要注意!面接で全く評価されない志望動機の5つのパターン

面接官に響かない志望動機のパターン

就職活動で必ず話すことになる志望動機。もちろん、企業も重視しています。しかし、志望動機って悩みますよね。どういうのが正解なのかわかりませんよね

もちろん、志望動機に正解はありません。会社を志望する理由は自由です。

ただ、「これを言うと、受けない」「評価されない」失敗パターンが、実は、あります。失敗パターンを避ければ、ほとんどの学生の志望動機は改善されます。

以下の5つのよくある志望動機の失敗パターンを学び、志望動機をブラッシュアップしましょう。 

志望動機が会社説明になっている

実は最も多いのが、このパターンです。会社の志望動機を述べる時に、自分の動機の説明がなく、ほとんど会社の説明になってしまっているのです。たとえば、

御社のグローバルな労働環境に魅力を感じております。御社は海外売上比率が60%と早期にグローバルな市場に進出しております。さらに、近年では、BRICSマーケットにAという製品を投入し〜(以下略)この貴社のグローバルな環境で働き、成長したいと考えております。

 わかりやすいようにデフォルメしていますが、こんなイメージです。志望動機を聞くのは、あなたが会社を志望する動機を知りたいから聞くのです。会社説明を聞きたいのではありません。

この問題を解決するには、「なぜそう思うのか?」を考えることです。たとえば、グローバルな労働環境にひかれるのならば、「なぜ海外売上比率の高い会社でキャリアをつみたいと、あなたは考えているのか」を面接官に伝える必要があります。

志望動機を聞くのは、あなたのことを知りたいからです。拙くてもよいので、あなたの考えを伝えて下さい。

志望動機が「御社で成長したい」

少なくないのが、「成長したい」という学生です。成長への思いは素晴らしいのですが、「成長する」のはどの職場でも出来るでしょう。その会社を志望する具体的な理由にはなりにくいのです。その会社をキャリアプランとして選ぶ理由としては筋悪といえます。

成長したいではなく、その会社で

  • 「具体的に何がやりたいのか」
  • 「なぜそれがやりたいのか」
  • 「なぜそれは、その会社でないといけないのか」

が相手に伝わるようにメッセージを構成して下さい。

志望動機が「製品が好きだから」

「◯◯製品が好きだから、御社で働きたい」という学生が少なくありません。特に、メーカー志望の学生に顕著です。しかし、好きというのは最低限の前提です。

企業が欲しいのは「製品が好きな人」ではなくて「製品を提供する業務に携わるのが好きな人」です。お菓子を買うことと、お菓子をマーケティングすることは、当然ですが、違いますよね。

この問題を解決するには、

◯◯が好きだから

ではなく

御社で◯◯をやりたいから。なぜなら、〜

と「〜に携わりたい」ベースの志望動機に変えることです。製品が好きな人はユーザーとしては大切ですが、労働者として好かれるわけではないのですね。

 「軸」がわからない

よく「軸」を見つけろ、なんていいますよね。その学生がキャリアに求める根本のものがわからないと「本当にうちでいいのだろうか?」と納得ができなくなってしまいます。軸を示すには、

仕事では「〜」ということを重視している。私は「〜」を成し遂げたい。(キャリア上の目標を語る)

なぜなら、〜という理由があるからだ。(なぜ、あなたがその目標にこだわるのか理由を語る)

この点、御社は〜。(なぜその軸に会社が合致するのかを語る)

という流れで語ると効果的です。仕事で重視している軸が明瞭になるので、面接官側も、その軸に自分の会社が合致するかを判断しやすいからです。落ちたとしても「御縁」ということなります。

志望動機が「社会貢献がしたい」

最近の学生に増えているのがこのパターンです。

社会貢献に興味があります。御社の〜という業務で社会貢献をしたく、志望致しました。

もちろん、社会貢献を意識するのは悪いことではありません。でも、企業がほしいのは、社会貢献に興味がある人よりも、「事業に貢献して、利益をあげること」に興味がある人です。なぜなら、会社の目的は事業で利益を上げることだからです。

残酷ですが「社会貢献がしたいなら、ボランティア団体やNPOのほうがいいのでは?」という突っ込みにあってしまいます。

社会貢献にからめるなら、「〜という事業に興味があります。なぜなら〜。また、この事業は社会貢献にもつながると考えています。」くらいの温度が適切です。会社にとって社会貢献はあくまでサブ・イシューです。メインイシューである事業への情熱を語って下さい。

リクナビだけでは駄目!大手企業から選考のオファーが届く神ツール

リクナビだけの登録で満足していませんか?実は、リクナビよりも効率的に大手企業の内定に近づける就活ツールがあるのです。

プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」優良企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
リクナビだけでは駄目!大手企業から選考のオファーが届く神ツール

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。