就活をラクに切り抜けるための時間管理の技術

就職活動をうまく乗り切る時間管理の技術

就職活動は忙しさとの闘いです。相手側から面接スケジュールを一方的に決められることも多く、自由に時間をコントロールできません。だから、自由になる時間は、少しでも効率的に運用するべきです。

では、どうすれば時間を効率的に使うことができるのでしょうか。

カタメル

自分を工場化すれば、時間を短縮できます。工場では、流れ作業で一つの人・一つの機械は決まった作業だけをやりますよね。何故でしょうか。その方が効率的だからです。同じタイプの作業を、一回にまとめることで、作業を効率化し、時間を短縮できます。また、作業が分散しないので、時間のコントロールがしやすくなります。

たとえば、

  1. Webテストは特定の日に固めて受験する
  2. エントリーシート作成を特定の日に固めて、仕上げる
  3. 説明会を特定の日に固めてスケジュールを組む

このよに、同種のタスクは、同じ作業同士で固めて実施すると、作業を効率化し、時間を節約できるでしょう。

シボル

80:20の法則といって、最も重要な20%が、全体の80%の成果に貢献するという法則があります 。時間のリソースが足りない場合は、リソースの投下先を、シボルことで、時間を節約しながら、同等のリターンを得られます。

たとえば、

  1. 説明会をとりあえずポンポン予約するのをやめて、本当に興味がある企業に絞ってみる
  2. 志望企業を分析する時に、全てをまんべんなく調べるのではなく、分析するポイントを絞って分析する。(3C,SWOTのようなフレームワークを使う)

このように、「本当に自分の目標に必要なアクション」に絞って行動すれば、無駄な時間を使わなくなるでしょう。

ナマケル

何でもまじめに完璧にやろうとすると、すぐに時間がなくなってしまいます。だから、生産的に怠ける努力をして下さい。たとえば、

  1. 履歴書は手書きをやめて、PCで作成する
  2. 自己PRの雛形を保存しておく(300文字、500文字、700文字verをつくっておく)
  3. 就活に必要なドキュメント・書類は、Dropboxにいれて、一元的に管理する

このように、「楽にできる」部分をさがして、少しでも合法的に怠けられる部分は出来るだけ怠けるようにしてください。

特に、ITツールを使えば、作業がかなり楽になります。自分のいま時間をかけている作業が、ITツールによって、効率化出来ないか、ぐぐって確認しましょう。

スグヤル

時間を有効活用できない人の多くには「そもそもやらない」「なんとなくてをつけず先延ばしにしてしまう」というパターンが多いです。

たとえば、A4 3枚分の手書きエントリーシートを仕上げるのは、見るからに面倒そうで気が引け、放置しがちです。でも、アタリマエのことですが、やらなければ終わりません。だから、やらなければいけない。

では、どうやったらそういうタスクにとりかかることができるのか。先延ばしをやめられるのか。まず、手をつけることです。

なぜ、手をつける必要があるのか。

人間のやる気を司る脳の側坐核という部分は、行動によって刺激され、活性化するという仕組みを持っています。つまり、やる気を出すためには、行動による『ならし運転』が必要なのです。やるためには、やらなければならない。

だから、やる気を出すためには、まず1分でもいいから手をつけるべきなのですね。

「その1分でもいいからやるのが大変なんだよ」ですよね。よくわかります。1分でやるためには、実行したい行動に移るハードルを下げることです。たとえば、手書きのエントリーシートを仕上げる行動障壁を下げるには、

  1. 自分の机の目立つ所ににペンとセットエントリーシートを置いておく
  2. 簡単な部分から手をつける。(氏名・学歴・住所のような基礎プロフィール部分)
  3. 誘惑がない場所に紙だけを持って出かける(たとえば、エントリーシートだけを持って喫茶店に行く)

このように、手をつけるためのハードルを下げれば、目標の行動に手を付け、やる気を出すことができます。

まず、手をつけて下さい。

ワケル

大きなタスクを細かく分割すると、時間を有効活用できます。たとえば、

A.手書きのエントリーシートを仕上げる

B.手書きのエントリーシートを仕上げる

  B-1.基礎情報(氏名・住所・学歴などを記入する)

  B-2.自己PRを書き入れる

  B-3.志望動機を書き入れる

  B-4.送付用封筒を用意する。

タスクをBのように細かく分割して考えているとどうでしょうか。10分ほどの時間でも「基礎情報を書き入れる」ことはできますよね。送付用の封筒を用意するという風に分解していれば、他社とまとめて封筒作成作業を効率化することもできます。

このように細かくタスクを分割して考えると、ちょっとしたスキマ時間でも、作業を進められるようになります。「お、10分ある、エントリーシートの基礎情報を書き入れよう」と思うからです。

前者の場合、「10分ある。エントリーシートを仕上げよう」とはなかなか考えられません。

タスクは、小さく細切れにして捉えれば、いままで使えていなかった時間をどんどん有効活用できるようになるでしょう。

時間は平等ではない

時間は平等ではありません。時間をうまく使える人は、その時間で多くの果実を手にれられますが、時間の使い方が下手なひとは少しのことしかできない。与えられている時間は同じでも、手にできる果実は全く違う。

時間は全てに平等のようでいて、実質、平等ではないのです。いかに少ない時間でいかに多くのことをできるかを常に考えるようにしてください。

時間はいくらでもある、うまく使いさえすれば

ゲーテ

時間をうまく使いましょう。

リクナビだけでは駄目!大手企業から選考のオファーが届く神ツール

リクナビだけの登録で満足していませんか?実は、リクナビよりも効率的に大手企業の内定に近づける就活ツールがあるのです。

プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」優良企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
リクナビだけでは駄目!大手企業から選考のオファーが届く神ツール

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。