と、アピールの根拠を伝えましょう。

最後に、根拠で話した例を詳しく話しましょう。あなたの能力が、その場でどんな風に活かされて、どんな結果に貢献したのかを話して下さい。

具体的に話す

 能力の根拠となる経験は具体的に話す必要があります。根拠となる経験を話す際には、あなたを知らない相手にもわかるように伝えて下さい。例えば「苦労したが、成功した」では知らない相手には何も伝わりません。

具体的に話すには、

  • 特に、〜という課題に取り組んだ
  • 課題を解決するためには、〜が必要だと考えた
  • そこで、〜という解決策を実行した
  • その結果、〜という成果が出た

という順序で語ると、エピソードがわかりやすく伝わります。

未来への視点を話す

あなたのアピールする能力は「会社で役に立つ」必要があります。会社で役に立つ能力を持っていると面接官に思わせるためには、未来への視点を話しましょう。

つまり、「貴社の業務はAという能力が重要です。私のAという能力は、貴社で〜という形で役立てます」と答えるのです。会社にとって自分を雇うことにどんな得があるのか、相手に伝えられます。

自信を持って伝える

面接では、胸をはり、背筋を伸ばして、相手の目をしっかり見据え、身振り手振りを交え、大きな、ハキハキとした声で話しましょう。「俺の自己PRはアルバイトの話だし、大したこと無い」と自信無さげに話さないことです。

面接で話す時の態度は、人事が受け取る印象に大きく影響します。自信に満ちた表情で話せば、自己PRの評価も高くなり、オドオドした態度で話せば、自己PRの評価もマイナスの影響を受けてしまいます。(消え入りそうな声で、リーダーシップがあります!という人を信用できますか?)

自信を持ってアピールするのはタダ!ならば、少しでも評価を上げるために、自信に満ちた態度で自己PRをしてください。

回答例文 自己PRをしてください

面接での自己PRで大事なのは

  • 相手の会社が求めている長所をアピールする
  • アピールの根拠となるエピソードを話す
  • エピソードは、問題→問題原因の把握→問題原因への対応→結果の順で語る
  • 最後に自分の長所が会社にどう役立つかをアピールする

でした。以上を踏まえた回答例文を見ていきましょう。

自己PRをしてください(広告代理店)

私の強みは、自分の頭で主体的に考え、問題を解決する方法を考えられることです。その根拠として、アルバイトをしていた居酒屋の売り上げ20%伸ばした経験があります。アルバイトをしていた居酒屋は味の評判は良く、雑誌にとりあげられることもありました。

が、売り上げが伸びていませんでした。お金をもらっているからには少しでも貢献したいと考え、この問題を解決しようと思いました。原因を分析すると、店の立地が悪いため、新規顧客が少ない点が売り上げを鈍化させているとわかりました。

そこで、新規顧客を獲得するために、1.ソーシャルネットワークで地元の人をフォローし、情報を伝えていく 2.女性のアルバイトに客引きをしてもらい、店を認知させる。人が不足する分は、オペレーションを見直すことで対処。を実行しました。

結果、今まで店を知らなかった人が店の存在を知り、新しい常連となり、店の売り上げが安定して伸びていくようになりました。この経験から学んだ問題解決力は、顧客の広告戦略を考える貴社の仕事でも活かせると思います。

回答例文の解説

「長所→エピソード概要→エピソード詳細→長所の会社での活かし方」の順で書いているので、説得力があり、会社で活躍する姿をイメージできる

また、エピソードも「問題の原因把握→解決策の実行→結果」の順で整理されているので内容が把握しやすい。

自己PRでアピールすべき「本当の長所」を見つける方法

面接で自己PRをする時、「どんな長所をアピールしたらいんだろう」「自分の長所ってなんだろう」と不安になりませんか?自分の長所がわからないままでは、良い自己PRは出来ません。

自分の本当の長所を見つける時に使えるのが、適職診断ツール「AnalyzyU+(アナライズ・ユー)」です。50万人が利用した診断ツールで、経済産業省の定めた社会人基礎能力のうち、あなたの強みの部分、弱みの部分を偏差値形式で教えてくれます。

これは私がテストした時の結果画面です。251問の設問に答える本格的な適職診断なので、自己PRでアピールするべき長所がわかります。

「AnalyzyU+」を使うには、Offerboxというスカウト型就活サイト(企業が学生のプロフィールを見てオファーを出す)に無料登録する必要がありますが、登録自体は30秒程度で終わります。

AnalyzyU+を使って、自己PRでアピールするべき「自分の長所」を見つけましょう。

⇒Offerboxに無料登録して、AnalyzeU+を使う